お屋敷の雑学/壱

敬愛せしお嬢様へ。

桜がいつのまにか咲き始め、春も近いことを告げております。
また季節が巡りましたことを知り、感慨深く桜を眺めておりました。
街に出ましたら、「新生活の応援」と銘打っての家具や日用品の特売が盛りでございまして。
世はそういう時期なのですね。と感慨深く思いながら、新生活の予定は全く無いものの有り難くお屋敷の日用品などをお得に補充させて頂きました。

春になって新しい生活に挑まれる方も多いでしょう。
新しくお屋敷の門を叩く使用人候補も増える頃でしょうか。
あるいは新生活に入られてから、初めてティーサロンにお越し頂くお嬢様もいらっしゃるやも知れません。

さて、思えばお屋敷の歴史も長く、気付けば13周年を迎えました
かつてはお屋敷の在り方や歴史的知識については、前任の執事たちが厳しく教示を勤めておりましたが、近年はそういった黴臭い教鞭を取る者もなくなり久しゅうございます。

ふと思い立ちました。
このまま春を迎え、お戻り頂く新しきお嬢様がたにお屋敷のなんたるかを如何にお伝えするべきかと。
また、無垢な瞳の新しきお嬢様がたにお屋敷の伝統を問われて、お答えに窮してしまうお嬢様が居らっしゃったりしないかと。
そこで、この日誌の端っこをお借りしまして。

『今さら聞けないお屋敷の雑学講座』

そんなものを数回ほど、駄文ながらお届けしたいと思います。


(more...)
Filed under: 時任 — 22:00

東京駅探索

敬愛せしお嬢様へ。

冬もいよいよ本格化しておりますね。
お休みの日にお出掛けするのもなかなか大変な気候でございます。

そんな気候の中、時任がお勧め致しますお出掛けスポットがございます。
それは、、、
『東京駅 地下』でございます。

あまり名が轟いてはおりませんが
東京駅の地下街は、他の都内駅と比べても呆れるぐらいに広く
そして季節折々のイベントや、様々なテーマに分かれた「ストリート」ごとの名店が溢れ返っておりまして、一日かけても巡りきれぬアミューズメントパークのごときでございます。

やはり飲食店が多うございますが、懐かしいオモチャ屋のようなテンポや、地域のアンテナショップ、芸術的なケーキを飾るお菓子の銘店など、お散歩にそぞろ歩いているだけで様々な発見がありとても楽しゅうございます。

そんな東京駅地下を散策したあとは、伝統あるビアホールで一息でございます。

大変広い店舗の一角で、懐かしいデパートの食堂のような食品サンプルに目を奪われながら、ドイツ風の陶器ジョッキでご用意頂ける麦酒に喉を潤され、そして名店ながら非常にリーズナブルでボリュームある食事にお腹を満たされ、夢心地でございました。

冷え込みが厳しい休日や、雪の日など、お外のお出掛けが億劫なときは。
ちょいと東京駅に参りましての探検などいかがでございましょうか?

探検なさって良い場所を発見なさったら、ぜひ使用人たちにも教えてくださいませ。
Filed under: 時任 — 19:00

新年のご挨拶

敬愛せしお嬢様へ

新たな年となりましたが、いかがお過ごしでございましょうか。
日頃お忙しいございましょうから、この機に少しでもお身体を休めてくださいませ。

当館スワロウテイルは、新年は4日から門を開かせて頂きます。
本年もきっと色々なことがあるでしょうが、お嬢様の笑顔の御為に勤めるという初心を忘れることなく
本年も使用人一同それぞれに精進して参ります。

何卒、お嬢様方におかれましては
新年もどうか元気な笑顔で、ティーサロンへとお戻りくださいませ。

お待ちしております。
Filed under: 時任 — 16:00

苦いビールが襲ってきたら

敬愛せしお嬢様へ
年の瀬も近くなりまして、巷もなにやら慌ただしくなって参りました。
社交におけるパーティー等も多く、お酒をお召しの機会も多くなるのではないでしょうか。

さて、この国でパーティーのお酒となるとベーシックに顔を見せるのが「ビール」でございましょうか。
お酒と言うジャンルのなかでもっともポピュラーであり、
「とりあえずビール」なんて言葉があるように、パーティの円滑なスタートのために最初の一杯が自動的にグラスビールになっていたり、お世話になってる方や恩師など目上の方から宴の席にて「一献どうぞ」と注いで頂いてしまったりと。なにかと望む望まずに関わらず口にするお酒でございますね。

(※アルコールそのものが苦手な方は、明快にそう申し上げてお断りしてもなんの無礼もございませんし、対応考慮されて然るべきところかと存じます。
最近よく囁かれますコンプライアンスに基づく、お酌行為や懇親会等への不参加自由についても、個人の権限は保証されるべきと存じますので、それらの非順守を肯定する意図はございません。コンプライアンスについては、時々「弱者の権利」が肥大化して本質を見失っている感はございますが。)

さて、そんなビールでございますが。お好きな方なら良うございますが苦手な方には中々の苦行でございます。
苦味がどうしてもダメという方のために、簡単なビアカクテルにしてしまう小技をお教えいたしましょう。

1、 炭酸飲料と混ぜる
ポピュラーなところですとジンジャーエールと混ぜる「シャンディガフ」がございますが、
日本のビールと炭酸飲料は、以外となんでもお味が合います。
コーラ、レモネード、スプライト、サイダー。なんでもありでございますね。
割合1:1で混ぜ合わせるのがよろしゅうございます。

2、 ジュースと混ぜる
トマトジュースと混ぜると「レッドアイ」というカクテルになりますが、ジュースも色々合わせられます。どちらかと言うとトロッとしたもの、濃厚なものの方が合うようでございまして、桃やマンゴー、メロンなどが鉄板でございます。
オレンジやアップルなども良うございますが、甘さが足りない場合はちょっとシロップを足した方が味がまとまります。
3、 ワインと混ぜる
甘めの白やスパークリングが無難ですが、赤ワインでも行けます。
ロゼワインが一番向いている気が致します。絶品でした。
白かスパークリングなら1:1で。赤なら1:2ぐらいの比率がよろしいかと。
甘さが強い方が美味しいので、物足りなければちょっとだけシロップを足すのが良うございます。


そんな小技の数々でございましたが、
ご別宅でビールが余った際など色々ご活用いただければ幸いでございます。
「苦いのが嫌なら、カクテルにしてしまえば良いじゃない。」
かつてマリーアントワネット王妃もそう言っておりました。
ちょっと違った気も致しますが、多分大差ございません。
世間の荒波が理不尽ににがいびールを押し付けてきたとしても、
自らの手で美味しい飲み物を勝ち取って、ぜひ素敵なパーティをお楽しみくださいませ。
Filed under: 時任 — 22:00

止まり木

敬愛せしお嬢様へ。

嵐がひとつ過ぎる度に、秋へと一歩づつ近づいているようでございます。
肌寒い日もございましょうから、ご面倒でもお上着はお持ちくださるようお願い申し上げます。

さて、お嬢様には馴染みの場所というのはございますか?
街中のカフェの決まった席。河辺の眺め良きベンチ。あるいは庭園の木陰。
まるでもうひとつの家のように、そこに居れば一息つけるといった場所が人にはございます。
私にとってそれは長らくの間、とある地下のバーでございました。
数年前に疲れはてた身を引きずり歩いていたある夜に、漏れ聞こえてきた楽器の音に惹かれて足を踏み入れたそのバーに、いつの間にか日常の一部のように足を運ぶようになり、多くの夜をこの場所に身を浸して越えて参りました。

多くはただ良き音に揺られながら静かに。時には賑やかに、希に混沌とした、数えきれぬ夜を過ごしたこの馴染みの場所でしたが、看板を下ろし眠りにつくこととなりました。


私的にはもちろん残念でございますが、時間は大河のように流れ、人は常に歩みを進め、それと共に全ては移ろうものでございます。
ただただ多くの感謝をこのカウンターとバーテンダーに贈り、記憶の中に仕舞うと致しましょう。

多くの寛ぎと音と時間に感謝を。
バーとはその名の通り、止まり木のように一休みできる場所。
私も、多くのノイズに惑わされてその本質を失うことがないように、思い上がらず、表層に惑わず、されど妥協せず。

ただ歩んで行こうと思います。

Filed under: 時任 — 21:00

睡眠法

敬愛せしお嬢様へ
ドアを守っておりましたら喧しく蝉が鳴いておりまして、夏も本番だなぁと感じる日々でございます。
食が細くなりやすい季節にございますれば、少食なりともお食事はちゃんと三食お摂り頂くようお願い申し上げます。
(more...)
Filed under: 時任 — 22:00

鬼の笑うケーキ

敬愛せしお嬢様へ。

雨の季節となり、窓を流れる雨粒を眺める日も多くなっておりますでしょうか。
お出掛けがなかなか叶わぬとお嘆きやも知れませぬが、季節は文化を育むもの。こんな季節は屋内にて、溜め込んだご本を読まれたり、映画鑑賞を楽しんだりなさる時期とお考え頂き、お楽しみくださいませ。
(more...)
Filed under: 時任 — 22:45

魔女の心臓

ほどよく夏の暑さに近づき夜に窓辺で杯を傾けるには良い季節となってまいりました。お嬢様におかれましてはご健勝にお過ごしであられましょうか。

気をおかぬ友人と、ゆっくりと杯を交わす時間と言うのは大変楽しいものでございますが、ときには妖精の悪戯かふっと話題が途切れてしまい、奇妙な空白の時間が発生することもございましょう。

そんなとき、遊戯好きな私や友人たちでございますと、手持ちのゲームを酒の肴に時間を過ごすことが多うございますが、私どものようなジャンキーでもない限り、ちょうどよくゲームやカードを持ち合わせている…なんてこともございますまい。

然れば、今宵はカードもコインも何もなしで遊んで頂ける、簡易なゲームをご紹介致しましょう。


---魔女は敵が多すぎる。
魔女狩りの審問官、ライバルの魔女、狡猾な悪魔、獰猛な蛮人たち。
おちおち眠れもしないので、魔女はよくよく考えて、
魔法で自分の心臓を『あるもの』の中に隠してしまった。

隠した心臓を見つけられない限り、魔女は斬られたって焼かれたって死にはしない。
だけど、隠した心臓を見つけられたら、子供にだって退治されちゃう。
だから魔女は、大事な心臓を一生懸命隠すんだ。
森の木の葉のように深く降り積もる、言葉の森の中へ。ーーー



『魔女の心臓』というゲームでございます。
基本的なルールは簡単。いわゆるyes/no形式の探し物クイズでございまして、互いがこっそりと心の中で決めた『心臓の言葉』が何であるかを、「それは食べられますか?」「それは赤いですか?」など、yes/noで答えられる質問を重ねていき、当てるというゲームでございます。

普通のyes/noクイズと異なりますのは、ゲームを行うお二人とも、心の中で『何か適当なものの名前(=心臓の言葉)』を決めて頂き、互いに相手の『心臓の言葉』を探って頂くこと。そして、相手に質問をするとき、その質問に対する自身の『心臓の言葉』の答えを添えないとならないことです。

つまり「それは食べられますか?私はyesです。」「それは赤いですか?私はnoです。」というように、質問をするほど自身の『心臓の言葉』のヒントも晒してしまうわけですね。


では、具体的にゲームの流れに沿ってルールをご案内致しましょう。

<<<1.お互いに『心臓の言葉』を決定する。>>
お互いに心の中で「心臓の言葉」を決定します。
具体的には、とあるひとつの物を表す「名詞」を決定致します。
これは物でなければなりません。物理的に存在しないものはダメです。

お時間があるならば制限なしでも良うございますが、ゲームを簡潔にするため「いまお部屋にあるもの」「いま見えるもの」「お屋敷にあるもの」などの制限を決めておくことをおすすめ致します。

また、以下にここで「選ぶべきではない」言葉のルールを書き添えておきますが、常識的な範囲で『あるもの』を選べるならば不要なルールです。参考程度にご覧ください。


☆固有名詞は避けましょう。
個人名や商品名などの固有名詞は、キリが無くなるので使えません。
例えば「田中一郎さん」とか「ユーランダーパウダールビー」などを選んだら、いつまで経ってもゲームが終わりません。
つまり上記の場合なら「田中さん→人間」「ユーランダー→ティーカップ」となります。

☆部分、複数あるものの一つ、細分化されたものは使えません。
細かすぎるものも同上の理由で使えません。
「右手の人差し指」とか「タンスの三段目」「トランプのハートのエース」などは使えないわけです。それぞれ「人間」「タンス」「トランプ」と扱われます。
同様に「棚の右から四番目のグラス」「自分の座ってる隣の椅子」「右斜め前の年配の男性」なども使えません。同じようなものが複数存在するものは、まとめて一つの名詞として扱われます。上の例なら「グラス」「椅子」「人間」となります。

☆抽象的すぎるもの、くくりが大きすぎるものはご遠慮ください
「生物」「世界」「家具」など、該当するものが多すぎる単語や抽象的になる単語は避けた方が無難です。


<<<2.お互いに質問を行い、『心臓の言葉』を探る。>>>
交互にyes/noで答えられる質問を行い、相手の『心臓の言葉』を推測していきます。
どちらが先に質問するかはじゃんけんなどでお決めください。

答える側は絶対に嘘をついていけません。
ただし『心臓の言葉』や質問内容によってはyes/noで答えられない場合があります。そのような場合は「どちらとも言えない」「ごくまれにyes」「そうである場合もある」など、自由に言葉を使って答えて構いませんが適切な表現になるよう努力する義務があります。

例)心臓の言葉が『バラ』で「それは食べ物ですか?」という質問。
エディブルフラワーなど食べるバラもあるので「そうである場合もある」と回答。

こういう中庸な回答が多いとズルいとお考えかもしれませんが、
実はこういうyes/no以外の回答が返ってくる方がヒントとしては有益です。
その質問が明確に答えられないものは何なのか、どういうニュアンスの回答であったか。それらをよく考えてみましょう。


また、質問を行う際、質問の最後に自身の『心臓の言葉』の場合はyesかnoかを必ず言い添える必要があります。自身の答えがyes/noで答えられない質問をすることはできません。

例)「それは赤いですか?私はnoです。」
悪い例)「それはお店で売っていますか?私はどちらとも言えません。」


<<<3.相手の『心臓の言葉』がわかったら、宣言する。>>>
『心臓の言葉』がわかったら、タイミングを問わず宣言できます。
「あなたの心臓は『○○』だ!」と、相手を指差し宣言してください。

正解だったらゲームセット。当然、当てた人の勝利となります。
外れだったらゲーム続行。ただし外した側はペナルティとして、質問をひとつ一方的に受けなければなりません。
「それは赤いですか?私はnoです。」ではなく、「それは赤いですか?」とだけ質問されるわけですね


文章にすると意外に長くなってしまいましたが、やってみると単純かつ奥深いゲームでございます。

交渉力、洞察力も鍛えられますので、ぜひお友達と試してみてくださいませ。

今宵もよい夜でありますように。


Filed under: 時任 — 20:00

ガーデンジュレップ

敬愛せしお嬢様へ。
ようやく春らしくなってきたと思えば、いささか陽の強さが過ぎるように思えるこの頃でございます。

来月…5月の13日に久方ぶりにお屋敷本館にてオリジナルカクテルをご用意させて頂くことと相成りまして、徐々に準備を進めております。

お酒の調合のみならず、時任が好んで修めておりますハーブの技術を駆使して、春の新緑にちなんだジュレップをご用意させて頂こうと考えており。どうにかハーブの調合もまとまってまいりました。

添えましたこの写真が、今回のカクテルに使用するハーブたちでございます。
彼らが良き味や香りとなって、お嬢様に爽やかな緑の庭園のごとき世界をお届けできますよう、調合に勤めまいります。
カクテル『新緑のガーデンジュレップ』、どうか楽しみにお待ちくださいませ。


…え?ハーブを調合する姿がとてもアンダーグラウンドっぽい?
自覚してます。だから通報だけはやめてくださいませ。後生ですから。
Filed under: 時任 — 22:30

秘伝のホットウィスキー

敬愛せしお嬢様へ
暦は春を刻めども、まだまだ寝床の暖かさが恋しい冬の日々、いかがお過ごしでしょうか。

冷えます日には、室内に辿り着いたときに手にする暖かい飲み物が至福でございますね。
当館にお戻り頂いたときには、いつでも暖かな紅茶がございますが、
お別宅に戻られたときのひとときや寒い夜のために、ウィスキーを使った秘伝のレシピをお届け致します。

まず一杯分のレシピですが、以下のようになります。
 ウィスキー30ml
 熱湯90ml
 はちみつ スプーン2杯
 レモン 1/8個を入れて潰す。
 オレンジなど好きな果物 1/8個を入れて潰す。

このときウィスキーは、慣れてない方であればバーボンウィスキーが良うございます。
逆にウィスキーを愛する方であれば、アイラなど様々なスコッチウィスキーの個性を合わせてみるのも愉快かと存じます。

また、先ほどのレシピを×4倍ぐらいにしていただき、ミルクパンなどで暖めて皆でお召し上がり頂く方がお勧めでございます。
より全体が熱せられ暖かくなりますし、味も良く染みてくれます。

「好きな果物」はだいたい何でも美味しくなります。
スタンダートにオレンジ。イチゴやブルーベリーなどのベリー系。ぶどう。桃。バナナ。グァバ。キウイ。さくらんぼ。それぞれ個性があって美味しゅうございます。
ただ、ライムとパイナップルは、個人的には今一つ合いませんでした。


裏バージョンというほどではございませんが、ウィスキーをブランデーやラムに変えてもよいお味でございます。
秘伝のお酒レシピで。冬の残り香を乗り越えていただけたら幸いでございます。


☆ミルクパンなどで暖めるときは、すべての材料を混ぜてから火にかけてください。お酒だけを火にかけるのは危険です。
☆加熱は湯気が出る程度までにとどめ、加熱しすぎないようご注意ください。もし鍋の水面に着火した場合は、慌てず火を止めて冷まし、温度を下げればすぐに消えます。
☆周囲の火気や換気にご注意下さいませ。
Filed under: 時任 — 13:00