男のロマン

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

お嬢様はあまりお考えになったことがないかと存じますが、世の中には火起こしという自然にあるものを使い火を起こすという技術がございます。

何故そのような話をするかと申しますと、以前キャンプの話を瑞沢としていたらやっぱり男の憧れは火起こしだという結論に至りまして、自分の力だけで火種が作れる人はすごいなという話をしていました。


そして詳しく調べてみたところ、いくつかの方法を見つけました。

まずは木だけを使って火種を作り、それを藁など柔らかくて燃えやすい木材に移す方法でございます。

かなり原始的な方法でございますが、細くて長い木の棒をもう一方の石などで穴を開けた木の板に合わせ、ひたすら火種が出来るまで両手を使ってドリルのように擦り合わせるといった方法でございます。

おそらくお嬢様も何かしらの媒体で見聞きしたことがあるかと存じます。

材料は自然にあるものだけで簡単に用意出来る方法なのですが木の相性やコツもあるそうで、難易度はかなり高いかと思われます。


そして他にも珍しい火のつけ方がございます。

それは太陽の光とレンズで焦点を作り、そこに藁を置いて自然に発火させる方法です。

こちらは技術を必要とせず、しかも準備が完了したら後は待つだけという至ってシンプルな方法でございます。

ただ、レンズをどこから調達するかが問題となるのですが、こればかりは人工的なものを使用しなければなりません。


例えば透明な瓶の底。

丁寧に瓶底以外を砕いてピックアップ、それをレンズ代わりとして使用するのだそうです。

その他にも、水を入れたペットボトルでも代用出来るという変わったレンズの作り方もございました。


どの火起こしも実際にやってみなければその難しさは分からないのですが、いつかキャンプをで火を起こす機会があれば、そのとき瑞沢と二人でこっそり体験してみようかと思います。


男のロマン。

お嬢様は決して火には近づかず、我々にお任せくださいませ。

それでは。
Filed under: — 22:00