青麻辣醤

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

世知辛いご時世ではございますが、いかがお過ごしでしょうか。
私はと申しますと、この一年は友人にも会わず、この半年は都内からも出ない生活を続けております。
ただ、今年の大河ドラマの重要人物でもある徳川慶喜公の蟄居を思えば何のその。
不便を強いられてはおりますが、近郊への買い出しなどで気分を発散して難を凌ぐ日々を送っております。

先日、一般消費者も使える業務用の食材を扱っているスーパーマーケットでの買い出しの最中、見慣れない調味料を発見しました。
このスーパーには『醤』という瓶詰め調味料のシリーズがあり、中でも生姜のネギ油漬け『姜葱醤』は絶品。
蒸し鶏に良し、豚肉の生姜焼きに良し、ご飯に掛けて良し。
これだけで味がバシッと決まるほどで、売り切れていることもままある、世間でも大ヒットしている逸品とのこと。
そんな『醤』シリーズの並びで見つけたのが『青麻辣醤』です。
見た目は私が愛してやまない柚子胡椒のようですが、原材料を見ると塩漬けの青唐辛子と青花椒。
柚子の代わりに青花椒が入っているようです。
なるほど、柚子胡椒の中華版だなと推測して即買い。
夕飯にて早速試食してみます。

あー、はいはい、やっぱりね。
柚子胡椒の柚子を青花椒にした、想像通りの味。
想像通りすぎて逆に使いどころに悩むくらい。
柚子胡椒好きの自分からしたら柚子胡椒の下位互換ではと言いたくなるような想像通りさ。
何だったら赤唐辛子に赤花椒の『赤麻辣醤』の方が需要があるのではとも思えてきます。
ネットで調べると、餃子や麻婆豆腐に添えると良いとのことですが、餃子も麻婆豆腐もそんな頻繁に食するものでもありません。
これは困りました。
あとは胡瓜に絡めたシビ辛キュウリか……。
閃いた!
このまま舐めて酒のツマミにすればいいんじゃあないか!
金山時味噌の発想ですね。
塩分多めなので一度に大量には舐められませんが、チビチビやるにはちょうど良い風味です。
とりあえず晩酌のアテとして消費して、リピート購入は無いかな……。
そう思った初夏の夜でした。
Filed under: 吉川 — 22:00

映画栄耀、映画はええよ

『映画栄耀、映画はええよ』

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
隈川でございます。

突然でございますがお嬢様、私映画の予告編を作りとうございます。

あ、気は確かでございますのでご安心くださいませ。

何も、映画監督を志そう!などというわけではございません。
私が作りたいのは映画の『予告編』しかも、存在していない、これから撮られる予定もない架空の映画の予告編だけを作りたいのです。

これは百合野と話す与太話に起因するのですが、使用人たちを役者に使い、様々なジャンルの映画でよく見かけるシーンを再現しているだけでしばらくは笑えます。

アクション、コメディ、サスペンス、前売り券の予約特典のストラップ…

想像しただけで楽しそうでございま…え??

お嬢様もご参加なさる??
もちろん!ヒロイン役をご用意しております!

いつかご一緒に制作いたしましょう!
楽しみにしておりますね。

隈川


Filed under: 隈川 — 22:00

猪古女無天

いかがお過ごしでございますか。桐島でございます。

今月は6月。ペパーミントの日がある事からお屋敷では毎年チョコミントのお菓子をご用意してございます。

実は私はチョコミントは大の好物でございましたがお屋敷では同じくチョコミントを愛する使用人も多い事から一歩引いておりました。

今宵ギフトショップにて遂に私のチョコミントのお菓子をご用意する運びとなりました。


その名も「エメラルドフロウジョン」


私の大好きなドーナッツにチョコミントのテイストを加えたこちらのお菓子、私のこだわりでミント感を抑え目にチョコのお味がより引き立つように調整しております。


是非ギフトショップにてお持ち帰り頂ければ幸いでございます。
Filed under: 桐島 — 22:00

ご機嫌麗しゅうございます。
上坂でございます。


少しずつティーサロンでのお給仕にも慣れてまいりましたが、やはりまだまだ末輩者。
先達の使用人の手を借りながらお給仕に臨んでいる日々でございます。
早く一人前になりとうございますね、精進いたします。


さて。
暦はすっかり6月でございます。
梅雨や酷暑に見舞われお出かけにも二の足を踏んでしまい、室内で過ごされることも多い時季かと存じます。

私も只今まさにその状況でございましたが、気が滅入らぬよう自室にて折り紙を作成しておりました。
当家の象徴である薔薇とアゲハ蝶でございます。
薔薇は6月の誕生花でもございますね。




どちらも比較的簡単にお作りいただけますので、お嬢様が余暇を過ごされる際にでもお試しいただけましたら光栄でございます。


上坂
Filed under: 上坂 — 22:00

Scripta manent

少しばかり手間のかかる筆記用具、それが万年筆です。
いかがお過ごしでしょうか。
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 22:00

梅雨には、この一本を。

司馬でございます。皆様、お健やかでいらっしゃいますか?


六月に入り、季節は梅雨を迎えております。うんざりするような曇り空と、長雨が続いております。お気持ちは沈んでいらっしゃいませんか。


ほんの気晴らしにでもなれればよろしいのですが、この時節におすすめの映画のお話でも致しましょう。

「雨に唄えば」
1952年制作のミュージカル映画でございます。おそらく、ミュージカル映画の中でも10本の指に入る作品でございますね。

主演のジーン・ケリー、わきを固めるドナルド・オコナーの超人的なダンスも見どころの一つです。アスリートのような体格を、縦横無尽に駆使し、その躍動ぶりは、観客の心を極限まで高揚させます。お話は古典的(ありふれた)なラブロマンスかもしれませんが、王道的な良さに満ちております。往年のハリウッド風俗を知るにも、うってつけでございますよ。

そして、“You Were Meant to Me”や“Make'Em Laugh”、“Good Morning”など、絢爛豪華なナンバーに目が釘づけになったところで、満を持して登場するのは名曲、“Singing In The Rain”。土砂降りの中で歌い踊る、ジーン・ケリーの笑顔は、ほとばしるような生の喜びをいっぱいに表現しています。

現代の目で見ますと、古めかしく感じられるかもしれませんが、ハリウッドの豊かな時代を象徴する映画として、後世に残し続けるべき傑作でございましょう。


I'm singing in the rain.Just singing in the rain.What a glorious feelin'I'm happy again.


憂鬱な雨が続きますが、傘の中、お嬢様方が笑顔でこの一節を口ずさんでいることを、司馬は心より願っております。
Filed under: 司馬 — 22:00

ドレッシング

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

前回サラダの話をさせていただきましまさたが、今回はそのサラダにかけるドレッシングについてお話させていただきます。


お屋敷には現在、3種類のドレッシングがございましてハニーマスタード、和風オニオン、シーザーとご用意しておりますが、私がおすすめするドレッシングはこの3種類とはまた別のドレッシングでございます。


それは、野菜ドレッシングでございます。

はい、和風オニオンと少々被っておりますが、そこはご容赦くださいませ。


今まで色んなドレッシングを試してまいりましたが、最終的に辿り着いた味は人参を使用したマイルドな野菜ドレッシングでございました。

人参など野菜や果物の甘みとお酢の酸味、強すぎない油に適度な塩分。

どんな野菜にも合わせやすい最高のドレッシングであると個人的には思っております。

好きすぎて自分で作ったりもしておりましたが、あまりにも面倒なので今は市販のものを使用しております。


健康にもよろしゅうございますので、是非ともお嬢様もお試しになる機会がございましたら野菜にかけてみてくださいませ。



Filed under: — 22:00

ご機嫌麗しゅうございます。
雛森でございます。

今月は、私の初めてのエクストラティーがございました。

ウヴァ等をベースにした、お茶の味わいをしっかり感じられるミルクティー。

紅茶のブレンドやミルクのセレクトは主に伊織にメインで考えて頂きましたが、
甘さは私好みに濃厚に仕上げてございますから、小さく可愛らしい見た目とは裏腹に、1杯で満足できる逸品だったかと存じます。

私も、茶葉それぞれの味わいやコクのバランスを考えながらブレンドする技を身につけとうございます。
まず第一歩として、様々な紅茶を自分で淹れ、美味しくいただくことからはじめております。

そして、本題でございます。
今回のエクストラティーでお配りしたレシピカード、私は、まちがいさがしをご用意いたしました。間違いは全部で5つ、見つけていただけたでしょうか?
ここで、待望の答え合わせをいたしましょう。

うさぎちゃんとねこくんとくまさんがスワロウテイルトランプで遊んでいる楽しげな風景を描いておりますが、まず、そのトランプの山札の位置が違ってございます。
さらに、トランプにはもう1つ間違いがございます。手前にいるくまさんが持っているトランプの柄、本来であればスワロウテイルの「ス」が描かれておりますが、右の絵では「ズ」になっているのです。
こちらの2つは簡単な間違いでございましたから、恐らくすぐに見つけていただけたかと存じます。
次は、少々難しい2つの間違いでございます。1つは、うさぎちゃんの体の1部、そう、尻尾でございます。うさぎちゃんの尻尾はまんまるふわふわ愛されキュートボールでございますが、右の絵では、ギザギザバリバリ恐怖のトゲボールになってしまっているのです。
もう1つは、右上の壁にかかった時計でございます。長針と短針が入れ替わっているというシンプルな間違いではございますが、案外気づきにくかったのではないでしょうか。
そして、最後の1つの間違い。もしかすると、この間違いは見つけられなかった方が多数かも知れません。5つの間違いのうち、最高難度の間違いでございます。こちらもシンプルでございますが、机の脚の長さにご注目くださいませ。実は、左の絵と比べて、右の絵では、ほんの少し長いのでございます。大変微妙な差ではございますが、すぐ近くにあるくまさんの前足やカードとの位置関係を見ていただければ、その差にお気づきいただけるかと存じます。

改めてまとめますと、5つの間違いは、
①トランプの山札の位置
②くまさんの持っているトランプの柄
③うさぎちゃんのしっぽ
④時計
⑤机の脚の長さ
で、ございました。

まちがいさがし、お楽しみいただけたでしょうか?
また、機会がございましたら、まちがいさがし第2弾、もしくは、また違ったミニゲームをご用意いたします。心の片すみで、楽しみにしておいていただければ幸いでございます。

それでは、お嬢様、お坊ちゃま、
お身体には充分にお気をつけくださいませ。
Filed under: 雛森 — 22:00

Cool Japan SAKEism 甘酒

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
当家きき酒師、香川でございます。


毎日天候も気温も湿度も変わり、体調管理の難しい時期となりましたがいかがお過ごしでしょうか。


意識して栄養のあるものを召し上がって頂き、体力を落とさぬように日々を送って頂ければと存じます。


夏バテ対策には色々とあろうかと存じますが、お嬢様におかれましては何か取り組んでおられることなどございましょうか。


土用の丑のうなぎなどもその一つなのかも知れませんが、
以前は夏場に『甘酒』がよく売られていたそうでございます。


米麹由来の甘酒で、ノンアルコール飲料でございますから、老若男女問わず好まれていたのだとか。
確かに甘いものの少なかった時代には、ブドウ糖由来の自然な甘味は貴重であったかと存じます。


それにしてもなぜ夏?


5月の甘酒dayの際に、お嬢様方から夏の風物をうたったものであったと教えて頂き、
個人的にも気になったので調べてみました。


江戸時代頃から夏の甘酒売りは文献などにもみられるようでございます。
科学的な根拠がその当時から解明されていたわけではないかと存じますが、
必須のアミノ酸が豊富に含まれるため、水分、栄養補給にはうってつけだったということでございますね。


飲む点滴とも言われる飲料。
未成年の方、妊娠中の方にもオススメではございますが、
選ばれる際にお気をつけ頂きたいのは酒粕由来の甘酒はアルコールが含まれる可能性があるということ。
アルコールアレルギーのある方にとっても”天敵“となってしまいますから、
米麹由来の甘酒をお選び下さいませ。


かといってお召し上がり頂くものは偏りなくお選び下さいませね。
点滴だから甘酒だけでいいでしょ、などということはございませんよ!
しっかりお食事と共に夏場を乗りきって下さいませ。


ご自宅以外のお時間も限られる日々。
うまくストレスもコントロールなさって下さいませね。


お早いお帰りを心よりお待ちしております。
Filed under: 香川 — 22:00

きりとり

先の告知にありました通り、当ティーサロン15周年に合わせたフォトブックに私の写真も掲載していただけることとなりました。

当家のカメラマンの技術や感性に比べれば児戯にも等しい出来で、恥ずかしい限りなのですが。お楽しみいただければ幸いです。

実際に、私が撮影する意味も希薄で、ただ私のわがままを形にするために多くの人間が協力してくれました。
決して胸を張れるようなことではございません。
それでも、ファインダーをのぞきシャッターを切る瞬間の昂揚、PCの前で写真を眺め編集する時間の楽しさ。なによりも素人の身では、写真が簡易的にであっても製本されること自体が夢のようです。
最後に改めて、ティーサロンを大切にしてくださるお嬢様、編集に協力してくれた大旦那様付のカメラマンとエディターに感謝を。



先日。
製本された実物を拝見したのですが、今までお屋敷でご用意した本の中でも屈指の完成度でした。
是非お手に取っていただければ幸いです。

(そしてもし写真をご覧になって、私の写真がお気に召していただけたようでしたら、是非、的場か桐島あたりに伝えてください。
もしかしたら、次につながるかもしれません。そうすれば私のティーサロンでの楽しみがふえます)

Filed under: 大河内 — 22:00