貴重な旅

先日使用人の皆でお出かけに行ってまいりました。

バスに乗り少しばかり遠くの地へ。


普段給仕や勉強で一日を終える我々。
この様な余暇は大旦那様からいただいた貴重なお時間でございました。


普段ゆっくりお話できない仲間との交流も楽しみました。


金澤とは欧州車の話で盛り上がりました。
とても博識で、普段大人しい金澤が車のことになると様々な知識を伝えてくれる事が新鮮でございます。


彼は本当に色々な事に気が付き使用人に対しても気を回してくださいまして、心優しい尊敬する使用人の一人でございます。



尊敬する使用人といえば
大河内もその一人。

彼が給仕の時に私は歌劇団の稽古などで顔を合わせる機会は少のうございますが、いつも顔を合わせる度に笑顔で
「いつも稽古お疲れ様…」と言葉をかけてくださいます。

使用人としても階級としても先輩にも関わらず、後輩にも優しく様々な事に博識で、お屋敷に入った時から憧れている方の一人でございます。



そして…

旅の最中ではこんな方とも交流を交わしました。








何やら、使用人が集まっておりまして…









その中央にある何かを囲んでおります…








四角くて…










色とりどりな…














カードゲームでございました!


司馬執事でございます。


カードの使い手と行っても過言ではないほどたくさんのカードゲームを所持しておりました。


いつもとても変わったカードゲームで皆を楽しませてくださいます。


ゲームの内容はカードの手札の絵柄を使いながら物語を作るという素敵な内容でございました。



司馬執事はまるでラスベガスのディーラーの様にカード操って、皆を楽しませてくださいました。




旅の話は尽きませんね…。



この続きはまた日誌でお伝えいたします。
Filed under: 百合野 — 21:00