蒼氓

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌いかがで御座いましょうか? 金澤でございます。

お屋敷の庭の桜の木は葉桜となり、着実に新たな季節へ向かっている事を感じさせます。
お花見は楽しまれましたでしょうか?

私は今この日誌を北へ向かう電車のクロスシートに腰かけ車窓を眺めながら書いております。
外は日も暮れ、街の灯りがキラキラと輝きだしました。





私は電車の車窓から景色を眺めるのが好きです。
子供の頃は電車に乗ると先頭車両の運転席方向の窓にがぶり付き、運転士になった気分でよく眺めていたものです。
大人の今は窓の外をボーっと眺めいろいろな物思いに耽る事が多くなりました。

無数に広がる灯りの数々、その一つ一つに意味があり、そこには人々の人生がある…

そんな目の前に広がる夜景を見ていると、ふと思う…
私は小さな存在にすぎない、その存在の意味は何なのか…
突然、哲学的な考えに浸ってみたりして…

大自然を前にするとその圧倒的な景色に人間のちっぽけさを感じ、悩みなど小さく感じる事があります。
海が大好きな私はよく大海原から自然のパワーを受け、心が洗われる感覚を得ます。

それとは違う電車から見る東京の夜景

なんでしょうこの感覚は…
言葉で表すのは難しいです。

携帯音楽プレーヤーから 『蒼氓』 が流れてきました
今の私には心に深く響きます…


ボーっと外を眺めます

遠くで瞬く高層ビルの赤いランプ
高速道路を流れる車のライト
多くの建物の窓から電球色のあたたかい明かりが見えます

このたくさんの光のどこかで、お嬢様は日々を頑張っておられる事でしょう
今、私の目には見えない遠い街の光の中で、お嬢様は頑張っておられることでしょう

そう思っていると、何故か少し寂しい気持ちになってしまいます
何故かそう想ってしまいます…


降りる駅が近づいてきました。
こうしてまた日常が過ぎていきます。

   
さてと!
お使い事も済んだし、お屋敷に帰る前に駅前の赤提灯に吸い込まれることにします!
ビールに焼き鳥!(ニヤリ)

さっきまで街の灯りを眺めつつ静かに物思いに耽ていたような…
まあ今度は赤提灯の灯りに人生の味わいを感じるとします!

(二時間経過・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あはは!
飲みすぎちゃった!
あはは!

てくてく歩き、お屋敷の灯りが見えてきました

そのあたたかい明かりに救われたように思ったこと…

お嬢様の使用人として、小さな存在であるけれど、その意味が確かにあると思えたこと。。
Filed under: 金澤 — 21:30