ご挨拶

ご機嫌麗しゅうございます。お嬢様、お防っちゃま。

お初にお目にかかります。
桜塚(さくらづか)でございます。
この度、当家の使用人としてお仕えさせていただくことになりました。
ティーサロンの入口にてお嬢様、お坊っちゃまをお迎えさせて頂けること、至極光栄に存じます。

梅雨の季節にお仕えさせていただく事になりましたが、この時期はお嬢様、お坊ちゃまは奮闘いたしませんか?
私は大変奮闘いたします。
実は私は頭につむじが3つございます。
つむじは漢字では旋毛と書き、胎児の頃にお腹の中を回転していた名残であると言われております。
この旋毛が頭頂部に2つそれぞれ逆巻きに、後頭部に小さく1つございます。
私は胎児の頃に怒涛の回転をしていたのでしょうか?
ともかく、この旋毛のおかげで毛先がそれぞれ在らぬ方向へと行ってしまいます。
お嬢様、お坊ちゃまのご帰宅の際に見苦しいものを見せぬよう、毎日押さえつけさせていただきます。

髪型1つに四苦八苦する未熟者ではございますが、日々精進してまいります。
お嬢様、お坊っちゃまのお早いお帰りを心よりお待ちしております。

桜塚
Filed under: 桜塚 — 22:00