蕎麦

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

前回ダイエットの話をいたしましたが、具体的にどのようなダイエットを行っているかをお話いたします。

まず今回はその一つである蕎麦について。


この蕎麦でございますが、ただ蕎麦を食べるだけで痩せるということではございません。

血糖値の上昇や糖質、小麦粉の有無など細かく調べて選んだというよりも自分の体質に合っていて蕎麦単品でも満足するということの方が継続して食べている理由としては大きいです。


今はほぼ毎日食べておりますが、蕎麦だけですので自然と量を減らすことが出来ます。

お米があるとついつい食べてしまいたくなりますが、不思議なことに蕎麦とお米を一緒に食べようという気が起きません。

しかも自分で茹でておりますので食後に蕎麦湯も楽しむことが出来ます。


これは前提として私自身と蕎麦の相性が良いという理由で継続しておりますので、もし試してみてしっくり来ないようでしたらお嬢様自身に合った健康的な食べ物を見つけて、それを継続して食してみてはいかがでしょうか。

ただ、ご無理のないように試してみてくださいませね。

それでは。
Filed under: — 22:00

目標

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

せっかく年末ということでございますので、ここは一つ来年の目標を決めてみたいと思います。



来年は5kg痩せます。



はい、本気でございます。



最近食生活を見直して…と言うよりは野菜を好んで食すようになってきたのでカロリーや糖質制限は今のところ順調でございます。

あまり肉を食べなくなったのも大きいかもしれませんね。

ただ、適度な運動はまだ足りておりませんのでそちらに関しては来年中に楽しくこなせる運動を探してまいりたいと思います。


どんな運動がよろしゅうございますかね…。

1番手っ取り早いのは筋トレですが、皆と時間を合わせて新しいスポーツを楽しく始めてみるのも良いかもしれません。


桐島に聞けば色々と教えてくれそうですが、逆に基礎に立ち返ってハードな筋トレとかを教えてくれそうです。


目標が達成出来るように今から少しずつ鍛えておきたいと思います。


千里の道も一歩から。

それでは。
Filed under: — 22:00

ローラー

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。


さて、秋といえば運動の秋。

体を目一杯動かして健康的に過ごしたいと思っていたのですが中々外に気軽に出る機会もなく、せめて自室で出来る運動は何かないかと探しておりました。


そして見つけました。

腹筋ローラーでございます。


様々な使用人が試しては効果絶大と話していたのを小耳に挟み、いつかは私も試してみたいと思っていたしろものでございます。

せっかくなのでこの機会に筋肉トレーニングを始めてみるのも良いですね。

腹筋だけではなく腕立て伏せ、背筋、スクワット等を無理ない程度に続けていこうと思います。


兎にも角にもまずは腹筋ローラー。

果たして続くのでしょうか…


次回は経過をお話し出来ればと存じます。
それでは。
Filed under: — 22:00

バンジージャンプ

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。


お嬢様はバンジージャンプというアトラクションをご存知ですか?

足にゴムをつけ、橋の上など高いところから飛び降りるというものでございますが、人生において未だに縁のないアトラクションでございます。

普段過ごす分では機会も早々ございませんが、男たるもの一度くらいはチャレンジしてみたくなる瞬間があります。


チャレンジしたことのある使用人に聞いてみましたところ、人生観が変わるとまで仰っていました。

そこまでいうほど貴重な経験でしたらどんなものなのかますます気になります。

流石にご縁はないかと思いますが、いずれチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

それでは。
Filed under: — 22:00

栗ご飯

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

まだ暑さ残る9月とは言え、秋の気配はもうすぐそこまで来ております。

そんな秋と言えば様々な食事が美味しい季節でもございますが、その中でいつも気になっている食べ物がございます。


それが『栗ご飯』です。


栗はお菓子で使う食材という認識があり、元々甘みのあるご飯に合わせてしまいますと私の中ではもうそれはスイーツの域へと達してしまい、その違和感をずっと払拭出来ずにおりました。

しかし、その認識は私がまだ幼い頃の記憶からきているものであり、今の私が食してみたら案外美味しくいただけるのかもしれませんね。


栄養満点の栗とエネルギーの源になるご飯との組み合わせは活力アップに最適な組み合わせでございますので、残暑厳しい季節ではありますが栗ご飯をお召し上がりになって是非とも乗り切ってくださいませ。

私も試してみたいと思います。


それでは。
Filed under: — 22:00

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

もう季節は夏でございますね。
あまり夏が得意ではない身としては早くも秋が恋しくなっております。


そんな夏でございますが、実は子供の頃は大好きな季節でございました。

特に蝉を捕まえることに関しては、夏休みに意気揚々と外へ出かけたものです。

今となっては何故そんなに捕まえようと頑張っていたのか分かりませんが…。


そして今は蝉の声を聞くとあの頃の自分を思い出しては懐かしく感じるようになりました。

ノスタルジーとは違いますが、あの頃の自分から元気を分けてもらいながらこの夏を乗り越えていこうと思います。



…。


出来るだけ涼しい夏になりますように。
Filed under: — 22:00

大葉

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

前回海苔のお話をさせていただきましたが、今回は大葉についてお話したいと思います。


自室で料理をする際によく使っていた食材で、一時期では何にでも入れておりました。

和食をよく作っていた時にささみの大葉巻きやチャンプルー、餃子や和風パスタなどで使用しておりました。

冷奴やそうめん、納豆の薬味などにも使っていた覚えがあります。


おそらくここ数ヶ月で一番使った食材ではないでしょうか。そのくらい重宝した食材でございます。

梅雨が終わり夏が本格的になりましたら、そうめんの薬味として活躍しそうですね。


簡単に用意出来て、合わせるバリエーションも多い便利な食材でございます。

食欲が出ない日もあるかとは存じますが、さっぱりした食事をお召し上がりになったりしてお体には充分気をつけながらお過ごしくださいませ。

それでは。
Filed under: — 22:00

梅雨

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。


もう季節は梅雨でございますね。

雨が降ったり止んだりはっきりしない天候でございますが、傘のお忘れが無いよう日々お気をつけくださいませ。

梅雨明けはいつも何日辺りだったか忘れてしまうのですが東京ですと7月の中旬過ぎた辺りが平年だそうで、あと約一ヶ月くらいは梅雨と向き合わないといけない計算になります。

じっと待っていてもまだ先は長うございますので、その先に控える夏本番の前に梅雨という情緒を楽しむことといたしましょうか。


紫陽花など花と雨のコントラストに惹かれたり、水たまりに揺れる波紋を数えてみたり、梅を使って料理を作ってみたり、願掛けにてるてる坊主を作ってみたり…


この季節でか味わえないひとときを過ごしてみるのもまた一興でございます。

出来るだけ良き梅雨になりますように。

それでは。
Filed under: — 22:00

海苔

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

お嬢様は最近好きな食べ物はございますか?
私は、『海苔』の美味しさを再発見して毎日食べております。


自分でご飯を作る時、どうしても白米のお供が必要になります。

おかずを作ればそれで事足りるのでしょうが、手間や時間をかけたくない時に海苔という食べ物はその真価を発揮いたします。

ただお米に乗せて、巻いて食べるだけ。
それだけで白米が何倍にも美味しくなるのです。

普段は自炊せずに過ごしていたので気付かなかったのですが、手軽に白米のお供になれる海苔は重宝する食べ物であると感心いたしました。


それだけではございません。

なんとなく口さみしい時、お菓子を食べるのは躊躇いたしますが海苔をパリパリ食べることにはなんの躊躇もございません。

食べ過ぎて5枚ほど消費したとしてもカロリーや塩分も大したことございません。

理想の間食としても海苔は重宝いたします。


問題があるとすればちょっと飽きやすいというくらいでしょうか。

でも、1日置けばまた食べたくなる。
そんな魅力的な食べ物でございます。

是非お嬢様も、白米や間食のお供に食してみてはいかがでしょうか。

それでは。
Filed under: — 22:00

桜ひとひら

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

気がつけば桜も葉桜になりましたね。

あいにくじっくり見る機会もなく葉桜になってしまいましたが、それでも地面に落ちた花びらが確かに春であることを伝えてくれました。

ここから力強い葉をつけた木々が街中に広がり、世界に新たな息吹を運んでくれることでしょう。


お屋敷のティーカップ達もお嬢様に会いたそうに棚に並んでおります。

美しい調度品も誰かの目に触れなければただの器。使用人だけでなく、屋敷に宿る全ての命と共にお待ちしております。

まずはその日のためにぴかぴかに磨いておかなければ。


どんな時でも前を向いて。

それでは。
Filed under: — 11:00