お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

使用人の喉を潤す事と紅茶を淹れる練習を兼ねて、
日常的に使用人達に紅茶をお作りしております。

たまにはと趣向を変えまして
ミルクティーをお作りしたのですが、
それだけでは面白みが御座いません。

そこで私は密かに
紅茶に手を付けた使用人を、
十二支に当てはめておりました。
そちらの結果を書かせて頂きます。

まず初めに参りましたのは、
お給仕を手早く済ませて私のもとへ来られた
子(ね)の室井。
手早く紅茶を飲み、「ご馳走様です」と手短に感謝を述べ、
そして素早くお嬢様の元へ戻られました。

続いて参りましたのは丑(うし)の隈川。
一挙一動に焦りを見せない隈川は
紅茶を飲む姿さえ優雅で御座います。
「しっかりミルクもシュガーも入れてるのに、
ビターな雰囲気で美味しいね」とこの様に、
いつも紅茶の感想を言って下さいます。

すると私の後ろでは寅(とら)の水道橋が
虎視眈々と狙っておりました。
普段は甘い物を避けておりますが
ビターという単語を聞いてか
召し上がって下さいました。
そして「成程…」と一言。
紅茶係に任命されて
しっかりと勉強されております。

少し時間が空いて卯(う)の月城が来られました。
ミルクティーを見るやいなや心をピョンピョン弾ませて、
「日向さん………最高ですね!!」と
美味しそうに召し上がって下さいました。

そんな月城とは対局の様な
辰(たつ)の環が静かに強いオーラを放って
来られました。
意外にも甘い物を好まれる様で
「うん、美味しい」と言って下さり、
少しだけ距離が縮んだ気が致します。

続いて巳(み)の藤堂執事来られました。
藤堂執事が獲物を見つけた蛇の如く紅茶に目をとめて
「これ、飲んで良いんですか?」と、
私が「甘いですが大丈夫ですか?」と聞くと
藤堂執事は「私ミルクティー大好きなのよ」と。
可愛いらしゅうございますね(ご本人の前では言えませんが…)

ここで紅茶が空になってしまいました。
もう一戦とも思いましたが
ここまでに致しました。
機会が御座いましたら
続きを書かせて頂くかもしれません。
それに致しましても、
皆、様々な反応をしていて
私も作りがいが御座いました。
Filed under: 日向 — 22:00

スワロウテイルも衣替え

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

季節の変わり目と共に
お屋敷でご用意しておりますピュアティーの茶葉が
いくつか変わっております。

ランカー(ディンブラ)
リオン(ウヴァ)
アンバー(ルフナ)

上記の3種で御座います。
どちらもホットミルクティーで美味しく召し上がりいただける紅茶で御座いますので、
今の季節にピッタリで御座いますね。
私も試飲しておりますがまだまだ未熟故に
しっかりと魅力をお伝えするまでに至りませんので、
ご興味をお持ち頂けましたらお試し下さいませ。

紅茶係に新たなメンバーの水道橋を加えまして、
お嬢様方の身体を温める紅茶をご用意致します。
お早いご帰宅をお待ちしております。
Filed under: 日向 — 22:00

童心に帰る

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

今年の花火はご覧になれましたか?
私は残念ながら拝見しておりません…
そんな私の花火の思い出話を書かせて頂きます。

私が初めて花火を拝見致しましたのは、
私の故郷で毎年開かれる花火大会で御座いました。
失踪癖のある私は六つになるまではお留守番を任されておりましたので、
それまでは花火の音を聞くだけで御座いました。
六つになる年を迎え、ようやく花火を目の前にした私は、
花火の美しさより爆発音と空気の振動にただ唖然としておりました。
クライマックスで天を覆う程の菊星が夜空に咲き、
花弁がこちらに落ちてくるのではないかとドギマギ致しました。
聞こえてくる音が、花火の音なのか自身の心臓の音なのか手で確認した覚えがございます。
今も尚、
花火を拝見しますとあの時の記憶を思い出し、
人目を盗んで胸に手を当てております。

ふと思いついたのですが花火に花言葉をお付けになるのでしたら、お嬢様方はどのような言葉をお付けになるのでしょうか…
Filed under: 日向 — 22:00

オバケの正体

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

ひと月前の日誌を覚えておいででしょうか?
お屋敷内で流れた奇妙な噂のオバケの正体が分かりました。
ある使用人が蓋が噛んでしまったティーポットと悪戦苦闘している時に、
カタカタと音がスワロウテイル内に響いてしまっていた様で御座います………申し訳御座いませんでした。
あの時八幡が飛んで参りまして
注意を受けました。
勿論、足は地面に着いておりましたが。
何はともあれ、
お嬢様を脅かす者が居ないとなれば
安心でございます。
私も一人で眠りにつく事が出来ます。
でもオバケより八幡の方がこわk………
お騒がせしました、それでは失礼致します。
Filed under: 日向 — 22:00

日常に忍び寄る影

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

最近お屋敷内で奇妙な噂が流れております。
当お屋敷のティーサロン スワロウテイルで、何処からともなくカタカタと音が聞こえてくるそうで御座います。
私は有難くも紅茶係を務めさせて頂いておりますが、その様な音を聞いた覚えが御座いません。
お嬢様方はお聞きした事が御座いますでしょうか?
割れてしまった茶器が九十九神となってしまった等と尾ひれをつけて噂が広まっております。
このままではお嬢様が安心してティータイムを楽しむ事が出来ません!!
ですので私が体を張って真相を突き止めて参りたく存じます。
Filed under: 日向 — 22:00

和菓子の日

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

6月の記念日に和菓子の日がございます。
平安中期の承和年間、国内に疫病が蔓延致しました。
仁明天皇は年号を嘉祥と改め、その元年(848年)の6月16日に、16個の菓子や餅を神前に供え、疾病よけと健康招福を祈る嘉祥の儀式が行われました。
コロナウィルスの影響はまだ続いております。
お嬢様、お坊ちゃまの息災を祈りながら、大好きな最中をツイルフォードと一緒に楽しむ事に致しましょう。
Filed under: 日向 — 22:00

無題

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

ポツポツと降る雨が、梅雨が近づいているのを知らせている気が致します。
そこで私は、梅雨に備えてポツポツと水回りの掃除を始めております。
手始めにバスルーム、掃除の基本は上からでございます。
バスルームの天井を見ますと、何やら黒い点がポツポツと……黒カビでございます。
私は台に乗り棒の付いたスポンジで天井の汚れをゴシゴシと落としておりましたが、なかなか骨が折れますね。
「あぁ…骨が折れる骨が折れる、足を滑らせたらきっと骨が折れる」と
独り言をポツポツと零しながら、物理的には滑らずに掃除を終えました。
Filed under: 日向 — 22:00

不屈の紅茶愛

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

2月にはバレンタインが御座いましたね。

バレンタインと申しますと歩兵戦車、、

という事でイギリスの戦車について調べておりますと、
なにやら戦車の車内で紅茶が作れるそうでは御座いませんか!!

その昔、ノルマンディー作戦で上陸したイギリス機甲部隊が車外にてモーニングティーをしておりましたら、ドイツ軍に襲撃され壊滅状態になってしまったとの事です。

こちらを教訓として、センチュリオン戦車から給湯機を搭載し、車内で紅茶を淹れられる様になったそうで御座います。

ですが戦車の車内は大変狭く安全性と結露防止の為、お湯の温度は83度が限界の様で御座います、、、が、緑茶を淹れるには適した温度で御座いますね。

もし、戦車内でティータイムをなされる際、私は緑茶をオススメ致します。
Filed under: 日向 — 22:00

日向のミルクティー

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

お寒う日が続きますと、温かいミルクティーを召し上がりたくはございませんか?
今は旅立ってしまわれた私の紅茶の師匠に美味しいと言って頂いたミルクティーをご紹介致します。


・1ポットに対してディンブラの茶葉を1.2g

・湯量はポットの半分ほど

・蒸らし時間は5分

・温めたミルクをポットのもう半分
(シュガーはお好みで)


少々贅沢な淹れ方ではございますが、ロイヤルミルクティーと比べ、お手軽にお淹れ出来る物を私なりに考えさせて頂きました。
よろしければご別宅でお試し下さいませ。
ですが、くれぐれも火傷にはご注意下さいませ。
失礼致します。
Filed under: 日向 — 22:00

ティーサロンに射す陽光

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

日中もお寒くなって参りまして、日向が恋しゅうございますね。
ひなt………本日は大変冷え込みます。
体調を崩されませぬよう何卒ご自愛くださいませ。

そのような日にはティーサロンにお越し頂き、私の紅茶で暖まって行かれませんか?

ご存知なお嬢様もいらっしゃるとは存じますが、紅茶はインフルエンザや風邪の予防にも良ろしゅうございます。

椎名の様なお熱う紅茶をお出し出来るよう精進して参ります。
お待ちしております。
Filed under: 日向 — 22:00