宇宙人は存在すると思われますか?

ご機嫌麗しゅうございます。
絢辻でございます。

夏といえば天体観測が盛んになる季節でございますね。
私も時より夜空を眺めては遠くの星々に思いを馳せるものでございます。


時にお嬢様は宇宙全体には一体どれくらいの数の星があるかご存知ですか?

有名な話ではございますが、地球の砂の数よりも宇宙全体の星の数は多いのでございますね。
数字に表すと約10の22乗でございます。
ここまでくると最早よくわかりませんね。
(ちなみに我々が肉眼で確認できる星は8000個程度だと言われています)


さて、少々オカルトな話になりますが
これだけ宇宙が広大であれば宇宙人や他の知的生命体がどこかの星にいてもおかしくないと私は思います。
ええ信じていますとも。
この広大な宇宙にはまだまだ未知なるものが……‼︎
…申し訳ございません、この手のお話には弱いもので。

ちなみにかの有名な天才物理学者、スティーブンホーキング博士は、地球外の知的生命体が存在と思うか、と質問を受けた際

「そもそも地球上に『知的生命体』と呼ぶに値するものなど存在するのですか?」
と答えられたそうです…。
一本取られましたね。


かなりお話が脱線してしまいましたが
宇宙人を信じるか信じないかはお嬢様次第でございまして、それはさておき
たまにはぜひ夜空を見上げて星々を眺めてみるのもよろしいものですよ。
きっと心が癒されると存じます。

もし何らかの理由で星々を観ることが叶わぬ場合は、ぜひ当家の特別なティーカップ、「星座」をお使いくださいね。

絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00

葉桜の季節に…

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。

絢辻でございます。

早いもので私が当家のティーサロンにお仕えしてから一ヵ月が経ちました。
この一ヶ月、お嬢様、お坊ちゃまのお世話をさせて頂き、そして様々なことを学ばせて頂きました。非常に充実した一ヶ月であったと振り返ります。
それと同時に私自身の至らぬ点も痛感致しております。
今後とも日々精進して参ります。


さて、外はすっかり暑くなって参りましたね。
先日桜の木に緑の葉が茂っていて、改めて夏を感じました。

私、以前ミステリ小説が好きと申しましたが、「葉桜」といえば思い出すミステリ小説がございます。

歌野晶午先生の「葉桜の季節に君を想うということ」でございます。

2004年の作品でございますが
「第57回日本推理作家協会賞」や「第4回本格ミステリ大賞」など、同年のミステリ関係の賞を総なめにした長編作品でございます。
 
所謂ネタバレというものになってしまってはいけませんので、内容については詳細にはお話できませんが
良い意味でしっかりと裏切られる作品でございます。
またある種のメッセージ性もございまして、またそこがよろしいのでございます。

ミステリやどんでん返しがお好きなら是非お手に取って頂きたい一冊でございます。

(ミステリでございますので、少々生々しゅう表現もございます、お気をつけくださいませ)

やはり本の紹介を致しますと筆が止まらなくなりますね。
この辺りにしておきましょう。

それでは
葉桜の季節にお嬢様、お坊ちゃまを想いながらお帰りをお待ちしております。

絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00

ご挨拶

ご機嫌麗しゅうございます。お嬢様、お坊っちゃま。

お初にお目にかかります。
絢辻(あやつじ)でございます。

この度、当家ティーサロンでお仕えさせていただくことになりました。
お嬢様、お坊っちゃまの給仕を務めさせて頂けること、至極光栄に存じます。

私事ではございますが、読書(ミステリ小説が多いです)が趣味でございます。
それもあってかティーサロンでの給仕の他に、お屋敷の書物の調達も仰せつかっております。

この場をお借りして私の好きな本など紹介させて頂こうと思いましたが、なにぶん筆が止まらなくなりそうですので…
またの機会に致します。

未熟者ではございますが、日々精進してまいります。
お嬢様、お坊っちゃまのお早いお帰りを心よりお待ちしております。

絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00