桃の節句を過ぎても・・・・。

皆さま、お健やかでいらっしゃいますか?
とうに過ぎてしまいましたが、お嬢さま方、ひな祭りは楽しまれましたでしょうか?



桃の花言葉は「気立てのよさ」。当家のお嬢さま方には実にふさわしい花ではないかと存じます。
古来、桃の花には邪気をはらう力があるとされております。
ご存じでございましょうが、昔話の「桃太郎」は桃から産まれましたし、そう言えば、三国誌の英雄・劉備が、関羽・張飛と義兄弟の誓いを交わしたのも、咲きほこる桃の木の下でございました。
当家の庭園にも、申すまでもなく見事な桃の木が植えられております。
ひな祭りは過ぎましたが、桃のつぼみが開くのは、まだまだこれから先でございます。春本番を迎えましたら、どうぞお散歩がてらその絢爛たる花の盛りをご鑑賞くださいませ。
さて、いま私の手元には、芥川執事からいただきました銘酒が一本ございます。
桃の花びらはございませんが、代わりに酒杯に梅の花びらでも浮かべ、お嬢さま方が日々楽しく過ごされますように祈りながら、美酒を味わうことにいたしましょう。
それでは、このへんで失礼いたします。
Filed under: 司馬 — 19:30