無限に広がる大宇宙

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。内海でございます。

私、こちらに日誌を書くのが初めてでございます。ドキドキでございます。

ドキドキと言えば。

我々が生きているこの宇宙。端っこには何があるのでしょう?そして宇宙の外側には何があるのでしょう?また別の宇宙でしょうか?そもそも宇宙は広がり続けているとのことですので、端っこを観測することは我々人類には不可能かもしれません。でも私は見てみたい。そこにある真実を。

このような事を考えていると、日頃の悩みを忘れる事ができます。※効果には個人差がございます。

お嬢様、お坊ちゃまも、もし思い悩んで辛い時は宇宙の事をお考えくださいませ。

最近夜風が涼しくなって参りました。体調を崩されませぬようお気をつけくださいませ。

日誌

ご機嫌麗しゅうございます。
西槙でございます。

秋の夜長に空を眺めておりますと、ついつい遠い宇宙へと思いを馳せてしまうものでございますね。

私、幼い頃より星空を眺めるのが好きでございまして、秋から冬にかけての澄み渡る空と星座の組み合わせを眺めるのがこの時期の楽しみの一つでございます。

冬を代表する星座であるオリオン座も夜更けから明け方の空に姿を見せつつ、まだ夜もそこまで冷え込まない時期でございますから、天体観測には丁度よい時期でございます。

もしよろしければ、お嬢様も今度お屋敷の裏山から素敵な星空を眺めてみられてはいかがでございましょうか?

夜の山道が不安でございましたら、愛用のアウトドアツールとともにエスコートいたしますのでいつでもお声がけくださいませ。

書きたいことを書く

執事日誌と思うとつい身構えてしまう性格なのでございますが

たまには内容のない思った事を書くということもいいかなと思いました。

お嬢様。

今私は何も考えずに日誌を書いてございます。

 

今、思うこと。

胸に手を当ててみましょう。

…音楽制作の脳が衰えないように本日は作曲をする予定でございました。

…本日の朝食がおにぎりとお茶だった為、サラダを食べられなかったので昼食にはたっぷり摂りましょう、野菜を茹でて盛り込んだオイルパスタなどいいですね。

…この日誌を書いた後に作曲をしたいけれど、その前にお部屋の片付けをしてから作曲を行った方が集中できそうでございますね。

…いや、部屋の片付けに集中しすぎて作曲に取り掛かれないかもしれないですね。

…炭水化物は眠くなりやすいので作業中眠くならないように昼食をとった後にカフェインを摂りましょう。

…カフェインならコーヒーを…いや、新しい紅茶を淹れれば、次にお嬢様に紅茶をお勧めできるので、どうせなら紅茶でカフェインを摂りましょう。

…よし!紅茶を淹れよう!

…あれ?もともと何をするために紅茶を淹れるのでしたっけ??

この思考的ラビリンスは私の日常あるあるでございました。

お嬢様はこの様なご自身の思考癖はございますか?

あ!思い出した!
サラダを買いに行かねば!
(パスタを忘れている…)

秋のオーケストラ

ご機嫌麗しゅうございます。
お嬢様 お変わりございませんか?

いつの間にやら外から聞こえてくる虫たちの鳴き声も変わってしまいましたね

秋の夕暮れにはコオロギや鈴虫達が様々な箇所にてそれぞれソロ(独奏)やデュオ(二重奏)、トリオ(三重奏)を奏でており、
少し楽しくもありつつ、またほんの少し切なさを覚えてしまいます。

きっとお屋敷の庭園ではお嬢様の為に皆が披露するためのオーケストラの練習をしていることでしょうから

火野も彼らの為に夕暮れの陽射しを照明としたふさわしいコンサートホールをご用意致しましょう。

楽しみにお聴きくださいませ。

9月

ご機嫌麗しゅうございます。
山岡でございます。

夏も終わり、すっかり涼しくなって参りましたね。
昨年も認めたかと存じますが、毎年この時期になると私の持つ便利な手元の端末のの人工知能が、「若者のすべて」をオススメして参ります。
沁みる一曲ですね。
原曲が素晴らしいので、毎年代わる代わる素敵なアーティストがメディアを通してカバーしておりますね。

同じように原曲が素晴らしいので、
色んなアーティストに歌い継がれる曲というところでは
「エイリアンズ」が浮かびました。

他にも沢山あるかとは存じますが、
私からはこれくらいにしておきましょう。
お嬢様はこのように
「誰が歌っても素敵な曲」というテーマでは
どのような楽曲が浮かぶでしょうか。
是非ティーサロンにてお教え下さいませ。

箱を開かない限り猫が永遠に生きると言う視点ならばある意味同義

敬愛せしお嬢様へ

暦は秋に変われど、まだ汗ばむような日も多うございますね。
水分、塩分はもちろんのこと、甘いものやビタミンも多めにお取りいただき、
体力を損いませぬようどうかお心掛けいただければ幸いにございます。

さて、時任もありがたきことに十数年の時をお屋敷にて過ごしておりますが
ともすると懐かしき旧知からお手紙が届くこともございます。

もとより中世欧州の時代から、フットマンというものは若者が世に出る前の修行期間のような側面もございました。
此処で己を育み、そのままお屋敷に仕え続ける道を選ぶものもあれば、新たな道を見出して羽ばたいていく若者もあり、その繰り返しでお屋敷は紡がれております。

なればこそ、現在に至るお屋敷の一節を担ってくれた者たちが、それぞれに彼ららしく頑張っている知らせが届きますと、つい安堵して目を細めてしまうばかりでございます。

‥それ以上目が細くなるのかですと?
そんなことを仰せになる方にはツェノンの背理について小一時間講義して差し上げましょう。

そんな懐かしいお手紙を書斎の引き出しに仕舞い込み、ティーサロンへ様子を伺いにまいりますと、若々しきフットマンたちが今日もお嬢様方の御為に元気に立ち働いております。

近年特に著しく顔ぶれも変わり、ともすると久々に御帰宅のお嬢様には「知っている顔が1人も居ない」なんて仰せ頂くこともございます。
されど、なかなか有望な若人が多く、早くも一端のフットマンのように生き生きと振る舞い、お屋敷の一端をしっかり担う者もおり、お屋敷の未来も安泰のようでございます。

また一つの世代が形成されつつあるのを眺めながら、
時折、15年前から現在までの様々な世代が笑いさざめき、そして優雅にお仕えしていたティーサロンをその向こうに透かし見てしまうこともございます。

時任が段上からフットマンたちを眺め、目を細めて笑っておりましたら
お屋敷の歴史を透かし観ているのだと思ってくださいませ。

‥それ以上目が細くなるのかですと?

‥‥よろしい。
良いですかお嬢様零と壱の間には分数や小数点以下形式はなんでも結構ですが設定数値を細かく刻み続ける限り零と壱の間には無限個数の数値が存在することとなり永遠に零にならない二次曲線を描くことになり得ます私の目も細めたところで零では無い僅かな数値が存在するからには現状より無限範囲で細めることが可能なわけで五月蝿いとはなんですかそもそも目を閉じていない限り零ではないのですから壱と言うほど開いていなくてもそこに確かに瞳はあるわけで開いてみないとわからないと言うシュレッティンガーの猫の理論とは真逆に位置するのがツェノンの背理でございま起きてくださいお嬢様ここからが良いところなんですからほら目を開けてって閉じてないからセーフですとそんな屁理屈を仰るものじゃありませんまったく。

ハロウィン前夜

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

九月は狭間の季節というイメージがございまして、
何事もなく淡々と過ぎていってしまうことも多いですね。
今年は気温も少し下がりまして、
秋らしい雰囲気を感じられましたので、
昨年よりは季節感を感じられました。

来月十月は、昨今取り沙汰されることが
多くなりましたハロウィンでございますね。
御屋敷、特にギフトショップとしても
恒例のハロウィンフェアを開催いたします。

内容は正確には【秘密】なのですが、
私が監修いたしまして、
皆様に楽しんでいただけるように
整えたフェアでございます。

お楽しみにしていただけますと幸いです。
詳しくはまた来月に。

では。