日誌


お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございます。重光でございます。

早くも夏が過ぎ、秋が始まろうとしてございますがいかがお過ごしでしょう。
今年の夏は突然の寒さがやってきたり、かと思えば厳しい暑さが続きやや天候が不安定でございましたが、体調を崩してございませんか?

もう今年の夏は終わりでございますが、数年前までは毎年避暑地に出掛けてございました。
私どうも暑いのは苦手でございまして山に行き涼みながら日を過ごしておりました。
少し探検しているとどうにもレトロな雰囲気の橋が・・・。
日が傾きつつある風景を眺めつつ、これからの紅葉に思いを馳せるのもまた一興でございます。

お嬢様、お坊ちゃまも秋の到来を探してみてくださいませ。
それではまたお屋敷でお待ちしておりますので、元気なお姿をお目にかかる事を祈っております。

Filed under: 重光 — 22:00

夕暮れ

お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございます。重光でございます。

夏が本番になってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
私は何か夏らしいことをしようしようと考えているうちに毎年夏が過ぎ去ってしまうことが多く、今年こそはと夕日を海岸まで見に行ってまいりました。

いつ見ても夕焼けから薄明に変わり、夜が訪れる瞬間とは良いものでございます。ひぐらしの声を聴きながらのんびりと一日の終わりを見届ける。
もしかすると私が一番夏を感じるのはこの瞬間かもしれません。

是非お嬢様、お坊ちゃまも夕暮れ時に空に視線を向けてみてくださいませ。一日の終わりを感じ、夏が過ぎるのを感じてみませんか?

Filed under: 重光 — 22:00

お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございます。重光でございます。

今年も早いもので半分が過ぎました。
徐々に夏の足音が聞こえてまいりましたが、夏を感じる瞬間は様々ございます。
私ですと、蝉の声や夕立、そして遠くに見える虹でございましょうか。

先日は少し夏を感じに海を眺めに行ってましたが突然雨に降られてしまいました。
ですが怪我の功名と申しますか、雨が上がるのを只々耐えていると目の前で虹が架かりまして随分と久しぶりに虹の根本を見る事が出来ました。

夏初めから今年の夏もまた、新たな発見を願いこれからの季節に思いを馳せるばかりでございます。

それではまたお屋敷で冷えたものをご用意してお待ちしてございますが、今年の夏は暑くなりますので、お体を労りつつ是非夏をご満喫くださいませ。
Filed under: 重光 — 22:00

お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございます。
重光でございます。

今年は早くも梅雨入りした様子でございますが、雨はお好きでしょうか。
私は雨が降ると大変ではありますが、雨の日には雨の日にしかない出会いがあると存じます。

先日雨の中、山を散策していたところポツンと佇む椿を見つける事が出来ました。本来であればこの時期に椿はあまりないのですが、珍しいなと少しの幸せを得る事が出来ました。

こうして身近に何か小さな幸せがないかと探すのもまた一興でございます。

それではまたお屋敷でお待ちしてございますが、雨に降られ風邪をひかぬようご自愛くださいませ。

Filed under: 重光 — 22:00

ご挨拶

お嬢様、おぼっちゃま。ご機嫌麗しゅうございます。
この度、ティーサロンにてフットマンとしてお給仕をさせていただくことになりました重光でございます。

私は元々警備をしていましたが、偶然通りがかった大旦那様よりお声がけ頂きお屋敷にてお仕えさせていただく事になりました。
普段はお屋敷の警備員としてお仕えしている私ではございますが、警備の合間を縫ってフットマンとして給仕をするための修行を積み、ようやくお嬢様、お坊ちゃまにお仕えさせていただく事が叶いました。

まだまだ未熟な身ではありますが、誠心誠意お仕えいたします。
Filed under: 重光 — 22:00