葉月

暑さがひときわ身に染む毎日でございますが、お嬢様いかがお過ごしでしょうか。

乾でございます。

 

まだまだ暑い盛りでございますが今月の7日は立秋となりますので暦の上では初秋でございます。

8月は葉月と申しますが、葉が紅葉して落ちる月「葉落(はおち)月」から「葉月」となったと言われております。

紅葉で葉が落ちるのは秋ではないかと思われるかもしれませんね。

旧暦では、8月は秋なのでございます。

 

また、8月は「葉月」以外に「萩月」「秋風月」「月見月」「子染月」「雁来月」「草津月」「燕去月」といった秋を連想させる別名がございます。

 

こんな事を認めておりましたら、何かとても秋が恋しくなってしまいました。

早く涼しくなってほしいものでございます。

 

さて、今月は夏の花、向日葵の折り紙でございます。

 

 

お気に召していただけましたでしょうか。

 

では、お屋敷にてお嬢様のお帰りをお待ちしております。

夏休みの思い出

お嬢様、おぼっちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。室井です。

早いもので今年ももう7月が終わりを迎えます。
私は気温が高い、湿度が高い、日差しが強い、虫が多い、そんな夏が苦手なので早く秋が来てくれる事は大歓迎なのですが、やはり秋や冬の空気にはわくわくと同時にどこか少しだけ寂しさを感じるような気がいたします。
個人的にはそんな少し寂しげな空気も含めて冬が好きなのですが。

今年の夏も残すところあと1ヶ月ほど。
8月といえば夏休み真っ只中でございますね。

私の地元では9月の中旬に街総出で開催されるとても大きなお祭りがあり、小学生、中学生の頃はそのお祭りの準備に勤しんでいた記憶がございます。

そのお祭りでは「夜山車」と呼ばれるものに乗り、町内を練り歩くのですが、その夜山車には毎年様々な手作りの像を載せて曳き回します。
また、参加している子供たちの家の近くや町内の広い場所で夜山車を停めて流行りの音楽に合わせて踊るのですが、代々子供たちの間で受け継がれるその踊りを下の代の子たちに教えたり、自分達で新しい音楽に合わせて踊りを考えたり、夜山車に載せる像を作ったりと夏休みの大部分を使って準備を行なっていました。

今思うとなかなか独特な文化だったような気もするのですが、とても良い思い出として残っております。

 

お嬢様方は何か特に記憶に残っている夏休みの思い出などはございますか?
よろしければお屋敷でお聞かせください。

吸血鬼からのプレゼント

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。
加藤でございます。
暑さは一層増すばかり、熱中症に注意しなければならない季節になりましたね。
こうも暑くなりますと様々な暑さ対策を講じなければなりません。

私はと申しますと
此度、2年ほど前から購入を検討してはやめ検討してはやめを繰り返していた「日傘」をとあるきっかけでついに手に入れました。
いざ使ってみた感想としては

涼しい!!!!

の一言でございます。
日差しが直接当たらないだけでここまで涼しくなるのか、反対に夏の日差しはここまで暑くするのか、
を実感致しました。
今まで日陰を探しながらふらふらと歩いていた道も
これからは日差しを気にすることなく歩くことができます。

近年では暑さも酷く生活様式が変わり日傘をさす男性も少しづつ増えているようで、
世間では「日傘男子」という言葉も生まれたようでございます。

ということで今季はお屋敷の日傘男子の名を背負って仕えて参りますので宜しくお願い致します。

お嬢様、お坊ちゃまにおかれましても
お身体を大切に、十分お気をつけてお過ごしくださいませ。

日陰

お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございます。

暑い日々が続いておりますが、こまめの水分補給を怠らず熱中症など体調を崩さないようお気をつけ下さいませ。

私は外出する際、なるべく太陽光を浴びないよう日陰を歩いております。
なので日陰を見つけると、あちらへちょこちょこ、そちらへちょこちょこと移動しております。すると、なんてことでしょう。目的地まで少し時間が掛かってしまうのです。

今は日陰を作る便利な道具、日傘がございます。
私がお嬢様やお坊ちゃまの為に日傘を差す事は出来ますが、私自身の為に日傘を差す勇気はまだございません。

なので、今後も日陰を見つけてはちょこちょこと移動する日々が続くでしょう。

日陰さん、これからもお付き合い宜しくお願い致します。

睦月

ただいま帰りました

お嬢様、お坊ちゃまご機嫌麗しゅうございます。

御崎でございます。

しばらくお屋敷を留守にしてご心配をおかけして申し訳ございませんでした。
久しぶりにティーサロンで給仕をした際変わっていることも多くございましたが、見た目の変化などはあれど、お嬢様、お坊ちゃまの特にお変わりなくお元気なお姿を拝見出来ましたのでとても安心致しました。

少し間が空きましたが、また初心に立ち返って、新しい気持ちで、また以前学んだことも活かしながらよりよい給仕を出来るよう精進して参りますので、よろしくお願い致します。
最近は暑くなったかと思えば、雨が降って少し冷える日、そうでも無い日ととても予想がつかない日が続いております。
どうかお身体にはお気を付けてお過ごし下さいませ。

夏のコーヒー

ご機嫌麗しゅうございます。
西槙でございます。

すっかり夏の暑さに包まれて毎日大変な日々でございますね。
くれぐれもお体にはお気をつけくださいませ。

さて、そんな夏の日々でございますが、ただ暑いだけでなく、様々な風物詩を楽しむこともできますので実は私はかなり好きでございます。

今回はそんな風物詩の中の一つを日誌にて綴らせていただきとうございまして、それは水出しアイスコーヒーでございます。

私が普段使う豆は決まってキリマンジャロでございまして、少し深めに焙煎したものを細かく挽いて淹れたコーヒーは朝の一杯にピッタリでございますし、一般的な水出しコーヒーで使うものよりもややあら目に挽いた豆を使えば爽やかな酸味とスッキリとした飲み口で夏場の水分補給にぴったりのものが出来上がります。

なにやら最近では氷出しコーヒーなるものも流行りだしているようでございますので、そちらにも挑戦してみたいと存じておりますので、またなにか発見がございましたら改めて日誌にてお伝えできればと存じております。

西槙

国道134号線

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌いかがで御座いましょう、金澤でございます。
夏の男を自称しておりますが、ここ数年の尋常ではない暑さに夏の男パワーを失い気味の今日この頃でございます。

さて夏のイメージと言えば何を思い浮かべますでしょう?
お祭りに縁日、海水浴や花火大会、山でバーベキュー、ビアガーデンで生ビール等、まだまだ色々あります。

私が一つだけ夏の代表イメージを選ぶとするならばやはり海でしょうか、思い出がいっぱいあります。


ーーーー

134号線、夏にはたくさんの海水浴客が訪れる東京湾側の三浦海岸や、相模湾側の湘南海岸沿いのルートです。
昔から多くの映画やドラマやコマーシャル、青春漫画や楽曲の舞台となり特に夏の物語に多く登場します


ーーーー

10代の頃、最初に原付免許をとりました。そこからコツコツ貯めていたお金で最初にオンボロでしたがスクーターを手に入れました。
そして夏休みの日、初めてツーリングとして出掛けたのが134号線を通るルート、ずいぶん昔の話ですがその時の事は鮮明に覚えています。今思えば古いスクーターでパワーも全然なかったのですが、目の前の世界が一気に広がる感覚は本当に翼を手に入れたようでした。

私にとりまして思い出の道、今でもぶらりと出掛けるルートです。
おすすめはまだ街が起きる前の明け方です。休日の日中は渋滞が激しいのでそこを避け、夜中ですと海が見えないので空が明るくなりはじめてからが良いです。
都内もそうですが、まだ街が動き出す前の早朝ってオートバイでも車でも走っていてなにか得した気分になり気持ちが良いのです。

夏の早朝で思い出しましたが小学生の頃、夏休みにラジオ体操はなさいましたか?
よく寝坊したなぁ。

『 希望の轍 』♪