2020年ペンギンの秋

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木にございます。

月日が流れるのは早いもので、
今年もこの季節がやって参りました。
9月の頭からギフトショップにて
ペンギンクッキーをご用意致します。

トマトとチーズを使いまして、
愛らしい見た目とは裏腹に
お酒にも合わせやすいお味にございます。

ペアリングにつきましては
過去の日誌に認めてございますので、
こちらをご覧下さいませ。
http://www.butlers-cafe.jp/blog/?p=16929

以前ティーサロンにて
トワイライトティーと申します
紅茶にお酒を加えるというご提案をしておりましたが、
あれもよろしゅうございますね。

私のニルス・オーラヴは
ジンの香り付けに使われるジュニパーベリーを
使用してございますから、
どんなお酒を比較的合わせやすいと存じます。

単純にジンやウイスキーを
加えてみるのもよろしいですし、
ダークラムやカルヴァドスなどを加え、
華やかさをプラスしてみるのも面白そうです。
モヒートシロップあたりも
お試し頂きたいところですから、
この辺りはこっそり時任に頼んでおきましょう。

並べてよし食べてよし合わせてよし。
是非ペンギン達を沢山可愛がってくださいませ。
(食品ですので、並べる際は賞味期限にご注意を)

―――――

また9月の後半(18日から)には、
ティーサロンにて私のケーキも
ご用意させて頂くことになりました。

今回は、ミルクレープ、にございます。

昔から喫茶店などで
本の世界に浸りながらケーキと珈琲を頂くのが
たまらなく好きな時間でございまして、
その中でもミルクレープは私のトップオブトップ。
クレープ生地の艶やかな輝きと
たっぷりのクリームは想像するだけで垂涎ものです。

珈琲ですと私は圧倒的マンデリン派なのですが、
紅茶との相性もよろしいかと存じます。

お屋敷の紅茶で申しますと、
シンプルならヴァサンティーやルフナをミルクで。

ブレンドで申しますと、
スッキリされたいならツイルフォード。
甘い合わせをご希望なら、フレデリカでしょうか。

以前キームンベースのアールグレイを
ミルクで頂いた際に、その美味しさの虜になりまして、
アールグレイにミルクは私の愛する紅茶の一つです。
(なので、フォンディエも勿論オススメです)
当家のチャールズですとミルクを加えるには
少し物足りない印象がありますので、
ここでフレデリカの出番にございます。
ショコラの華やかは更に優雅に
ティータイムを彩ってくれるのではないでしょうか。

お作りした櫛方も実はペンギン好きですので、
私のケーキと合わせて頂くにはピッタリです。

徹頭徹尾、ペンギンなのはいつものこと。
変化していくことも楽しみですが、
変わらないものもまた良いものということで。

折角ですから今宵は
櫛方とペンギン語りでも致します。
より良いペンギンの愛で方でも
考えられたらよろしいですね。

何か思いつきましたら、
皆様にもご提案させて頂きたく存じます。
是非楽しみにお待ちくださいませ。

まずは9月。
皆様のご帰宅心よりお待ちしております。

それでは。

才木
Filed under: 才木 — 22:00