旅ノ最終章

イタリアの旅6日目はオプションでナポリ、ポンペイに行きました。

ナポリはローマから200km離れた都で世界3大美港の一つでとても美しい所でした。バスから降りて港での短い時間でしたが白い船が浮かび魅惑のの港でした。もう一度行ってみたいと思いました。

ポンペイはヴェスヴィオ火山の麓、サルノ川河口にあり古代には交易が盛んな港でした。紀元79年のヴェスヴィオ火山の噴火によって町は一夜にして埋没。その後の発掘で裕福な商人の家、浴場、円形劇場、建造物、美術品が出て参りました。メインストリートを歩き当時は賑やかな町だったのではと思いを走らせました。






見学が終わって遺跡から出てきますと果物が豊富に売られていました。イタリア旅行をされましたら是非行っていただきたい街です。




最後はイタリアの首都ローマに参りました。旅に出る前にオードリー=ヘップバーン、グレゴリー=ペックの映画「ローマの休日」を観ました。何回見ても心温まる楽しい物語です。オードリー=ヘップバーンの若く美しく可愛さは今でも目を閉じるとタイムスリップしたように感じられます。グレゴリー=ペックの新聞記者の心温まる演技も懐かしいです。日本の舞台で大地真央がアン王女をオードリーそっくりに演じたのも楽しかったです。スペイン広場、アン王女がジェラートを口にした場所ですが今は飲食が禁止になっています。トレヴィの泉、泉に背を向けてコインを投げ入れると再びローマを訪れることが出来ると云われています。コロンナ宮殿「ローマの休日」のラストシーン、記者会見が行われてアン王女と新聞記者が別れる。なんとも寂しい映画の場面です。ローマに行かれる機会がありましたら是非映画「ローマの休日」をご覧になってお出掛け下さいませ。一層印象深い旅が楽しめると思います。







長々とありがとうございました。また『旅』をしたいと思います。藤堂でございました。
Filed under: 藤堂 — 10:25