Cool Japan SAKEism 甘酒

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
当家きき酒師、香川でございます。


毎日天候も気温も湿度も変わり、体調管理の難しい時期となりましたがいかがお過ごしでしょうか。


意識して栄養のあるものを召し上がって頂き、体力を落とさぬように日々を送って頂ければと存じます。


夏バテ対策には色々とあろうかと存じますが、お嬢様におかれましては何か取り組んでおられることなどございましょうか。


土用の丑のうなぎなどもその一つなのかも知れませんが、
以前は夏場に『甘酒』がよく売られていたそうでございます。


米麹由来の甘酒で、ノンアルコール飲料でございますから、老若男女問わず好まれていたのだとか。
確かに甘いものの少なかった時代には、ブドウ糖由来の自然な甘味は貴重であったかと存じます。


それにしてもなぜ夏?


5月の甘酒dayの際に、お嬢様方から夏の風物をうたったものであったと教えて頂き、
個人的にも気になったので調べてみました。


江戸時代頃から夏の甘酒売りは文献などにもみられるようでございます。
科学的な根拠がその当時から解明されていたわけではないかと存じますが、
必須のアミノ酸が豊富に含まれるため、水分、栄養補給にはうってつけだったということでございますね。


飲む点滴とも言われる飲料。
未成年の方、妊娠中の方にもオススメではございますが、
選ばれる際にお気をつけ頂きたいのは酒粕由来の甘酒はアルコールが含まれる可能性があるということ。
アルコールアレルギーのある方にとっても”天敵“となってしまいますから、
米麹由来の甘酒をお選び下さいませ。


かといってお召し上がり頂くものは偏りなくお選び下さいませね。
点滴だから甘酒だけでいいでしょ、などということはございませんよ!
しっかりお食事と共に夏場を乗りきって下さいませ。


ご自宅以外のお時間も限られる日々。
うまくストレスもコントロールなさって下さいませね。


お早いお帰りを心よりお待ちしております。
Filed under: 香川 — 22:00

Cool Japan SAKEism 季節とともに

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
香川でございます。


衣替えがなかなか進まぬ日々が続いたかと思えば、
あっという間に紫外線の強さに驚かされる陽気となりました。
お嬢様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。


例年のようには歓送迎会なども行われず、静かな年度末と新年度を迎えられた方も多いかと存じます。


そうは言っても冒頭の通り、季節はめぐって参りますね。
母の日や父の日も近づいてございます。


お嬢様方から、当家オリジナル日本酒『川香』をプレゼント用としてお求めになられたとのお知らせを頂戴したときには、大旦那さまのおはからいに改めてはっとさせられました。
お嬢様のお屋敷だからこそできることを今後も考えて参りたいと存じます。


お正月の屠蘇から始まり、白酒や花見、月見、菊酒など、年中行事との関わりも深い日本酒。


昨今の時勢でございますと大勢でワイワイととは参りませんが、
大切な人に贈るお品の一つとして活躍してくれることもあるかもしれません。


銘柄のユニークなものも最近は増えて参りました。
受けとる喜びのみならず、探すときの楽しみも感じていただけるのでないでしょうか。


よきお品とのめぐりあいがございましたら、ぜひ香川にも教えてくださいませね。


それではお早いお帰りを心よりお待ちしております。
Filed under: 香川 — 22:00

Cool Japan SAKEism あまーい

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
当家きき酒師、香川でございます。


衣替えも順調に進んでいらっしゃいますでしょうか?
春物とともに心も弾む季節を楽しんで下さいませ。


この季節は日本酒も衣替え致します。
春らしいラベルのお酒がショーケースを彩り、見た目も華やかに!
食卓に花が咲いたように感じられ、リフレッシュにひと役買ってくれるかと存じます。


さて、3月のSAKEdayでは日本酒をロックでお召し上がりいただきましたが如何でございましたか?


昨年一月の第一回SAKEbarでも、別の銘柄『さぬきくらうでぃ』の日本酒ロックをご用意致しましたね。
楽しみ方は日本酒にも様々にございます。


今回のロックだけでなく、ハイボールを
はじめとしたカクテルも楽しめる、そんな可能性を感じさせてくれた貴醸酒。


食中酒としてのみならず、デザートとしてあまーいひとときを演出してくれる役割も担ってくれましょう。


時任執事や羽瀬などにレシピを考えてもらいましょうかね。
また秘密のご用意も叶うかもしれません。


お嬢様の食卓に新たな輝きと可能性を。


お早いお帰りを心よりお待ちしております。
Filed under: 香川 — 22:00

Swallowtail Original SAKE

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
香川でございます。


年度末と言われる時候でございますが、いかがお過ごしでございましょうか。
新生活を迎えられる方も、この時期は多くいらっしゃるかも知れません。


新しいことというものは、それに対する期待もあれば、また同時に不安を感じることもございましょうか。
お嬢様はどちらでいらっしゃいますか?


実は昨年末、香川も大旦那様から新たなミッションを課されました。
当家オリジナルの日本酒を用意せよ、とのことでございます。


嬉しさとともに大きな責任も感じ、身の引き締まる思いを致しました。


早速協力いただける酒蔵を探し、数パターンの酒質を依頼。
できあがったサンプルを前に、香川だけではなく当家ソムリエ、バーテンダー、ティーマイスターなど、頼もしい面々の力を借りつつテイスティングを重ね、、、


華やかな吟醸香をまとい、
やや糖度を残しつつ、
ちょっぴりアルコール度数を抑えた日本酒が、


このたび、ついについに完成と相成りました!!


と、そうなると今度は名前をどうするかという問題が。


いったん大旦那様からは香川の好きに考えてみよ、というお達しがございましたので、
さまざまにひねりだしてみたのでございます。

青あげは
飛燕
夢つばめ
ゆめのつづき
etc.

あれこれと大旦那様にお伺いをたてては見たのでございますが、いただいたお返事は、


「川香、というのはどうだ」


もう大旦那様の中では決まっておったのでございましょう。
当家きき酒師香川の名を入れ替えて、川香(せんか)をオリジナル日本酒第一号の名にとのことでございました。


誇らしくもございましたし、大変名誉なことではございましたが、
どうも使用人のくせにしゃしゃり出ておるようで、感じは良うございますが漢字はやめませんか?だのなんのかんのとふんぎりつかぬ香川。


そこへ大旦那様の鶴の一声。

「漢字で出すから意味がある。川香にせんか?」


ということでお嬢様、当家オリジナル日本酒『川香』誕生でございます。
ラベルの文字も書かせていただくというありがたい機会も合わせて頂戴致しました。
大旦那様の寛大なご采配に感謝しつつ、今後も研鑽を積んでまいりたいと存じます。


これまで日本酒はグラスでのご提供に限ってございましたが、『川香』はボトルでもご用命いただけることとなりました。
また、ティーサロンのみならずギフトショップでもお求めいただけます。どちらもアニバーサリー期間の始まります3/13から承ってございます。
ただ今回生産した数量は限られてございますので、ある程度のご用意はございますが無くなり次第終了となります。その際はご容赦下さいませ。


お嬢様の使用人が監修致しました、世界で唯一の日本酒を、この機会に召し上がってみませんか?

Filed under: 香川 — 22:00

Cool Japan SAKEism スパークリング!

お嬢様方、ご機嫌麗しゅうございます。
香川でございます。


朝晩の冷え込みもまだまだ厳しいものがございますが、いかがお過ごしでしょうか。


身体も固まりやすい時期でもございます。
少しでも肩の力を抜いてお過ごしくださいませ。


お茶やお酒にはリラックス効果も期待できますね。
適量にてこの寒さも乗りきって参りましょう。


さて、先日は今年最初のきき酒セットをご用意させて頂きました。
その中のひとつにスパークリング清酒を選ばせて頂きましたが、一般的な日本酒のイメージと違っていて意外だったとのお声を、香川が想像していた以上に頂戴致しまして、わたくし自身も今後どういったものを選んだものかという参考になりました。
あらためましてご感想を下さった皆々さま、ありがとうございます。


もしかすると、日本酒にスパークリング?というお嬢様もまだいらっしゃるかとも思いましたので、こちらでも少し触れてみることに致しましょう。


そもそも日本酒も発酵食品のひとつでございます。
アルコール醗酵とは、酵母菌が糖分をアルコールと炭酸ガスに変化させること。
ですのでまだ醗酵が進んでいる段階で瓶詰めを致しますと、中で炭酸ガスか生成される瓶内二次醗酵と呼ばれる状態が生じます。
これはいわゆるシャンパンと同じ要領でございますね。あらま日本酒スパークリングの出来上がり、となるわけでございます。


また、二次醗酵という手間をかけず、炭酸ガスを注入する方式もございます。
こちらは通常の炭酸飲料等のイメージでございます。
いずれにしても振ったり揺らしたりしては中身が飛び出してしまいますからご注意くださいませね。


え?きき酒dayでは瓶を揺らしてたじゃあないの、ですか?


左様でございます。実は選んだお品には金箔が入ってございましたので、ゆっくりゆっくり傾けて金箔を舞わせておったのでございます。
スパークリングの中にはにごり酒のものもございますので、召し上がる際には注意深く滓を拡散させてくださいませ。


スパークリング系の飲料はパーティー感を演出することに役立つ場合も多々ございますね。
お嬢様の日常がより豊かになっていくことを願っております。


とにもかくにも今は健康第一でお過ごしくださいませね。
いつでもお帰りをお待ちしております。
Filed under: 香川 — 22:00

Cool Japan SAKEism 日本の文化を世界へ

明けましておめでとうございます、お嬢様。
香川でございます。


新しい年を迎えました。お嬢様はいかがお過ごしでしょうか?


香川はきき酒師として迎える初めての年。お嬢様方により豊かな時間をお過ごし頂けるよう、今年も精進して参りたく存じます。


それにしても寒くなりました。冬でございますから当たり前なのではございますが、身体もかたまってなんだか億劫に感じるものでございます。


ただ、日本酒は寒造り。寒い冬の時期にお酒を造ることが一般的でございます。


なぜでしょう?


勿体ぶらずに早く教えなさい!ですか?

えへへ~もうちょっと…、、

え?晩酌抜き?
か、畏まりました。お答え致します!


それは第一には寒さによって雑菌の活動も鈍くなるからでございます。
醗酵の状態をコントロールするのは非常に高い技術が必要でございます。
低温下での微妙な変化を研ぎ澄まされた感覚で見抜く職人技は、クールジャパンの誇る技術の一つでもございましょうか。


1/29のSAKE dayにご用意するきき酒セットには、今年の新酒もございます。


しぼりたてのフレッシュな香味は、この時期ならではのものでございましょう。


お嬢様におかれましても、その時その時に楽しめるものを大切になさって下さいませ。

2021年が素敵な一年になりますように祈っております。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Filed under: 香川 — 22:00

Cool Japan SAKEism 師走に寄せて

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
香川でございます。


今年も残すところあとわずかとなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。


未曾有の事象に見舞われた一年でございましたが、常に前を向いて我々使用人はお仕えさせて頂きたく存じます。


香川個人と致しましては、唎酒師の資格に合格できたことは今年の収穫の一つでこざいますね。
自室にて過ごす時間が長うございましたから、かえって学びの機会を持つということにつなげられたかとは存じます。


そういえば1月は見様見真似でブルームーンにも立たせて頂きましたね。今年のはずなのにずいぶんと前の出来事に感じます。


時は経ち、ティーサロンでも月替わりの日本酒をご用意させて頂いてございます。
ワイングラスで日本酒を飲むということが、ホテルレストラン等でもスタンダードなサービスとなってございますから、当家におきましてもその文化が芽生えたのはきっと、レディの嗜みを慮る大旦那さまの粋な計らいでございましょうか。


お嬢様方におかれましては、とにもかくにも心身の健康が必要であることは間違いございませんから、ティーサロンでは美味しいものとゆったりした時間に囲まれて、年末年始もお過ごし下さいませね。


お早いお帰りを心よりお待ちしております。
Filed under: 香川 — 22:00

Cool Japan SAKEism 十一月に寄せて

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
香川でございます。


木々の葉も随分と色づき、目にも鮮やかな季節となりましたがいかがお過ごしでしょうか。


おかげさまで10月にご用意致しました月替わり日本酒『玉鋼(たまはがね)』も月末を待たずに完売となり、
選んだ身としてはほっと胸をなでおろした次第でございます。


引き続いて11月にも月替わりのお品をご用意させて頂くこととなりました。
今月は国士無双ブランドを持つ高砂酒造から『旭神威(あさひかむい)』の純米大吟醸でございます。


フルーティーな香りを持ちながら、純米ならではの味わいの奥行きを、氷点下での低温で長期間かけて丁寧に引き出した一品。
10月の玉鋼の雫取りにて感じられた透き通るようなテイストとはまた違ったお味の重なりを感じて頂けるかと存じます。


また11月は、二回目のSAKE dayも催させて頂くこととなり、今回も三品ご用意致しました。


現在日本酒酵母として最も多く使用されている7号酵母の発祥蔵である宮坂醸造から、最高級の真澄夢殿を。

同じく吟醸香を有しておりますが、異なるフレーバーをききわけて頂くべく、紀土大吟醸を。

上記二品とは全く違った方向性のお品も一つ。生もと造り(きもとづくり)を代表する酒蔵、大七から今回は秋ならではの味わい「ひやおろし」を。


お嬢様の食卓に新たな輝きと可能性が加わることを願って。


それではティーサロンにて、お帰りをお待ちしておりますね。
Filed under: 香川 — 22:00

Cool Japan SAKEism 神無月に寄せて

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
香川でございます。


朝晩はだいぶ冷えるようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。


あらためて9月を振り返りますと、利き酒のセットやお屋敷のお外での舞台、金澤とのエクストラティーにSAKEハイボールと、様々なことに挑戦させて頂けたひと月でございました。


中でも初めてのことには何かと戸惑いもございましたが、せっかくきき酒師となったのだからということで、色々とチャンスを下さった大旦那様や、クールジャパン文化の一つ、日本の誇る醸造酒の世界にご興味を持ってくださったお嬢様方にあらためて感謝申し上げます。


わたくし自身、知識を得てからの方がお酒が美味しく感じておりまして、飲む専門のノムリエ!などと言っていた頃の自分が、
もっと早く色々と知っておけばなぁと、ちょっと損をしていたような気になってございます。


その分はもちろんこれから取り戻して参りますけれども、


え?
どうやって?でございますか?
そ、それは毎晩少しずつ…。
はい!少しずつでございます。


ともかく、お嬢様方にも同じような思いをしていただきたくはないので、得たものは色々とお伝えして行ければと存じます。


その一つと致しまして、10月からは月替わりで日本酒を一品ご用意させて頂くこととなりました。


神無月にご用意致しましたのは、出雲の国島根県から『玉鋼』でございます。


刃ものや刀剣などにご興味をお持ちの方でございましたら、日本刀の原料として欠かせぬものとご認識されていらっしゃるかもしれません。


そんな名を受けし一品は、酒質もよく磨かれた銘酒でございます。
しかも今回大旦那様からお許し頂き、極上品の斗瓶囲いをご用意させて頂けることとなりました。


お酒造りはお米を発酵させてできてきた液体のもろみを、通常は布袋にいれ、そこに圧力をかけて搾るのでございますが、
斗瓶囲い(とびんがこい)とは袋から自重でしたたりおちる分だけを瓶に集めたものでございまして、圧力をかけていない分余計な雑味などが含まれない高級品でございます。


SAKE dayは一日限りでございましたが、今回は毎日お楽しみ頂けるものでございます。
社会勉強でご都合がつかなかったお嬢様方も、この機会に是非味わってみてくださいませ。


お肉お魚問わず合わせられるのも日本酒の特徴の一つでございます。
お嬢様の食卓にまた一つ豊かさを加えていただければ嬉しゅうございます。


それではティーサロンにて、お帰りをお待ちしておりますね。
Filed under: 香川 — 22:00

Cool Japan SAKEism and more

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
香川でございます。


2020年も三分の二が経過致しました。
いかがお過ごしでしょうか。


今年はいろいろな意味で記憶に残る年であろうかと存じます。
わたくしと致しましては、自室で過ごす時間がこれ程までに長くあったことは、これまで全く経験のないことでございました。


4月に金澤とお届けするはずだった春の宴も気づけば風に書き消され、
はや重陽に菊を愛でる頃合いとなってございますこと、改めて時の流れる早さを感じてございます。
今月後半はその当時の想いものせて、夕月浮かぶ空のもと、風味穏やかな甘露をお届けしたいと存じます。


そんな中、振り返ってみるにわたくしにとってこの自室での期間は学びを進める絶好の機会でもあったかと存じます。


お陰さまで八月に、日本酒に関する資格の一つ『唎酒師(ききさけし)』に合格することができました。
飲む専門のノムリエです!と嘯いていた頃からすると、少々顔の赤らむような想いも致します。
ええと…、赤面しているからと言って、飲んでるわけではございませんからね。


当家のお嬢様方に、また一つ楽しみを加えて頂けるように、今後も精進して参りたいと存じます。


さてさて、手始めに今月は大旦那様からもお声を頂き、直近3ヶ月お届け致しましたWine dayを真似てSAKE dayを開催する運びとなりました。
今回唎酒師香川がご用意致しますのは三種のお酒の飲みくらべセット。


日本を代表する飲料でございますが、まだまだ馴染み深いものかと言われると、そうでもないかも、、という方もいらっしゃるかと存じます。


これを機会に海外からも注目の集まるRiceWine、JapaneseSAKEの世界をご堪能頂ければと存じます。


ではでは、まだ暑さの残る陽気が続きます。体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませね。


お早いお帰りを心よりお待ちしております。
Filed under: 香川 — 22:00