冬にオススメの小説3選

お嬢様、お坊ちゃまご機嫌麗しゅうございます。

絢辻でございます。

最近はすっかり寒くなり、冬の足音が近づいて参りましたね。
ということで今回は、作中の季節が冬であったり、雪が関係するミステリ小説を3作ほどご紹介させていただきます。
※3冊目の作品は厳密に申しますとミステリとは少々違うかもしれません。


1.「星降り山荘の殺人」(倉知淳/講談社)

倉知淳先生が1996年に発表した作品です。雪の山荘を舞台に事件が起こるのですが、この作品の特徴は何と言ってもその「フェアさ」でございます。

具体的には「語り手は嘘をつきません」「探偵役は犯人ではありません」「ここでは紛らわしいトリックは使われてません」と予め教えてくれます。
そんなことをしてつまらなくなりませんか?と思われるかもしれませんが、ご安心を。ラストにはしっかり驚かされることでしょう。
 
1996年の作品ですがあまり違和感なく読めますのでオススメでございます。


2.「46番目の密室」(有栖川有栖/講談社)

有栖川有栖先生の「火村シリーズ」記念すべき第一作目でございます。

クリスマスの夜、有名作家の別荘の集まりに参加した主人公たち…。翌朝密室にて無残な姿の被害者が…。トリック、動機、設定、全てにおいて鮮やかな作品でございます。

同シリーズは実写ドラマ化もしていると伺ってございます。馴染みの深いお嬢様もいらっしゃるのではないでしょうか。



3.「吐息雪色」(綾崎隼/メディアワークス文庫)

綾崎隼先生の「花鳥風月シリーズ」の4作品目でございます。

血なまぐさい殺人事件などは起こりません。2人の主人公が出会ってお互い変わっていくというお話です。

非常に切ないお話ながらも、どんでん返しもあり、ニ度読みたくなる作品でございます。あらすじ以上の事前情報無しに読んでいただければ嬉しゅうございます。


さて、3冊紹介させていただきましたがまだまだオススメの作品もございます。(今回雪の山荘というシチュエーションの作品が多すぎて選ぶのに苦労しました)
 
他のオススメは是非お屋敷にて。また、お嬢様、お坊ちゃまのオススメの本や映画も是非お聞かせくださいませ。


絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00

右手にお茶を、左手に和菓子を

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。絢辻でございます。


以前から私は和菓子が好きとお話させて頂いておりましたが、中でもあんこを使ったものが好きでございます。
最中やどら焼き、大福などをよくいただきます。(ちなみに粒あん派でございます)
その際に日本茶を合わせていただくのです。

日本茶に和菓子。王道過ぎる、悪い言い方をすれば捻りの無い当たり前の組み合わせ…しかし私はこの組み合わせがしっくりくるのです。
私は今後もずっとこの組み合わせで、3時のおやつを過ごすことでしょう。


さて、10月はギフトショップにて私プレゼンツのマフィンをご用意させていただきました。こちらは小豆と抹茶を使用したものでごさいます。
私の普段のおやつの時間、「あんこの和菓子+日本茶」というルーティンを小豆と抹茶という形で表現いたしました。
もしお手に取っていただけましたのなら幸いでございます。


そしてそして、来月11月の後半にはティーサロンにて、これまた小豆と抹茶をお使いした「抹茶のショートケーキ」をご用意させていただきます。ほのかな抹茶の渋みに小豆とクリームの甘さが心地よいケーキでございます。是非ご賞味下さいませ。

おっと…その前に…
11月の前半は、私の大切な「同期」室井プレゼンツの「ザッハトルテ」のご用意がございますので、こちらも是非お楽しみに。


ではお屋敷にてお嬢様、おぼっちゃまのお帰りをお待ちしております。
寒くなって参りましたが、お風邪など召されませぬようお気をつけ下さいませ。
またお元気な姿を拝見させて下さいね。

絢辻

Filed under: 絢辻 — 22:00

舞茸は是非とも天ぷらで…

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様、お坊っちゃま。
絢辻でございます。

最近、少しずつではございますが秋を感じられるようになりました。
食欲の秋とも言われるように、秋には様々な食材が旬を迎えますね。
お嬢様、お坊っちゃまは好きな秋の味覚はございますか?

私は舞茸が好きでございます。
養殖の技術の進歩は目覚ましく、最近では一年を通して美味しい舞茸を頂けます。
しかしながら、天然物の舞茸の旬は秋でございまして、これがまた格別の旨みと香りでございます。

味噌汁や鍋に入れるのも大変よろしゅうございますが、やはり天ぷらで頂くのが至高でございます。
そして私は天つゆよりもお塩で頂くのが好きでございまして、舞茸本来の香りと食感をより感じることができるのでございますね。

是非お嬢様、お坊ちゃまも美味しいものを沢山お召し上がり下さいませ。
そしてオススメの秋の味覚がございましたら是非お教えくださいましたら嬉しゅうございます。

絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00

宇宙人は存在すると思われますか?

ご機嫌麗しゅうございます。
絢辻でございます。

夏といえば天体観測が盛んになる季節でございますね。
私も時より夜空を眺めては遠くの星々に思いを馳せるものでございます。


時にお嬢様は宇宙全体には一体どれくらいの数の星があるかご存知ですか?

有名な話ではございますが、地球の砂の数よりも宇宙全体の星の数は多いのでございますね。
数字に表すと約10の22乗でございます。
ここまでくると最早よくわかりませんね。
(ちなみに我々が肉眼で確認できる星は8000個程度だと言われています)


さて、少々オカルトな話になりますが
これだけ宇宙が広大であれば宇宙人や他の知的生命体がどこかの星にいてもおかしくないと私は思います。
ええ信じていますとも。
この広大な宇宙にはまだまだ未知なるものが……‼︎
…申し訳ございません、この手のお話には弱いもので。

ちなみにかの有名な天才物理学者、スティーブンホーキング博士は、地球外の知的生命体が存在と思うか、と質問を受けた際

「そもそも地球上に『知的生命体』と呼ぶに値するものなど存在するのですか?」
と答えられたそうです…。
一本取られましたね。


かなりお話が脱線してしまいましたが
宇宙人を信じるか信じないかはお嬢様次第でございまして、それはさておき
たまにはぜひ夜空を見上げて星々を眺めてみるのもよろしいものですよ。
きっと心が癒されると存じます。

もし何らかの理由で星々を観ることが叶わぬ場合は、ぜひ当家の特別なティーカップ、「星座」をお使いくださいね。

絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00

葉桜の季節に…

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。

絢辻でございます。

早いもので私が当家のティーサロンにお仕えしてから一ヵ月が経ちました。
この一ヶ月、お嬢様、お坊ちゃまのお世話をさせて頂き、そして様々なことを学ばせて頂きました。非常に充実した一ヶ月であったと振り返ります。
それと同時に私自身の至らぬ点も痛感致しております。
今後とも日々精進して参ります。


さて、外はすっかり暑くなって参りましたね。
先日桜の木に緑の葉が茂っていて、改めて夏を感じました。

私、以前ミステリ小説が好きと申しましたが、「葉桜」といえば思い出すミステリ小説がございます。

歌野晶午先生の「葉桜の季節に君を想うということ」でございます。

2004年の作品でございますが
「第57回日本推理作家協会賞」や「第4回本格ミステリ大賞」など、同年のミステリ関係の賞を総なめにした長編作品でございます。
 
所謂ネタバレというものになってしまってはいけませんので、内容については詳細にはお話できませんが
良い意味でしっかりと裏切られる作品でございます。
またある種のメッセージ性もございまして、またそこがよろしいのでございます。

ミステリやどんでん返しがお好きなら是非お手に取って頂きたい一冊でございます。

(ミステリでございますので、少々生々しゅう表現もございます、お気をつけくださいませ)

やはり本の紹介を致しますと筆が止まらなくなりますね。
この辺りにしておきましょう。

それでは
葉桜の季節にお嬢様、お坊ちゃまを想いながらお帰りをお待ちしております。

絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00

ご挨拶

ご機嫌麗しゅうございます。お嬢様、お坊っちゃま。

お初にお目にかかります。
絢辻(あやつじ)でございます。

この度、当家ティーサロンでお仕えさせていただくことになりました。
お嬢様、お坊っちゃまの給仕を務めさせて頂けること、至極光栄に存じます。

私事ではございますが、読書(ミステリ小説が多いです)が趣味でございます。
それもあってかティーサロンでの給仕の他に、お屋敷の書物の調達も仰せつかっております。

この場をお借りして私の好きな本など紹介させて頂こうと思いましたが、なにぶん筆が止まらなくなりそうですので…
またの機会に致します。

未熟者ではございますが、日々精進してまいります。
お嬢様、お坊っちゃまのお早いお帰りを心よりお待ちしております。

絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00