日の出

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌いかがでございましょう、金澤でございます。 お正月からは日にちが少々経ちましたが改めまして、 明けましておめでとうございます 今年も宜しくお願い申し上げます。

お正月の話になりますが、今年もまたぶらりと日の出を見てまいりました。
初日の出とはいきませんでしたが雲の様子を考え1月3日に決行、去年と同じです。
今年も一年のスタートに相応しい素晴らしい日の出を拝むことが出来ました。

お嬢様、お坊ちゃまにとりまして実りある年となりますように。。

『 時代 』♪

新年のご挨拶

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
山岡でございます。

あけましておめでとうございます。

昨年も沢山お世話になりました。
本当にありがとうございました。

あっという間に過ぎてしまった2021年ですが、
こう思えるのはお屋敷での思い出がいっぱいあるからでございます。

2022年もお嬢様方と沢山素敵な思い出を作れますようにお仕えさせて頂きたく存じます。

今年も何卒よろしくお願い致します。

日誌

静かな峠で雄大な

雲海を見ていると

いにしえの旅人が

行きかう息吹が

聞こえてくるようです

明けましておめでとうございます

佐々木でございます

素敵な一年の幕開けでございます

新年のはちみつ

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

皆様、カウントダウンの配信は
お楽しみ頂けたでしょうか。
ご感想などあれば、是非お聞かせくださいませ。

さて、改めてではございますが、
あけましておめでとうございます。
今年はどんな一年になさりたいですか。
私としては、
皆様により多くのものを届けられる、
そんな一年になればと存じます。

皆様がより笑顔になって頂き、
より楽しんで、より安らぎを得ることが出来ますように。
使用人としてお力添え出来ればと存じます。

配信や様々なイベントなども
精力的に出来ればよろしゅうございますね。
色々なことを考えてまいりますので、
よろしければお付き合いくださいませ。

皆様の一年が
より幸せに満ちたものになることを
心よりお祈り申し上げます。

今年もティーサロンにて、
お戻りをお待ちしております。

……

一月二十五日に佐々木と
エクストラティーを担当致します。
久々にやらせて頂きますので、
折角ならばと【PSG】をベースに、
キャンブリックティーをお届け致します。

Miel de Saint-German
「サンジェルマンのはちみつ」
と名付けました。

Miel de Sasaki
にしようとしたら佐々木に却下されました。

相変わらずの雰囲気で、
皆様に紅茶をお届け出来ればと思います。
是非お楽しみくださいませ。

才木

タイガーアンドハムスター

いかがお過ごしでございますか。桐島でございます。

2022年。始まりました。

明けましておめでとうございます。

私の今年の目標と致しましたは引き続き握力の強化と富田の新たなる表情の激写。

そして何よりお嬢様方により良い環境になるよう努めることでございます。

気づいたらもう10年目皆から頼れる使用人になれるよう努力致しますのでどうぞ今年もよろしくお願い致します。

新年でございます。お正月でございます。ご馳走でございます。たくさん食べて元気に1年を開始いたしましょう。

ご機嫌麗しゅうございます。
雛森でございます。

あけましておめでとうございます。
2022年でございますね。

お嬢様は、お正月どのようにお過ごしになったでしょうか。
私はもちろん、お餅ざんまいご馳走ざんまいでございます。

お正月のご馳走というとやはりおせちの印象がございますね、伊達巻やクりきんとんなどなど、、
ですが、私の家系では昔からお刺身を主とした海鮮をたくさん食べるのが通例になってございます。

今年はなんと、アっと驚くような上質な蟹や牡蠣が手に入りました。
そのままお醤油でいタだくのももちろん美味しゅうございますが、かにご飯や牡蠣の酒蒸し、単純に焼き牡蠣など、素材が良いと楽しみ方もタくさんでございます。

お嬢様にも、こノ美味しさ、この幸セをオ届けしよう、1番新鮮なところはとっておこう、
、、、と思った頃には全部食べてしまってございました。。。大変申し訳ございません。。。
他の使用人達から、普段からヌけた所があると言われることがございますが、こんな失態に繋がってしまうとは、、

1月は安渓四大銘茶の1つ、「毛蟹」を用意してございますから、
お嬢様にはぜひ、こノ毛蟹に愛情を加えてしてオ持ちいたしましょう。

そして、少し話は変わりますが、私が以前日誌に隠した秘密、解読していただきアりがとうございました。おもしろいという感想を数多くいただきました。

私、お褒めいただくとツい調子に乗りがちでございます。

ということで、新年から早速、こちらの日誌にも潜ませておきました。
ぜひ、お暇な時にでも、挑戦してみてくださいませ。

それでは、お嬢様、お坊ちゃま、
お身体には充分にお気をつけくださいませ。

トラにまつわる四方山話

司馬でございます。

明けましておめでとうございます。

謹んで、迎春の慶びを申し上げます。

今年は寅年。

トラといえば、強靭で勇猛、かつ、しなやかな体躯が魅力的な動物でございますね。

司馬の好きな映画の世界でも、その印象を生かしたキャラクターが多く登場いたします。

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』では、“リチャード・パーカー”というトラが重要な役どころでございました。

その他、思いつくままに挙げてみますと、『007は二度死ぬ』に登場するスパイ組織のトップは“タイガー田中”。

黒澤明監督作の『用心棒』の敵役の一人は“新田の丑寅”と名づけられております。

往年の冒険映画では、たいてい、ヒーローが猛虎と格闘する場面があったものです。

おや、気がつけば、アクション映画のご紹介コーナーのようになってしまいました。

反面、トラにはネコ科特有の優美さや、愛嬌もございます。

『くまのプーさん』には、“ティガー”という元気なお調子者が登場します。

ぬいぐるみではございますが、おそらく、世界で一番人々に知られている一頭でございましょう。

・・・ちなみに、司馬が一番愛するトラは、『男はつらいよ』シリーズの“フーテンの寅”こと車寅次郎氏でございます。

では、皆様方。

これから寒さもますます厳しくなってまいります。

おめでたい新年ではございますが、お体をご自愛の上、トラブルなき日々をお過ごしくださいませ。

本年も何卒、よろしくお願い致します。