廻り巡る

やはり花粉に苛まれております。
櫛方でございます。

実はこう見えて浮世絵が好きです。





と言う事でございまして、少し前になるのですが楽しみにしておりました「大浮世絵展」を観に、少々お屋敷から離れまして江戸東京博物館に足を運ばせて頂きました。

これはなんとも胸が熱くなる…


<!…以下追記…>


どの浮世絵師も好みではございますが、今回は特に敬愛する葛飾北斎、そして歌川国芳の絵を間近で拝見できるチャンスにございました。

もとより絵画は好きでございましたが、前に開催されておりました「国芳・国貞展」にてより深く心を射抜かれて以来、浮世絵の魅力に取り憑かれてつい追いかけてしまいます。


率直な感想を申し上げますと…

非常に濃くて浮世絵の魅力、そして歴史に深く浸かれる展覧会でございました。
非常に。


深い内容になりますが有名なものでいうと北斎の

富嶽三十六景「凱風快晴」(通称:赤富士)
同じく三十六景「神奈川沖浪裏」
はやはり実物はとても迫力がありました。
とても繊細、それでいて美しい色使い。
語彙力を奪われる程の景色がそこにございました。

その中でも
富嶽三十六景「五百らかん寺さゞゐどう」
諸国滝巡り「木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝」
がとても美しくて個人的に印象に残りました。
平面で有る故の表現方法、技法もさることながら、
全てが纏まっておりただただ感動いたしました。
これが「ジャポニズム」の真髄…!

うっとり…

他には写楽の「大谷鬼次」を初めて生で拝見させて頂いたのが非常に嬉しく、
国芳の「相馬の古内裏」(に描かれた「がしゃどくろ」)が観れなかったのが少々残念ではございましたが、
歌川広重の「東海道五十三次」を真似て描かれた「猫飼好五十三疋(みゃうかいこうごじゅうさんびき)」
東海道の道の駅の名をもじり猫で描いたこの絵にとても癒されました。

稀代の猫好きと謳われた国芳が描く猫はとても可愛く、眺めてるだけでほんわかします。
その猫の中からランダムで当たるキーホルダーを買ったところ、
東海道の「草津」を模した「こたつ」猫が当たりました。
ありがとうございます家宝にします。


浮世絵に歴史あり。
伝統は廻り巡り、そして受け継がれていきます。
14周年を迎えるこのティーサロンにてこの今、
長い時を紡ぎながら一つ一つ歴史を作り上げているこの瞬間に、
立たせて頂けているということを噛み締め多大なる感謝を。
Filed under: 櫛方 — 22:00

個性的な燕達

寒さの中にもほんの少し春に向けた暖かさを感じるようになりました。
きたる花粉に恐々としております。
櫛方でございます。

世は甘い香りのチョコレートに囲まれる季節。
お嬢様方はチョコはお好きでいらっしゃいますか?
甘いのも勿論、時にはビターなものもよろしいですよね。


そんなとある日―――

寮の一室で浅葱さんと何か美味しいお菓子を思案していた所、
あとからやってきた高垣君に「ちょっとついてきてほしいんですが」と言われるがままついていったら、
そのまま二人、裏山に連れてかれました。
一体何をされるのか…


(more...)
Filed under: 櫛方 — 22:00

明ける年

明けましておめでとうございます。
お嬢様、お坊っちゃま。

今年の汚れは今年の内にやはり落とせませんでした。
櫛方でございます。


昨年の2月にサロンに立たせて頂いたのを考えると、
もうすぐこちらに立って1年が経とうとしております。

年々時の経つスピードが速くなっているのはそれ程充実している日々を過ごさせて頂いているという事でしょう。

今年も充実した一年になりますように。

大吉を引けたらいいなぁ。



(more...)
Filed under: 櫛方 — 22:00

音楽は想いを乗せて

もう年の瀬でございますね。
いかがお過ごしでございますか?
断捨離が苦手です。
櫛方でございます。


寒い冬を彩るのは赤や緑のクリスマスカラー。
そして、ふさわしい音楽。
今年のミュージックサロンはいかがでしたでしょうか。

(more...)
Filed under: 櫛方 — 22:00

大きな器

もう末端冷え性に悩まされる時期になってまいりました。
いかがお過ごしでございますか?
寒いのも苦手でございます。
櫛方でございます。

(more...)
Filed under: 櫛方 — 22:00

トリック

スイーツを頂くと、もれなく幸せになります。
櫛方でございます。

(more...)
Filed under: 櫛方 — 22:00

隠し味

時間というものはいつも思ってる以上に早く過ぎていきます。
そんなことを思いながらまた回鍋肉を作っておりました。
最近は中華が好きです。
櫛方でございます。

本当に月日は早いもので私もこのサロンに立たせていただいてから半年が経ちました。
私自身まだまだ未熟ながらもどんどんと後輩も増えているので、
ちゃんとした背中を見せられるよう、自身を見つめ直している次第でございます。
秋の夕暮れは少々センチメンタルにさせがちでございますね。


かつての清少納言は枕草子に四季を綴っておりました。
「春はあけぼの…」
「夏は夜…」
「秋は夕暮れ…」
「冬はつとめて…」
どれもその季節はどの時間が一番趣深いのかというものでございますが、
今改めて読み直してみると全くもってその通りに感じます。
古典の勉強は苦手でございましたが、はるか昔から四季をこうも美しく捉えていたと考えると、
時間を飛び越えてとてもロマンが溢れますね。

お嬢様はどの季節が一番お好きでいらっしゃいますか?
私はこの秋が一番好きでございます。
スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋…
何かにつけて色々な秋が広がっておりますが、
やはり私は食欲の秋…!
食べることに大いなる幸せを感じる私にはこの上ない好環境…!
(涼しくて過ごしやすいのも大きなポイントでございますが)

…お腹が空いてまいりましたね。

などと言いながら完成した回鍋肉をこれから頂くといたしましょう。
料理を完成させるための最後に欠かせないスパイスを。
それは空腹でございます。
実りのある秋になりますように…

いただきます。
Filed under: 櫛方 — 22:00

暑いのはとても苦手でございます。
庭が濡れていて燕尾服だけそこに残っていましたら、
きっとそれは溶けた私でございます。
いかがお過ごしでございますか?
櫛方でございます。

やっと梅雨明けいたしましたね。
もっとカラッと夏らしい陽気になるのかなぁと思いきやまだ少しジメジメとしておりますね。
熱中症予防として塩タブレットは常備しておくことをおすすめ致します。
塩分は本当に大事…と、鹿野も口癖のように言っておりましたので。

さて、これからは夏らしい催し物も真っ盛りでございます。
夏の風物詩といえばお祭り。
お嬢様はお祭りはお好きでございますか?
各地で行われる伝統的なお祭りに赴くのが、実は私とても好きでございます。
(人混みは苦手でございますが…)
水風船に狐のお面、浴衣の片手にりんご飴。
かすかに聞こえる音頭の旋律、合わせて揺れる赤い提灯。
どこを切り取っても私の心をくすぐってまいります。
それこそ御輿を担いだことはまだございませんが、
(道中配られるお菓子やパンを目当てに)幼い頃は山車などを引っ張っていたのを今でも覚えております。

お祭りの屋台もとても魅力的でございますよね。
今考えると昔は、射的や宝くじやスーパーボールすくいなどで"遊ぶ祭り"でしたが、
体が大きくなるにつれ、だんだん"食べる祭り"になっていく現象の名前は一体何なんでしょうか。
これが"大人の階段"というものなのでしょうか?

そういうお祭りの思い出一つ一つが心の奥底に根付いているせいか、
和風なものにとても心惹かれてしまいます。
もしかしたら昔ながらの「ぱあていぴいぽう」なのかもしれませんね。
てやんでい。
Filed under: 櫛方 — 22:00

1つの形

気がついたら夏らしく暑い日々が続いておりますね。
いかがお過ごしでございますか?
私は最近フライドポテトの沼にはまっております。
櫛方でございます。

私事の急なご報告ではございますが、
先日、ティーアドバイザーの資格を取得致しました。
お屋敷の門を叩いてお給仕を許されて早数ヶ月、
沢山の紅茶に囲まれながら過ごす日々。
私も自分で紅茶を作ってみたいなぁ、と思い密かに勉強しておりました。
いつか私のブレンドした紅茶…完成したその暁には、
是非お嬢様にお召し上がり頂きたいなあ、と思っております。
描いている理想のものに近づけるため一つ一つ確かめながら、
浅葱にコロッケを差し入れしつつ助言をいただく日々が続きそうでございます。

ちなみにそのティーアドバイザーの資格を取得した証明であるバッジ。
デザインが変わったようで…
新しいバッジをご覧になった偉大なる先輩方の反応が、
「交換してほしい」
「かっこいい」
「一回付け替えてみない?」
「交換しない?」
なにかにつけて交換してこようとするので、
もう少しこの余韻に浸らせていただきたいです。

櫛方
Filed under: 櫛方 — 22:00

羽音

湿気にやられております。
櫛方でございます。

つい先程から私は一匹の蚊と格闘しております。
少々季節外れにも関わらず、どこからか飛んできて目の前を一瞬通り過ぎた、
ただそれだけでこうも簡単に心が揺さぶられてしまいます。
「刺されるの嫌だなあ」
私は敵に囲まれた一人の兵士のような、カンフーの構えにもとれる動きをしながら、
見えない敵との戦いの最中、少々昔の出来事を思い出しておりました。

(more...)
Filed under: 櫛方 — 22:00