たまにはデザートワインでも。

司馬でございます。
皆様、お健やかにお過ごしでございますか?

強烈な暑い日差しをうけることもございますが、心地よい涼風が吹くこともございまして、まだまだ夏本番には遠いようでございます。
いまの時季は、庭園にテーブルを持ち出し、冷えた白ワインで喉を潤すのもよろしゅうございますね。




さて、つい先日のことでございます。

二十年来の旧友から、山形土産に「月山山麓 NIAGARA」という白ワインを一本頂戴しました。
早速、一口含んでみたところ、ずいぶんと甘口で、これはデザートワインではないか?と感じました。
正直なところ、あまりにも甘いワインは苦手でございまして、一杯飲み干すのも苦労するところでございます。
そこで、ほんの少し気まぐれをおこしまして、こっそり厨房でレアチーズケーキをわけてもらい、マリアージュを試してみることにいたしました。


驚きました。
なんの変哲もないチーズケーキが、ワインと一緒になることで美味しさが増し、また、ワイン自体の強い甘さもケーキによって相殺され、充分に風味を楽しめることができました。


告白すれば、デザートは濃い目のブラックコーヒーと合わせるのが常で、デザートワインというものは、ただ甘いだけのお酒と、心のどこかで軽視しておりましたが、目からうろこが落ちた思いでございます。
いまさらながらではございますが、デザートワインは、やはりデザートと一緒に楽しむものでございますね。


当家には、「アイスエッセンス 氷の妖精 ロゼ」というおすすめのワインもございます。
お酒を愛する方は、つい辛口を好みがちではございますが、いまだお試しでないお嬢さま方、たまには、デザートプレートと甘口のワインのマリアージュというのは、いかがでございましょう?
お嬢さま方に新たな口福の喜びをご提案できれば、司馬も幸いでございます。
どうぞお試しあれ。



では、今回はこの辺りで失礼いたします。
Filed under: 司馬 — 18:00