古谷でございます

豊穣の候を一面に満たす
月灯りに照らされた艶めく一房。










その実りが秘めるのは、濡羽色に包まれながら、弾けるが如く溢れる甘美。










注がれた杯を傾け、今宵、酩酊へ誘います。
秋の夜長に捧ぐグラス








古谷

Filed under: 古谷 — 22:00