薄荷猪口

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。

ようやく暖かくなり春の訪れかと思いきや、突然として夏日のような暑さに辟易いたしますね…


そんなうだるような暑さの中、動物達の餌を買い求め、街に出ている際にチョコミント味のタピオカドリンクを見つけました。

私はタピオカを4年ほど前に1度だけ飲んだことがございましたが、あまりいい印象がなかったため封印しておりました。

前回少しだけ触れた通り私は甘いもの、延いてはチョコレートが大好物であり、今回見つけたものはタピオカ自体にチョコレートの味が付けてあるものでございましたので、サッパリとしたミントの誘惑も合わさり購入いたしました。


受け取った際に底にあるタピオカが暖かく、冷たいミントのドリンクと混ぜ合わせることによって完成。少し躊躇いつつも一口。


ーーー美味しい。


チョコレートの甘さの後にミントの爽やかさが追いかけくる清涼感あるチョコミント。そして最後はもちもちのタピオカにてチョコの甘味を感じる。一杯でここまで楽しめるとは
…侮っておりました。

タピオカへの考え方を改める良い体験でございました。


お嬢様も昔は苦手であったものも今召し上がって頂ければ考えが変わるかも知れません。本当は美味しいものをイメージで避けてしまうというのは些かもったいのうございますからね。


さっそく本日の献立を変更でございますか…?!恐れ入りました。さすが当家のお嬢様でございます。

では私が腕によりをかけてご用意いたしましょう。では後ほど。
Filed under: 高垣 — 22:00

蠱惑的な食物

ご機嫌麗しゅうございます。高垣でございます。


さて巷では長いお休みがあったようですが、お嬢様方はいかがお過ごしでしょうか。

私でございますか?私はまだまだ未熟な身の故、己の給仕を磨いておりました。――なにやら訝しげな表情をしておられますね…?


さて、そんな日々の中でささやかな自分へのご褒美として私は好きなものを食べておりました。


私は嫌いな食べ物が基本的にないのが取り柄でございますが、好きなものもあまりございません。ですが“らあめん”には無性に惹かれております。他にも甘いものなども好きなのですが今回は
らあめん の魅力をお伝え致しましょう。


醤油、味噌、塩などなど らあめん
は様々な多様性を魅せる面妖な食物でございますが、私はその中でも特に豚骨がお気に入りでございます。とろりとした濃厚なスープ、そしてスープを纏う細麺。

そこに合わせるのは高菜――豚骨のこってり感に高菜のピリリとした刺激と歯触りを合わせることで生まれる調和…まさに至極の一品。


いけません…危うく戻ってこれなくなるところでございました。

(さっそく食堂のおじさんに高菜マシマシでお願いして参りましょうかね。)


私は急用を思い出しましたので、これにて失礼致します。では。
Filed under: 高垣 — 22:00

動物たちと私

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。

前回のご挨拶にて、私は様々な動物のお世話をしていたと書いておりました。

本日はその動物たちについて記そうかと存じます。


本日は愛犬と愛猫についてお話致しましょう。

私がまだ幼い頃、共働きであった両親は兄弟のいない私に、1匹の柴犬をプレゼントしてくれました。

彼は二月生まれだったため名を如月とし私に弟ができました。

彼は元々豆しばだとブリーダーの方にお聞きしていたのですが、可愛さのあまり甘やかしてしまったせいか、すくすくと成長し一般の柴犬と同等の大きさになってしまいました。

まぁ可愛いので問題はございませんが。


そんな彼がある日の散歩中、まるで私を導くかのように唐突に走り始めました。

辿り着いたその先には果樹に掛けてある鳥よけ用ネットに首を引っかけ、弱々しく鳴く子猫がおりました。

すぐさま助け出し、両親を説得すると晴れて彼女は家族の一員となりました。

名はツナ…別段マグロが大好物ということではございませんが。

こうして一人っ子であった私は3兄妹になり一気に賑やかな生活になりました。

今では衰弱していた当時の面影がないほど逞しい子に成長致しました。それはもう私と如月が寝ているベッドを当然の権利のように占領してくるまで逞しく………
ハッ可愛らしくまだ小さかった遠い過去を見ておりました。まぁ今でももちろん可愛いのですが。


もうこんな時間でございますか…思い出に耽って今任されている動物たちを蔑ろにしてはなりませんね。

また時間を見つけて愛犬や愛猫の可愛さについて記しましょう。お次は彼らの写真も添えて。

では失礼致します。
Filed under: 高垣 — 20:00

ご挨拶

お嬢様、お坊ちゃまお初にお目にかかります。


この度、大旦那様の命によりティーサロンにて給仕させて頂くことになりました、高垣と申します。


私は世界中を旅している最中、礼拝中の大旦那様にお会いし立ち振る舞いに見惚れ、お屋敷の門を叩かせて頂きました。


過去に犬や猫、小鳥など様々な生き物を飼育しておりましたので給仕の他に庭園、裏山に住まう小動物などのお世話を任されております。


他の使用人と早く肩を並べられるよう日々精進して参りますので以後お見知りおき下さいませ。


それではティーサロンにて、お帰りをお待ちしております。失礼致します。
Filed under: 高垣 — 10:00