だからわたしに、影はございません

お嬢様、おぼっちゃま。
奥様、旦那様。

ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

さて、10月。
10月といえば、皆様何を思い浮かべますか?
近頃は、ハロウィンもあり、
お屋敷でもパーティーがありましたり、
内外問わず色々ございますけども。

私としては、あまり馴染みがなく。
なのでそういったお祝いを、
皆様とともにさせて頂けるのも、
中々楽しゅうございます。

元来ですと、特徴のない月。
変わり目の時期で、移ろい変化していく、
自然に思いを馳せる時期ですね。
日本的には、神無月でございますから、
何か他の月にはない、
ひっそりとした雰囲気が漂うものです。

賑やかな時間を楽しんで頂く、
これも一つ大事なこと。
しかし逆に、
穏やかなお時間をしっかりと
過ごして頂く。
これも大事なことでございます。

そんな時間の為に、
我々使用人はお傍に仕えておりますから。
なんなりと、ご用命ください。

私としては、
書庫の少し古臭いような、
蔵書たちが放つ香り、
それこそ八百万の神がおられそうな、
静謐な空気。
その中に居る時が1番、好きでございます。

もし活字を追うような
ご気分でない時は。
アポロンでもいれながら、
ジャック・オーランタンのお伽噺でも、
お読み致しましょう。

私、ホラーも嗜みます故。
思えば、神がいないということは、
魑魅魍魎が跋扈する季節。
ということでもありますね。

皆様の見えない、後ろの世界。
ご想像して頂くのも、楽しいもの。
大丈夫、後ろにお控えしているのは、
我々使用人でございます。
我々は、皆様の影に、ございますから。

才木
Filed under: 才木 — 20:00