宝塚歌劇月組公演「エドワード8世」「Misty Station」霧の終着駅

藤堂でございます。
宝塚ファンのお嬢様方ご覧になられましたでしょうか?
トップの霧矢大夢(キリヤン)ヒロインの蒼乃夕妃(マリモ)の
宝塚ラストステージです。


どの組にもそれぞれの個性がありますが、藤堂はこの二人のコンビ
が一番好きでした。二人の息がぴったりと合い踊り、歌唱力も抜群で
安心して見ていられました。二人のデュエットの踊りは特に心を
打たれるものがありました。再び見ることができないと思いますと
寂しい限りです。さてラストステージのはじめは「エドワード8世」
よく知られている物語です。20世紀初頭の英国王室の皇太子
デイビットは気さくな人柄とモダンな感性で国民に支持され
好かれていました。その人柄が災いして女性関係にも誤解される
ことが多くありましたがデイビットは一人の男性として自分を
愛してくれる人を探していました。デイビットの弟ケント公爵
ジョージの結婚式でラオリスに再会します。ラオリスは偶然夫の
浮気を知り茫然としているとデイビットが見つけ話しかけラオリスは
人妻であり愛してはいけない人でしたが、お互いに心惹かれて
いきます。さて物語がどんなふうに展開していくのでしょうか。
ついにデイビットが国王エドワード8世になる日が訪れてきました。



ブリリアントステージ「Misty station」霧の終着駅
斉藤吉正作・演出、霧矢大夢のためにつくられた作品です。
花も嵐も困難も経験してきたトップスターがこの世界を去っていきます。
1994年に初舞台を踏んだ霧矢大夢・宝塚歌劇80期生がファンに
惜しまれつつ宝塚を去っていきます。
二度と観られない霧矢・蒼乃のサヨナラステージ是非ご覧くださいませ。
きっとお嬢様に幸せな時間を与えてくれます。
DVDはいつまでも残りますが、生の舞台はその時のみです。霧矢・蒼乃
のコンビにさよならの拍手を心から贈ります。




藤堂
Filed under: 藤堂 — 21:30