羊の叫び

「それは僕の方じゃないか!」




なんとか口に出した言葉は赤子のような喧然たる叫びだった。
こんな僕はきっとクールじゃいられない。
誰もこんなこと望んでいないし、僕だって望んではいないのに。



でも僕だって声を荒げるときもある。
羊だって吼えたくもなる。
羊はいつも被害者であってしかるべきだと笑う狼は、
僕の叫びをさらっと受け流し、知らん顔していた。



カラッポのウツワ。
満ちていた中身はすっぽりと抜け落ち、ただそこにあるのは
透明な抜け殻だけであった。

隣の彼は無傷なのに・・・。
なんでこんな様になってしまったのか。


やり場の無い怒りは気持ちより先に声になり、
とどまることをも抑え切れずに言い放った。




「なんとか言いいたいことがあるなら言ってみなよ!」




「・・・。」




うつむく君。
きっと荒れ狂う僕の態度に言葉も出ないのだろう。

でも僕のほうがずっと傷ついてるんだ!
今は君の気持ちなんて知ったことじゃないんだぁぁぁ!

















~5分前~

後ろから聞こえる冷蔵庫の音。

静寂の隙間から聞こえたそれは、

張り詰めたこの場の中心の存在。




扉はゆっくり開かれて、

そこにあるはずの二人の名前。

今あるのは君の名前だけ。

僕の名前はゴミ箱の中。




僕の方が200円も高いのに。

あんなに大切にとっといたのに・・・。














「僕のプリンを返してよ!」


・・・冒頭へ戻る。
Filed under: — 15:39