お茶の名(改め)

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌いかがで御座いましょう、金澤でございます。
新緑の季節でございます。

爽やかな春風のような、お嬢様に心の落ち着きを届けるような、そんな春から初夏にかけてぴったりなお茶、ご存知でございますか?
そのお茶の名は、

(more...)
Filed under: 金澤 — 22:00

お茶の名

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌いかがで御座いましょう、金澤でございます。
桜の季節が終わると、新緑の季節へと移ってまいります。

こんな季節にぴったりなお茶をご存知でございましょうか?
爽やかな春風のような、お嬢様にそっと寄り添うような、そんな春らしいお茶
当家のお品書きにひっそりと記載されているそんなお茶
ご存知でございますか?
そのお茶の名は、

(more...)
Filed under: 金澤 — 13:00

不香の花

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌いかがでございましょう、金澤でございます。
冬真っ只中、寒い日が続きますのでどうぞお体には十分お気をつけ下さいませ。

さてタイトルにございます「不香の花」(ふきょうのはな)、2月5日にご用意させて頂きますエクストラティーの名でございます。
今回のエクストラティーは伊織主導の元、アシスタントに金澤が務めさせて頂きます。
私はこの伊織の考えた不香の花という名前、感動するくらい気に入りました、さすが伊織でございます、美しい日本語をよく知っています。
「不香の花」は雪のこと、雪は香りの無い美しい花…。


それは半年も前の事だった…
その日、私はマスターオブサーヴァンツホールの務めにつき、紅茶係は伊織さんでした。
伊織さんが何やら見慣れぬお茶を淹れている、聞くと金沢の和紅茶だという、もともと黒崎くんが見つけて美味しいのでと持ってきてくれたお茶らしい
「いただきます」
「美味しい!優しい甘味もありすっきりの中にも深みがある」
とっても日本らしい優雅さのあるお茶でした。

そこで突然伊織さんが言い出した。
伊織「このお茶を使ってエクストラティーを作ってみたい」
何かひらめいたようだ
伊織「時は冬辺りに、金澤さん一緒にどう?」
!!
これまた突然のお誘いに驚く
お屋敷のエクストラティーの長い歴史の中で伊織さんと組んだ事は今まで一度もなかった。
今後も無いんだろうと、少し寂しかった…

だがしかし、突然の直々のお誘いである!

金澤(表向)「なるほどそうですねーどうしようかなー」
金澤(内心)「断る理由はまったくない」
伊織「ぜひぜひ金沢のお茶ですし」
金澤(表向)「そこかい!」
伊織「ぜひぜひ」
金澤(表向)「んーじゃあ仕方ない、いいですよ」
金澤(内心)「どうぞどうぞ伊織さんのエクストラの為なら馬車馬のように働きます!」

といった半年前のある日でした。

そして冬に…
お茶自体は伊織さんがレシピも完成させたのですが、そこにちょっとエンタメ要素を加えたい、伊織さんと話し合い、冬の金沢の情景といえば兼六園の雪吊りが思い浮かぶとなった。
ここは私の出番である
スワロウテイル工作&DIY部(非公認)の部長としては得意分野である。

ティーサロンに居ながらも金沢の情景を思い浮かべてもらうには、金沢の雪吊りを持って来ちゃえばいいのである。


雪吊りのミニジオラマを作ります。
いろいろ材料を用意しました、全部ではないですが、足りない物は追々と。



土台を作っていきます。
ジオラマは遠い昔に作って以来、手探りで進めていきます。



いきなり作業が進みましたが、途中の写真を撮り忘れました。七分出来たところです。



この日誌を書いている時点でまだ写真の状態ですが、当日までには完成させて、伊織の押す紅茶ワゴンの上に乗せておきます。
手にとってご覧いただけるようにしておきますので、宜しければ雪吊りの情景と共にお茶を楽しんで下さいませ。

ティーブレイクをしながら…
『 あの頃へ 』♪
Filed under: 金澤 — 20:00

エメラルドの重み

金澤でございます。

この度、グルームオブチェインバーの任を仰せつかりました事をご報告申し上げます。

使用人として歩んできた道のりを思い、そしてこれから続く未来を考え筆をとっております。

思う事は今までもこの先も同じ、「心」を大切にこれからも精進して参ります。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。
Filed under: 金澤 — 10:00

アリとキリギリス

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌いかがでございましょう、金澤でございます。

突然ですが、イソップ童話の「アリとキリギリス」をご存知でございましょうか?
あまりにも有名なお話なのでご存知でございましょう。

夏の間、アリは冬の食料を蓄える為に働き続け、キリギリスは陽気に遊んで過ごす。その時、働き続けるアリ達をキリギリスはバカにしていた。
やがて冬が来て、キリギリスは食べ物を探すが見つからない、どうしようもなくなったキリギリスはアリに助けを求めるが、アリはキリギリスに遊び呆けていたのだから自業自得と言い放つ。
ーーーー
人生訓を教えられる深いお話です。
何事においても当てはまると思います。


只今私はキリギリスの気持ちでございます…

(more...)
Filed under: 金澤 — 12:30

スポーツの秋

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌いかがでございましょう、金澤でございます。
秋の日々、何をするにも過ごしやすい季節、楽しまれておりますでしょうか?

さて、相変わらずの駄文で恐縮でございますが、お暇潰しにお目通しをして頂ければ幸いです。

寝ていた時に見た夢の話ほど聞く側にとっては退屈な事はないのですが、ここは敢えてお嬢様へ私が見た夢の話をさせて下さいませ。
その夢を見る前の出来事、ある小学校の前を通ると運動会をしておりました。元気な声にピストルの音、懐かしいな~と思いながら通り過ぎました。
それから数日後、こんな夢を見ました。

(more...)
Filed under: 金澤 — 12:30

紅茶と共に

10月も後半になりますと秋の深さが増してまいります。
お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌いかがでございましょう、金澤でございます。

夏の暑さはもう遠い思い出…
アイスティーをいっぱい飲んだあの頃…
使用人達がひと息つく時に飲むお茶も今はホットティーへと変わってまいりました。

(more...)
Filed under: 金澤 — 16:00

夕風

金澤でございます。

今とっても夕焼けが綺麗です
お嬢様にも見せて差し上げたい
そのくらい綺麗です
夏の終わりってこんな夕陽があるんですよね
雲の色が朱色のグラデーション
このジーンとくる感覚は言葉では表現しきれません
きっとどこかでお嬢様も同じ夕焼けを見ているのかなと思ってみたり…

太陽が丘に隠れると夏の風がいつの間にか秋を感じさせる風に変わりました
街の灯りが瞬きはじめました

明日はどんな日になるのかな

『 明日への手紙 』♪
Filed under: 金澤 — 16:00

真夏のドアマン

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌いかがでございましょう、金澤でございます。
今年の夏はなかなかストロングでございます。ドアマンをしておりますと今年がどれだけ酷暑であるかがよく分かります、パンチが効いております
お嬢様方、熱中症には十分にお気をつけ下さいませ。

暑い中ご帰宅頂きましたお嬢様からドアマンに労いの言葉をいただくことがございます、誠にありがとうございます。
我々ドアマンは大丈夫でございます、それよりもお嬢様方が心配でございます、ご予定のお時間はございますが無理に走って来られるような事はなさらずにご帰宅いただければと存じます。

さて暑い夏を乗り切る術としてここでドアマンの涼のとり方をこっそりお教え致しましょう

(more...)
Filed under: 金澤 — 10:30

夏の思い出

夏がく~れば 思い出す~
はるかな北海道 遠い空~♪

霧のな~かに うかびくる~
やさしい風 地平線への道~♪

ラベンダーの花が 咲いている
夢見て咲い~ている 丘一面~♪

ハマナス色に たそがれる~
はるかな北海道 遠い空~♪

(more...)
Filed under: 金澤 — 14:30