宇宙こま

何ごとも決めつけてかかるのは良いことではないと、学童の
時分に教わったことを思い出しました。
早くに教わる物事ほど肝要なこともございません。

しかし、今年の暑気のなんと頑ななことでしょう。
暑気を払えと、柳蔭のひとつもあおりたいものでございますが、
さすがにお嬢様にはお持ちするわけには参りませんか。
冷やし飴か酸梅湯でもお持ちいたしましょう。
ご機嫌いかがでございますか。
伊織でございます。



甘いものが苦手なわたくしではございますが、暑いさなかに
すする葛きりは格別なものがございます。
見目も涼しく、くちびるを滑る感触の心地よさに黒蜜のやさしい
甘み。日本茶ばかりでなく、あえてヌワラエリアや上質の
ラプサンスーチョンなどと合わせていただくのも面白いものでは
ございませんか。

夏には葛きり、冬には葛湯と、一年を通して一息つかせてくれる
葛ではございますが、その花の時期はちょうど今時期にございます。
いまだ日差しの力強さを写し、一面を塗りつぶす緑は雑草のようにも
見えましょうが、緑を突きやぶる藤色の角を見つけられれば、それが
葛の花であると知れます。

お嬢様は葛に白色の花もあることをご存知でいらっしゃいますか。
わたくしは先に申しました藤色の花色しか存じておらず、緑の中に
白い角を見つけた際には、まったく見知らぬ花ではないかと、図鑑を
ひいて驚いたものです。

当たり前という言葉は便利なものではございますが、わたくしは
その言葉の意味がいぶかしくてなりません。
自らの道理だけを信じるということも、疑問を感じずにはいられません。
まさか各務が、あれほど回転するなどとは、それまでのわたくしの
信じた「当たり前」では捉えられなかったのです――。
Filed under: 伊織 — 22:42