メッセージカードのご依頼につきまして

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様、お坊ちゃま。
執事喫茶スワロウテイルの諏訪野でございます。

当家フットマン、羽瀬へのメッセージカードのご依頼は6月2020時迄とさせていただきます。

尚、本人からの手渡しが叶わぬ場合もございます。
誠に恐縮ではございますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

翼になりて天翔る

お嬢様!
突然ですが、私、
天ノ川の水質調査へ赴かなくてはならないので、
少々地球を留守にします!

天ノ川の水で入れるアルセードは、どんな色をしてどんな味なんでしょうね?
レポートをお待ちくださいませ!

 

 

 

え?
なんですか?
それだけかって???

伝えたいことが無いのでは無く、
有りすぎるのです。

私にとってのティーサロンは
この日誌に書ききれるような、
小さな世界ではございませんでした。

お戻り頂く一人ひとりに対して、
思い出があり、心の器があります。

 

本当にキリがないのです。
お嬢様一人ひとりの表情、お声、仕草、癖、
何をとっても貴女は貴女だけなのです。

ですから、少しでも多く、
私の時間が許す限り、
お嬢様の姿をお見せ下さい。

お姿をお見かけするだけでも、
私はほっとするし、
『今日はお召し物やメイク、こんな感じなんだ!趣味が変わったのかな?頑張って早起きしたのかな?』
と、思いを巡らせることが
私の日々のウキウキなのです!

 

そんなに観察しないでくれ、と?

もうあと数日のことですから、
お許しください。

 

そして、ティーサロンの他の使用人には
大変お世話になりました。
先輩からすれば、生意気で扱いずらかったであろうし、
後輩からすれば、変な人だったことでしょう。

そんな私と一緒に給仕してくれたこと、
本当に感謝の限りでございます。
ありがとうございます。

きっと天ノ川の美味しい水を持ち帰りますからね!
お茶にお酒にお使いください!

はぁ、改めて同期くらいの使用人たちの中で
私が最後になってしまったんですね。
彼らも元気にしているでしょうかね?
旅立つ前に手紙でも出してみましょう。

3年半という長い月日、
大変勉強になる日々でございました!

そして最後にお嬢様、
使用人らしくは無いかもしれませんが、
私からの言葉を受け取ってください。

どんな時でも楽しむことを忘れないでください!
お嬢様は使用人の事を労わるあまり、
時に我慢をしすぎる時はございませんか?
それを解決する手助けをするのが、
我々の仕事でもありますが、
お嬢様自身で解決出来ることも、
ございます。

『私が私として楽しくある為に、
誰かの為、何かの為、私の全力を注ぐ。』

趣味や好きな物全般に言えることだと思いますが、
気付くと忘れていること、
よくありますよね。

どうか変わらず楽しいティータイムをお過ごしください!
使用人たちを信じて、
我々はそれに応えましょう。

伝えることはこれくらいです。

さて、湿っぽいのは嫌いなので、
笑って見送ってくださいませ!

翼を得、羽ばたくことを知った鳥は、
本能のままに飛んでいくのです。

 

どうぞ私が戻った時には、
『笑顔』でお迎えいただければ
嬉しゅうございます。

ではまた。

羽瀬

 

あ!!!裏山の管理はだいたい自動化したので!大丈夫だと思います!
小屋の望遠鏡を覗くと私が見える、かも?