古谷でございます

グラスに残るその香り大きく吸い込み、もの思い追憶します。







新緑は芽吹きいつしか月まで届くほどに伸び




幼くは漠然と悲しんでいただけのその味を噛みしめること。それがオトナになるということなのだとしたなら





後をひくほろ苦さや



胸が熱くなるほどの甘美





若葉の頃。
計り知れぬ苦楽一如のその味を、酔狂に求める
そんな木漏れ月の夜。



今宵は「BOUBON」傾け大人の夜を。




古谷

Filed under: 古谷 — 22:00