冬に備え その2

年末の目前に控え、ますます冬らしい装いとなって参りましたが、お嬢様は健やかにお過ごしでございますでしょうか?

 

巷ではまた、コロナウィルスの猛威が迫っておりますが、それと合わせてインフルエンザの季節でもございます、

ぜひ予防接種がまだのお嬢様はご自身の健康を守るためにもぜひ、ご無理の無い範囲で受けてくださいませ。

 

さて、先月の日誌でもご紹介させていただきましたが、今年は冬に備え、新たなアウターを準備いたしました。

手頃に手に入るものも多くございましたので、秋冬用の少し薄手のものと、冬本番に備え、暖かそうなダウンジャケットの2つを購入して参りました。

 

使用してみたところ、着心地もとても良く、薄手のものでも場合によっては暑いくらいでございます。

さすがは機能性を重視したメーカーの現場御用達の性能といったところでございましょうか。

 

薄手のものでこれだけ暖かいと言う事は、もう一つのダウンジャケットは、一体どれほどの保温能力を備えているんでしょうか?

それこそ中には、タンクトップ1枚というスタイルも現実味を帯びてきそうでございます。

 

と申しますのも、先日いとまをいただいた際に少し寒い地域へ赴いたのですが、

いつもなら寒さで辟易としそうなものが、全くもって寒くはなくむしろ暑く感じるくらいでございました。

タウンユースでの仕様を考えますと、いささかオーバースペックであったのでは?と不安が頭をよぎった次第でございます。

 

とはいえ、雪が降るような寒さはこれから訪れます。

杞憂に終わり大いに役に立ってくれることに期待することと致しましょう。

 

今回私が調達して参りました働く男たち御用達のショップでございますが、

近年は女性服も多く取り扱っているようです。

オシャレかつ高機能なレインウェアなども一時期大変話題となったのは記憶に新しいですが、

気軽にお出かけする際にはおすすめかもしれませんね。

 

それでは。

冬に備え

椎名でございます。

暑かった日々が続いたかと思えば、あっという間に涼しくなって参りました。

この頃は、日増しに強く感じる寒さに、着実なる冬の訪れを感じてございます。

 

普段から公言しております通り、私はとても寒がりな体質でございますので、この後訪れる真冬の寒さが今からとても億劫でございます。

 

例年は冬を乗り切るために暖かいインナーなどを着用してございます。とても重宝しておりますのは、某ヒート●ッ●なる名称のインナーでございます。

薄手のものから極寒に耐えられる厚手のものまで種類も様々でございますが、今年は少し趣向を変えてみようかなと考えております。

 

近年アパレルとしても注目されている、働く男たち御用達のショップよりいくつか調達してみようかなと考えております。

最近は、実用性だけではなく、デザイン性の高いものも扱われておりますので、街の移動にも問題なく使えるものが多く取り揃えられているようでございます。

 

 

普段お屋敷で1日中勤めておりますと、たまに外に出ると必要以上に寒さが身に染みます。

そうなるとがんじがらめに着込んでしまえば良いのではございますが、最近は趣味で体動かすこと多くございますので、無駄に重ね着するのではなく、ある程度中は動きやすく、上着でしっかり防寒をしていく。

そういったスタイルを新しく構築してみようかと思った次第でございます。

 

…そういえばかつての使用人に、冬場ダウンジャケットの下にタンクトップだけで過ごしていた者がいたような気がしますが、それはさすがにやり過ぎでございますよね。

 

 

お嬢様方も衣替えはもうお済みでございましたでしょうか?

わずかに感じる寒さでも放置しておりますと体調不良の原因になってしまいます。

決して油断はなさらず、日々のお出かけに備えていただけますと幸いでございます。

 

それでは本日はこれにて。

トレーニングのおとも

椎名でございます。

まだまだ暑さ本番!な日々が続いておりますが体調は崩されておりませんでしょうか?

おかげ様で梅酒のT2シャーベットもご好評賜りまして、心より感謝申し上げます。

お嬢様の夏を乗り切るためのお供として少しでも役に立てましたならば幸いでございます。

 

さて、兼ねてより取り組んでおります私のトレーニング活動でございますが、

なんとか暑さにも負けず、いまも日々続けております。

 

最初は見よう見まねで始めておりました、いろいろなメニューも回数をこなすことで少しずつ体に馴染んでゆき、自分なりの日々の違いや成長を感じながら取り組んでおります。

 

楽しいがあまり、無茶をしたりすると関節を傷めたりと苦い経験もしておりますが、

これも一つの成長、発見と捉えますと次へのトレーニングへの励みにもなりますね。

 

ただ、あまり体を痛めてばかりでは筋肉の成長を妨げてしまう事になりますので、

「けがをしない様に」でも「しっかりと刺激を与えてゆく」というギリギリのラインを見極めていくことが大切なのかなと思っております。

 

怪我がない様にすることは本当に大切です。

 

そこで役立つのが様々なトレーニングアイテムでございます。

主にはベルトやグローブといったところでしょうか。

私もトレーニングを始めてから少しずつギアを揃えて参りましたが本日はそんな私の大切なお伴たちをご紹介いたしましょう。

 

・トレーニンググローブ

・リストラップ

・パワーグリップ

・リフティングベルト

・シューズ

 

グローブは力を掛ける際の補助的な役割を果たしてくれます。

私の場合、手が小さいのでダンベルなどを持つとき、取っ手が太いとどうしてもグリップが足りなくなるのですが、グローブやパワーグリップはそんなときに役に立ちます。

 

最近購入いたしましたのが「リストラップ」付きのグローブなのですが、

これはベンチプレスなどのプッシュ系種目において手首を痛めない様に保護する役割があます。

以前手首を痛めた際に長らく痛みに悩まされた時期がありました為、今では欠かせない道具となりました。

 

また「リフティングベルト」も欠かせません。

重たいものを動かす種目ではどうしても腰に負担がかかります。

腰を痛めてはお屋敷の勤めもままならなくなりますが、それでは本末転倒です。

このベルトをしっかり固めに巻く事で腹圧が高まり、体の内側から腰を守ってくれるという訳です。

コルセットのキツイ版、といった感じでしょうか?

 

 

意外と重要なのが足元。

体の重心を支えるのが足ですが、これが不安定ですと、重たいものを持っているときにバランスを崩しかねません。

なので、なるべくシューズの底はフラットに。

 

その他にも自室でトレーニングする際のアイテムたちがあるのですが…

長くなりそうなのと、あまりに筋肉筋肉し過ぎなのもどうかと思いますので、また機会があればご紹介させていただければと存じます。

 

 

それでは本日はこれにて。

2022年 うめ仕事

あっという間に梅雨も過ぎ去ったかと思えば、時期遅れの大雨に、連日の猛暑のダブルパンチと早くもへばりがちな今日この頃。

お嬢様も無事にお過ごしでございましょうか?

 

さて、今年もそんな暑さを吹き飛ばすべく、梅仕事を行わせて頂きました。

作るのは今年の9月ごろにご用意予定の梅シロップに

来年用の梅酒2種でございます。

 

「梅シロップ」は例年使用しております三温糖に「はちみつ」を加えた風味豊かなものをご用意いたしました。

ほのかに感じる蜂蜜の甘みがとてもバランスよく仕上がったと自負しております。

 

そして梅酒でございますが、こちらはまた今度追って詳細をご紹介できればとは思いますが、今年は「フレーバー梅酒」に挑戦してございます。

お屋敷らしい梅酒になればなと、毎日大切に育ててございます。

 

今年も梅でございますが、昨年に引き続きまた別の農園ではございますが四代続く歴史ある農園より、完熟の梅をご用意させていただきました。

桃のような香りを放ちきれいに黄熟した梅は、梅干しにも使えそうな良い熟れ具合でございます。

きっと、甘くておいしい梅酒が出来上がることでございましょう。

 

ぜひお目見えする日まで楽しみにお待ち下さいませ。

 

そして8月からは、数に限りがございますが待望のT2シャーベットををご用意させていただきます。黒糖梅酒ベースに金柑を加えた昨年とはまた違ったテイストのシャーベットになってございますのでぜひお楽しみ下さいませ。

 

通年通して様々な形で梅をお届けできますが非常に嬉しい限りでございます。

飽きが来ないように創意工夫をしながらさまざまご用意をさせていただければと思いますので、ぜひとも季節の味覚を楽しんでいただけますと幸いです。

 

最後に、今年の梅たちをお写真にてご紹介いたしましょう。

それでは。

日誌

暑くなったかと思えば、気温が落ちたり。

雨が降っていないのに大気はジメジメとしていたり、何かと過ごしにくい日々が続いてございますが、体調は崩しておられませんでしょうか。

 

さて、6月はと言えば執事歌劇団の公演が控えていたわけではございますが、こちらは私ども使用人たちにとってはもちろんのこと、お嬢様にも大変残念な結果となってしまいました。

この場を借りて申し上げるのも大変心苦しいのですが、改めまして直接声をお届けできなかったことをお詫び申し上げます。

いつになるかまだ時期は定かではございませんが、再び第15回公演をお嬢様に直接お届けできるよう今からしっかりと準備を進めていきたいと存じます。

また不安もある中、上映会をご覧に足を運んでいただきましたことも重ねて感謝申し上げます。

ゲネプロと言う形ではございますが、お嬢様に公演にかけた私どもの想いを少しでもお届けできましたならば、幸いでございます。

 

話は変わりますが、昨年漬け込んだ私の秘蔵梅酒もようやくお嬢様にお召し上がりいただくことが叶いました。氷砂糖でつけこんだもの、黒砂糖のものも非常にご好評賜りまして、嬉しい限りでございます。

少し手元に梅酒が残るようでありましたら、昨年同様にT2シャーベットと言う形で準備して参りますので、楽しみにお待ちくださいませ。

また、実は来年用の梅も6月には届いて参ります。

こちらの作成の様子も近々ご紹介させていただこうと思います。

 

そして、6月といえば藤堂執事のお誕生日でございます。

今年も使用人たちで催しをご用意させて頂きました。

配信はご覧になられましたか?

来年はお嬢様もお招きし、パーティーを開きとうございます。

藤堂執事にも一年元気にお過ごし頂きたい、一緒にお迎えできることを楽しみに過ごしたいと存じます。

 

 

さあ季節は着々と夏へと向かって参ります。

私の趣味ともなってまいりましたトレーニングも、外で行なうにはとても良い時期でございますね。

公演に向けて筋肉をつけるとともに絞っておりました食生活も、一旦はお休みとなり、

現在は好きなものを沢山いただく期間にしてございます。

私の大好きなそぼろご飯も食べ放題でございます。

油断しているとあとで後悔しそうなので、あまりハメは外せませんが・・・

その分、きっちりと動くようにすることと致しましょう!

まだ本格的な暑さの前にランニングなども良いかもしれませんね。

 

お嬢様もお外に出る機会が多いことかと存じますが、たとえ日が出ていなくても体から水分はどんどんと失われてしまう時期でございますので、こまめな水分補給は欠かさないようにご注意くださいませね。

 

それでは。

どちらもいよいよ・・・

椎名でございます。

暖かな陽気と、寒さが入り混じる5月でございましたが、体調など崩してはいらっしゃいませんでしょうか。

 

さて現在、執事歌劇団の稽古に励んでいるところではございますが、

本番も近づきメンバーの熱量もますます増しております。

 

通し稽古を繰り返すたびに着実に良くなっていると感じれる日々は本当に充実してございます。

 

何度か申し上げておりますが、私も5年ぶりの歌劇団芝居という事で、初めは手探りで始めたわけでござますが、あの頃の感覚も思い出しつつ、お芝居を楽しんでございます。

 

脚本をよく理解し、演出の意図を推し量るのはもちろんの事

相手のセリフを受け、己の心におこる感情を大切にし、それを”芝居”へと昇華する。

現役時代は絶えず当たり前のように繰り返してきた作業ですら、新鮮に感じてございます。

 

意気込みは十分!

ぜひお嬢様に楽しんで頂ける様、取り組んでまいります。

会場にてお待ち申し上げます。

 

さて、6月になりますと私のご用意いたしました梅酒もいよいよお嬢様にお届けできる運びとなりました。

 

今回は香川に選んでもらった米焼酎「ごうじょっぱり」をベースに100年以上の歴史ある梅農家より取り寄せた大玉の南高梅を贅沢に使用しご用意いたしました。

 

1年たっぷり漬け込みましたので、程よく熟成した鋭くもまろやかなお味をご堪能頂けることと存じます。

 

今年は、氷砂糖で仕込んだものと黒糖で仕込んだものの2種ご用意してございます。

 

是非とも飲み比べつつお楽しみ頂けますと幸いです。

 

それでは。

新しい季節

4月になりましたね。

世の中はすっかり新生活がはじまり、学校や会社など新たな環境に臨まれる方の姿を目にいたします。

お嬢様も新たな生活に身を置き、まだまだ慣れぬことも多いと存じますが、決してご無理はなさらないでくださいませね。

 

さて、3月は当家の16周年の記念月でございました。

改めまして、この場を借りて御礼申し上げます。

何年か前の日誌にも認めさせていただきましたが、ティーサロン創立当時の小さなフロアから大きくなり、今もこうして変わらぬ日常の中お嬢様をお迎え出来ます事は、私にとってとても掛け替えのない幸せでございます。

 

このようにして私が「使用人」として生きておりますのも、全ては旦那様や奥様、お嬢様のお姿があっての事でございます。

そして使用人歴からか執事という職務を賜ってはございますが、当然一人の使用人の力は取るに足らず、周りに務めております他の使用人たちと共に日々手を取り合い、

一丸となってお屋敷のために務めているからこその掛け替えのない日常なのだと改めて痛感してございます。

大切な仲間たちに、そしてお屋敷に、お嬢様に心より感謝いたします。

 

2019年末より世界中に広まったパンデミックは今もなお世界を脅かしてございます。

環境が変わるたび、生活様式を見直し、ルールを改善し、そして助け合い。

苦しい中でも私共はたくましく今日を生きてございます。が故に少々日々の生活に息苦しさを感じることも多くございましょう。

 

そのような時はぜひ私共にお任せくださいませ。

ティーサロンにてお嬢様の笑顔の理由となれるよう、ここからお仕え申し上げます。

いつまでも、ここで。

 

 

と、節目の挨拶にて少々堅苦しくなってしまいましたが、最近は気候も良く(…謎の雪が先日降りましたが。)花の姿も目に留まるようになってまいりました。

これからますます心躍る季節がやってまいります。

ぜひ新しい季節を楽しみましょう。

 

 

それでは。