スカーレットピンパーネル

お嬢様、過ごしやすい季節が訪れました。
本日は宝塚歌劇団星組「スカーレットピンパーネル」の感想です。



波乱万丈なミュージカルでストーリーと楽しい音楽ですばらしい舞台でした。
フランス革命の頃の英国貴族パーシーはスカーレットピンパーネルとして貴族を革命の嵐から助け出し、女優のマルグリットと結婚します。
革命政府のショーブラン(柚希礼音さん(悪役を頑張っていました。))はピンパーネルの正体を探るために必死。
マルグリットを脅し情報を得て、パーシーは執拗に追い詰められるが最後はハッピーエンドに終わります。


兎に角面白い物語です。
安蘭けいさんが大きく見え英国貴族を気品高く演じ、変装もすばらしく途中まで気が付きませんでした。遠野あすかさんの歌唱力は定評がありますが「ひとかけらの勇気」がとても素晴らしかった。
舞台装置も次々と転換し楽しめました。


安蘭さん遠野さんの次回作がますます楽しみになりました。
Filed under: 藤堂 — 12:00