遅咲き

ご機嫌麗しゅうございます。
桜塚でございます。

4月に入りましたが、今年は桜が早咲きでしたので、殆どが葉桜でございますね。
ですがお屋敷の桜はコレからでございます。

ギフトショップにて、私がお勧めする「遅咲き桜のマドレーヌ」が開花いたします。
しっかりとした桜の風味を際立たせた、桜フレーバーの茶葉が入ったマドレーヌでございます。
私は試食を致しましたが、その美味しさに3個4個と…。
危うくお嬢様やおぼっちゃまへとお出しするマドレーヌにまで手を出してしまうところでした。

私が堪えた分、是非とも「遅咲き桜のマドレーヌ」をご堪能下さい。
Filed under: 桜塚 — 22:00

桜の日

ご機嫌麗しゅうございます。
桜塚でございます。

お嬢様、おぼっちゃまは御存知ですか?
3月27日は「桜の日」でございます。

桜の日が3月27日に制定された由来は諸説あります。

語呂合わせ
「3×9(さくら)=27」

かけ算で「3×9」をさくらと読ませたことから、答えの27日を桜の日に制定したと言われています。

桜始開
1年は二十四節気に分けられます。

春分や秋分がそれにあたるのですが、その二十四節気をもっと細かく分けたのが、七十二候。

もうひとつの由来は、七十二候の桜始開(さくらはじめてひらく)からきているそうです。

春分を3つに分けたうちのひとつが桜始開。

桜が咲き始めることを指す言葉で、暦にすると3月27日頃であったころから、この日を桜の日としたそうです。

この御時世ですが、お嬢様、おぼっちゃまが気持ちよく「桜」を愛でる事が出来る事を願っております。
あ、お屋敷の「桜」塚は愛でなくても宜しいですからね。
Filed under: 桜塚 — 22:00

戦いの時

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様、おぼっちゃま。
桜塚でございます。

遂に2月になり、私にとっての敵がやって来る季節となりました。
もしかしますと、お嬢様やおぼっちゃまにとっても敵で御座いますかね?

敵とは、「花粉」で御座います。
花粉症で御座います。

私は酷い時には喘息のような症状になってしまい、大変苦労させられます。
寮の部屋の換気も出来ません。
この花粉が4月末まで続くとは恐ろしい事で御座います。

現在はスギの木の植替え作業が続いておりますが、スギ花粉が少なくなるのは2030年〜2050年頃との事。
…泣きたくなってしまいます。
まあ、花粉症で勝手に涙が出てしまいますが…。

お嬢様、おぼっちゃまもこの難敵に備え、別宅に空気清浄機を3000台程設置してはいかがでしょうか?
私も可能な限り、対策をさせて頂きます。
Filed under: 桜塚 — 22:00

世界のお正月

新年あけましておめでとうございます。
ご機嫌麗しゅうございます。
桜塚でございます。

お嬢様やおぼっちゃまは2021年のお正月はどのように過ごされましたか?

世界のお正月では日本と違い1月1日までで、2日からは平日になる国が多いようです。
そして祝い方も国それぞれでございます。

デンマークでは、大晦日になると友人や親族の家の玄関へ行き、ドアに古いお皿を投げて割るという少々変わった風習があります。
お皿を割ると幸運と人脈に恵まれるとされており、家の前に割れたお皿が多ければ多いほど、友人や家族が多い証明となります。
また、年が明けた瞬間に椅子からジャンプする風習もあります。
空中で新年を迎えると1年がハッピーになると信じられているのだとか。

ジャンプする事は日本でも行う方はいらっしゃるようですね。
お皿の方は流石にやる方はいらっしゃらないでしょうが…お嬢様、おぼっちゃまは行っていらっしゃいませんよね?

ともあれ、2021年もお嬢様、おぼっちゃまのご帰宅をお待ちしております。
まだまだ未熟な私ではございますが、本年度も宜しくお願いいたします。
Filed under: 桜塚 — 22:00

今年も終わりでございます

ご機嫌麗しゅうございます。
桜塚でございます。

今年ももう12月。
お嬢様、おぼっちゃまは本来でしたら海外に旅行に行く季節でございますかね?
もしクリスマスイルミネーションが綺麗なイギリスに旅行に向かわれるお嬢様、おぼっちゃまがいらっしゃいましたらご注意を。

12月のイギリスは日の入りが16時と早く、日の出も8時と遅うございます。
雪はあまり降りませんが、昔ながらの路面が多い為滑りやすうございますので、滑りにくい靴をオススメ致します。
ロンドンより北に参りますと、大雪が降る場所もございますのでご注意を。

とはいえ海外旅行慣れしているお嬢様、おぼっちゃま方には要らぬ心配でございすかね。

私も早いものでお嬢様、おぼっちゃまの前に立つ事を許されてから半年が経とうとしています。
コレからも、そして来年もお嬢様、おぼっちゃまに誠心誠意お仕えいたしますので、宜しくお願いいたします。
Filed under: 桜塚 — 22:00

秋でございますね

ご機嫌麗しゅうございます。
桜塚でございます。

夏の終わりの意味もあるハロウィンも終わり、本格的に秋となってまいりましたね。
早いもので、来月はクリスマスでございます。

クリスマスの話は早いと思われるお嬢様、おぼっちゃまもいらっしゃるでしょうが、世界で見るとそんな事はございません。
フィリピンでは何と9月からクリスマスシーズンでごさいます。
クリスマスの飾り付けやグッズが店頭に並び、週末はクリスマスの前夜祭を行うようです。
もう「前」が何個並ぶ前夜祭なのかと、私は驚きました。
そしてクリスマスの終わりは2月だそうです。
年が明けてもクリスマスは終わらないようです。

お嬢様、おぼっちゃまも、今月からクリスマス気分を味わい始めるのも宜しいかもしれませんね。
私もお屋敷のクリスマス準備を着々と進めさせていただきます。
Filed under: 桜塚 — 22:00

就任御挨拶

ご機嫌麗しゅうございます。
桜塚でございます。

ご存知のお嬢様方もいらっしゃいますが、この度、執事に就任致しました。

先輩の執事である藤堂、椎名、司馬、時任、香川、環、金澤、乾、吉川を見習い、少しでも早くお嬢様にお仕えするに相応しい執事になる所存でございます。

私はまずは形からという所がございまして、先輩執事を見習い、髪を伸ばして片眼鏡をつけて声を低く渋い声にと考えました。
ですが……それはもう時任でございますね。
ですので、自分なりの執事を模索していく所存でございます。

未熟者ではございますが、更に日々精進をしていきます。
どうか私の成長を温かく見守っていただけると幸いでございます。

宜しくお願いいたします。
Filed under: 桜塚 — 22:00

涼し気なお話

ご機嫌麗しゅうございます。
桜塚でございます。

近年はまだまだ残暑が厳しくお暑うごさいますね。
お嬢様、おぼっちゃまには少しでも涼をとっていただこうと、涼しくなるお話を。

これは私の友人のお話です。
そうですね…友人を仮にAといたしましょう。
コレはそのAが学生時代で実家暮らしの時のお話です。

Aの自室にはエアコンがなく、夏には必ず窓を空けて過ごしていたそうです。
夏休みの8月のある日、特にやる事もなく自室でゴロゴロしていた時の事です。

時刻は午後1時程、外から赤ちゃんの泣き声が聴こえてきました。
Aは特に気にも止めず漫画を読んでいましたが、ふと気がつくと時刻は午後3時。
外からは赤ちゃんの泣き声がまだ聴こえます。
そこでAはある事に気がつきました。

…そういえば休日でもこの時間に窓を空けていると赤ちゃんの泣き声が聴こえていたし、夏休みでこの時間に自室いる時は毎日聴こえてくる。
時刻として午後1時から17時まで毎日。
いつも同じ赤ちゃんの泣き声。

Aはいつから聴こえるのか更に記憶を探りました。
…思い出せるのは3年前まで…
そこで不思議に思います。
………3年間赤ちゃんのまま?
翌日に親やご近所に確認した所、数年間は子供が産まれた家はありませんでした。
では毎日聴こえていた泣き声はなんなのか…。

その事に気がついてからは、窓を空けても泣き声は聞こえなくなったそうです…。


いかがでしたでしょうか?
私の話で少しでも涼がとっていただけたのら幸いでごさいます。
Filed under: 桜塚 — 22:00

桜塚でございます。

ご機嫌麗しゅうございます。
桜塚でございます。

お嬢様、おぼっちゃまはネオワイズ彗星はご覧になりましたか?
肉眼での観測は7月の始めでは満月の明るさの1等級で早朝に、後半には3等級ぐらいの明るさで日没後の20時頃だったようです。

私は観測する事ができませんでした。
生憎の梅雨空で観測チャンスは少なく、観測出来そうな日に限って用事があって空を見る事すらできず…。
8月の半ばぐらいまでは双眼鏡や望遠鏡ならば観測できるそうです。
機会がありましたら、天体ショーを観測するのも楽しいかもしれません。

ネオワイズ彗星の次の機会は6800年後。
6800年後まで体調など崩さぬよう、健やかにお過ごし下さいませ。
次の機会は是非共お嬢様やおぼっちゃまと観測したいものです。
Filed under: 桜塚 — 22:00

ご挨拶

ご機嫌麗しゅうございます。お嬢様、お防っちゃま。

お初にお目にかかります。
桜塚(さくらづか)でございます。
この度、当家の使用人としてお仕えさせていただくことになりました。
ティーサロンの入口にてお嬢様、お坊っちゃまをお迎えさせて頂けること、至極光栄に存じます。

梅雨の季節にお仕えさせていただく事になりましたが、この時期はお嬢様、お坊ちゃまは奮闘いたしませんか?
私は大変奮闘いたします。
実は私は頭につむじが3つございます。
つむじは漢字では旋毛と書き、胎児の頃にお腹の中を回転していた名残であると言われております。
この旋毛が頭頂部に2つそれぞれ逆巻きに、後頭部に小さく1つございます。
私は胎児の頃に怒涛の回転をしていたのでしょうか?
ともかく、この旋毛のおかげで毛先がそれぞれ在らぬ方向へと行ってしまいます。
お嬢様、お坊ちゃまのご帰宅の際に見苦しいものを見せぬよう、毎日押さえつけさせていただきます。

髪型1つに四苦八苦する未熟者ではございますが、日々精進してまいります。
お嬢様、お坊っちゃまのお早いお帰りを心よりお待ちしております。

桜塚
Filed under: 桜塚 — 22:00