はったーやってはったー

皆々様に申し上げます。
いかれた奴らのたまり場、それが!
ティーパーティー!
陽気に、愉快に、キリッと、無様に、
バター! 塗りたくって、
シュガー! 山盛り入れて、
ジャムもたっぷり、ティーも勿論!
マスタード? なんている訳ない!
バンザイ、この世のパラダイス!


……などというのには、飽き飽き致しました。
甘い物にも茶の味にも、うんざり。
元より帽子作りで、いかれたこの頭。
癒すのには何もかもが白々しいものでした。

そんな時、我々の脳髄を満たすのは!
やはり酒、それに他なりません。

溺れに溺れ叫んだ時には、もう哀れ。

「紅茶なんて馬鹿馬鹿しい!」

祖国において紅茶を馬鹿にすることが、
どれだけのことなのか。
忘れていた訳ではないのです。
ただ私には、必要がない。
役に立たないものであった。
それだけの事なのです。

私は、紅茶反逆罪で
この牢獄に叩き込まれ、
あえて申し上げれば
そのおかげで皆様と顔を合わせることが出来ました。

笑顔を拝見出来ること。
心からの喜びです。

楽しい宴に致しましょう。
永遠に笑って頂けること、
それに疑いはございません。
ティーパーティーではなく、宴の夜を。饗宴に次ぐ饗宴を。
ヴァルプルギスに誓いを立てて、
終わらない時を踊りましょう。

さぁ、疑わずに。
こちらに手をお伸ばし下さい。
共に、優美に、いかれましょう?

…………

才木でございます。
ハロウィンパーティーお楽しみ頂けたでしょうか?
楽しんで頂けたなら幸いです。

現実では溺れない程度に、
愉快に嗜みたいものだと存じております。

お祭り気分が何時までも続くのは
良くございませんから、
この辺りで一つ締めの乾杯を。

今年も残り二ヶ月程でございますが
改めてよろしくお願い致します。

お嬢様方に最大の敬意と、
深い親愛の心を。

愛情は深く。

才木
Filed under: 才木 — 22:00