シトロン

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます、
才木にございます。

かねてから申し上げておりましたが、
私は世界史が趣味の一つでございます。

日本史という、島国の文化との違いという面で申しますと、
やはり文化の起こり、国の現れ、そして滅んでいく様。
広大なロマンという点が引かれるところにございます。

夏というところで、
何となく思い出しますのが、
イギリスWedgwoodのカップ、
「シトロン」にございます。

シトロンは名前の通り、
正確に言うと違うものではありますが、
レモンを描いたカップでございます。

そもそもWedgwood自体が、実の所、
古代ギリシャやローマをイメージしたものであるそうで、
特にこのシトロンには、
古代ギリシャに加え、オリエント文化の潮流があるように感じます。

爽やかなブルーのお色も、
これからの暑い季節を
清涼感をもってお過ごし頂くのには、ぴったりのカップかと存じます。
私としても、夏は様々なバカンスの季節ではあるものの、
過ごしにくいものであると感じております。
ですので、せめてティーセットの上では涼やかに感じて頂き、
夏の楽しみにして頂きたいと思うのです。

梅雨に関してもそうですが、
こういった季節には対処療法的に
素晴らしいと思えるものを置いて頂くのが、
気持ちよく過ごして頂けるコツです。
紫陽花や五月雨、美しく華やかな表現が沢山ございますからね。
皆様なりの楽しみ方を
見つけてくださりますと、
使用人としては申し上げることはありません。

やはり、皆様が元気よくお過ごし頂くのが最良です。
ご提案もございますが、
皆様は皆様なりに、楽しく落ち着いてお過ごしください。

良い夏を。

才木
Filed under: 才木 — 22:00