古谷でございます

ヴィーナスに愛された貴石エメラルドの如く
芽吹く若葉が碧く薫るこの季節。








生命の息吹すら尊く思える初夏の風をきり、新緑のランウェイを颯爽と駆け抜けましょう。










それはまるで最も偉大な2分間







「Run for the roses」







栄えある薔薇をこの手に掴むこと。
ただそれだけを目指して。












お嬢様。








どうかこれからも見守りくださいませ。












今宵、傾けるその杯

















ゆっくりと氷に溶けだすその樽香。
古めかしき琥珀色の風情をグラスの中に見出し、それを眺め今夜もゆっくりお過ごしくださいませ。









クラフトバーボン


Woodford Reserve-ウッドフォード リザーブ-






古谷
Filed under: 古谷 — 21:30