寒中お見舞い申し上げます

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

旧年中はたいへんお世話になりました。
今を生きる人々が未だかつて経験したことのないような一年でしたが、足掻きながらも何とか無事に歩き続けられている幸運を噛み締めております。
ご無事な皆様のお顔を拝見できる喜びは、ごくありふれた日常ではないのだなと、執務に携わりながらも痛切に感じました。
どうか皆様、この先におかれましても細心の注意を払ってご帰宅なさってくださいませ。
まだまだ収束の見えないこの災禍、皆様と共に乗り切っていきましょう。
Filed under: 吉川 — 22:00