ハロウィン前夜

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

九月は狭間の季節というイメージがございまして、
何事もなく淡々と過ぎていってしまうことも多いですね。
今年は気温も少し下がりまして、
秋らしい雰囲気を感じられましたので、
昨年よりは季節感を感じられました。

来月十月は、昨今取り沙汰されることが
多くなりましたハロウィンでございますね。
御屋敷、特にギフトショップとしても
恒例のハロウィンフェアを開催いたします。

内容は正確には【秘密】なのですが、
私が監修いたしまして、
皆様に楽しんでいただけるように
整えたフェアでございます。

お楽しみにしていただけますと幸いです。
詳しくはまた来月に。

では。

スポーツの秋に食の秋

ご機嫌麗しゅうございます、
加藤でございます。

「ワインを飲みながら運動したい!!」

お嬢様はそう一度は思ったことございませんか?
私は今のところございません。

「お酒」と「運動」

決して二つの線は交わらない気がしますが
実は交わる日があるそうです。

それは先日9月10日に3年ぶりに開催されました、
ワインの産地で有名な
フランス・ボルドーで行われる
「メドックマラソン」でございます。

なんでもこのマラソン、
ワインの名産地だけあってなんと
2kmごとにワインが置かれており、参加者は
自由にテイスティングを楽しむことができます。

運が良ければ高級ワインも飲めるとのことですが、
走りながらの飲酒となれば骨が折れそうな気がしますね。
飲酒しながらの運動は避けたいところではありますが中々にない機会ですので
私もいずれは参加してみたいなぁと思っております。

とここまでお酒のことを綴ってまいりましたが
私自身元々全くと言っていいほどお酒を飲む習慣がなく
最近になって
ティーサロンに仕えてから勉強のためにと
自室でもワイン、日本酒等様々なお酒をいただくようになりました。

というわけで今夜はそんなメドックマラソン開催地のボルドー地方に合わせ
フランス・ボルドー
シャトー・モン・ペラを用意して少し夜更かしをすることにしました。

紅茶にも言えることですが、やはり生産地を想いながら飲むと味にも深みが出る気がします。

あ、ちなみにですが優勝者には体重分のワインが贈られる副賞があるそうですよ。

挑戦、なさいますか?

Cool Japan SAKEism 川香 秋あがり

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。

当家唎酒師、香川でございます。

ティーサロンの全ての紅茶を冷やしてご用意できるお日にちも、今年はあとわずかとなってまいりました。
近頃はいかがお過ごしでしょうか。

暑い時にはどうしても、冷たいものや喉越しの良いものばかりを身体が欲しがる、ということもあったかと存じますが、
気温も落ち着いて参りますと、食卓に並べたくなるものも実り多きものへと変わってくるかと存じます。

寒さ厳しい冬を迎える前に、しっかり備えておきたいところでございますね。

そう、これは先をみこした準備!
美味しいものを香川もたくさん頂戴しておきたいと存じます。

さて、昨年の秋に認めた日誌にて、秋に飲み頃のお酒についてご紹介しておりましたが、

この度大旦那様のご命により、スワロウテイルにおいてもオリジナルひやおろしをご用意することと相成りました。

新酒とはまた違ったまろやかさや落ち着きは、
秋の食材にもぴったりでございます。

個人的には脂ののった秋刀魚の塩焼きや、きのこのホイル焼きなどと合わせてみたいところでございますね。

恥ずかしながら今回のラベルにもタイトル文字を書かせて頂いてございます。
毎回もっと普段から筆を使っておくべきだったと思いますが、、
オリジナル感や使用人による手作り感を一層味わって頂けましたら嬉しゅうございます。

夜長を楽しむ助けとなりますように。

それではお早いお帰りを心よりお待ちしております。

トウモロコシは美味しい

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌いかがで御座いましょう、金澤でございます。
夏が去ろうとしております
秋がまだかと出番を待っております
2022年の夏はいかがでしたでしょうか、あの酷暑の日々は今となっては良き思い出でございます。

突然ですがトウモロコシはお好きですか?
私は大好きでございます
特に焼とうもろこしが好きでございます!
縁日の夜店では焼とうもろこし屋さんを真っ先に探す子供でした。とうもろこしを食べながらサイダーを飲むのが夏の楽しみの一つでした。

・・・・・

大人になっても変わりませんでした
サイダーが麦ジュースに変わっただけでした

美瑛産とうもろこしをムシャムシャと、歯に詰まらせながら以前訪れた北海道を思い出しております。

『 大空と大地の中で 』♪

おや、なんと!
お屋敷には焼とうもろこしアイスなる物があるではないですか!スバラシイ!

夏といえば

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様。保科でございます。
先日まで日差しが強く暑い日が続いておりましたが、近頃は涼しい風が吹き、夜中など窓を開けていると快適に過ごすことができる日が増えてまいりました。

ところで、周りの使用人たちも申しておりますが、夏らしいことがあまりできないまま夏も終わりを告げようとしております。先日何か夏らしいことをと思い大きめに作った氷をアイスピックで砕きなんちゃってかき氷を自身で作って、いただきました。シロップは悩みましたが王道のいちごにいたしました。お嬢様が想像するようなふわふわなかき氷ではなく、ゴリゴリと顎が鍛えられるようなしっかりとした食感がございました……。
お嬢様はシロップは何がお好きでしょうか。

またティーサロンにて夏の思い出などお教えくださいませ。それでは。

winds

夜半に風が吹くたび、季節の巡りを感じるようになりました。

 

書物のジャンルが季節ごとに傾いてきました能見でございます。

 

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

 

 

 

夏はバカンス!といった印象ですが、秋といえば行楽でしょう。

 

幼少の頃は秋の遠足が楽しみで仕方がなかった記憶がございます。

 

刹那的に入眠できる私ですが、遠足の前日はワクワクが募りまして、

 

目が冴えて5分ほど眠れなかったのも懐かしい思い出です。

 

 

 

そしてだいたい雨だったのは何か理由があるのでしょうか。

 

天候に関しては謎が謎を呼ぶ不思議なことばかりですね。

 

気掛かりな天候はさておき秋という季節に思いを馳せております。

 

大人になっても童心を忘れずに秋を楽しみたいものです。

 

 

 

使用人たちとともにキャンプに訪れるのも候補に挙げられますし、

 

紅葉を楽しむべく長距離ツーリングも捨てがとうございますね。

 

こうして想像を膨らませていくさなかに秋が終わらぬよう、

 

ぜひとも実現したいなあと目論んでおる所存でございます。

 

 

 

夏もよいですが秋もよい。四季が巡る国に生まれてよかったと。

 

感謝の念を抱きながら日々を過ごすことにいたします。

洋梨といえばラ・フランス

ご機嫌麗しゅうございます。
花染でございます。

早いものでもう9月、
気がつけば独り立ちしてから約2ヶ月が経ちました。

個人的には、T2シャーベットが最も苦戦しているように思います。

ワインの抜栓もいい勝負ではございますが、
やはりシャーベットの固さや盛り付けなど、細かく見ていくとT2シャーベットに1番苦戦しているかな、と。

そんなT2シャーベットでございますが、9月はカフェモカクッキーと洋梨でございますね。

カフェモカクッキーは言わずもがなでございますが、個人的には洋梨が気になります。

洋梨といえば、”ラ・フランス”という品種。

フランスで発見されたものの、ラ・フランスというのは日本独自の呼び方で、
フランスではこの品種を発見した方の名前をそのまま借りて、
“クロード・ブランシェ (Claude Blanchet)”と呼ぶそうでございます。

更にはこのラ・フランス、現在栽培している国は日本だけで、その約8割は山形県産とのこと。

このことを知った当時、ラ・フランスはてっきりフランスを代表する果物なのかと思っていたので、とても驚いたのを今でも記憶しております。

まあ、洋梨の話はこれくらいに致しましょう。
あまり長くなっても何ですからね。

それでは、お嬢様、お坊ちゃまに最高のT2シャーベットをお届けできるよう精進しながら、おかえりをお待ちしております。