文月

垣根の朝顔も咲き始め暑い日が続いておりますが、お嬢様如何お過ごしでしょうか、乾でございます。

七月は梅雨の時期が終わり暑い夏が始まり、行事としては七夕等がございますね。

また、7月は文月と申しますが由来や語源が諸説ございます。

その中でも「文被月(ふみひろげづき)」が短くなって「文月」になったという説が有力でございます。

「文被月」は文を広げて晒す月という意味がございまして、七夕に願い事や詩歌を短冊に書いて笹に飾る風習をさしております。

最近では「メール」や「LINE」等を多用し、お手紙等を書かれる方が
少なくなっていらっしゃるとか・・・

さて、お嬢様はきっと七夕に願い事をされる事でございましょう。

良い機会でございますので日頃の感謝のお気持ちをご家族やご友人にお便りをしたためられましたら如何でしょうか。

きっと、とてもお喜びになられる事と思います。

お相手の事を思いやりながらしたためる手紙の良さを今一度お考えくだされば幸いでございます。

では、お嬢様のお帰りをお待ちしております。
Filed under: — 22:00