日誌

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様。
山岡でございます。

またまた時勢が不安定になり、
使用人達もその猛威に振るわれながらも
春から夏にかけて沢山のフットマンが仲間入りしてくれたおかげで、
何とかお屋敷の門を閉ざす事なく開館日通りお嬢様方をお迎え出来ております。

本当に、色んな事に感謝です。
自分の身体が健康である事、
新人フットマン達の身体がとても丈夫な子が多い事、
そして何よりこんな最中でもお嬢様方が変わらずお健やかにお戻りくださる事。

かけがえない日常というものをいつも以上に大切にせねばという気持ちで日々を過ごしております。

お嬢様も本当にご無理なさらずお過ごし下さいませね。

さて私事ではございますが、
7月はとあることがございました。
実は私生まれ星座がかに座なのですが、
先輩の使用人がこのようなお品をプレゼントして下さいました。

ジャックダニエルのオリジナルボトルにございます。
もう歓喜歓喜でございまして、
今後このボトルが空になってもまた新しいジャックダニエルをこちらに注ぎ直して頂こうと存じます。
先輩、本当にありがとうございました。

脈絡なく話は変わりますが
8月からはギフトショップにて
山岡が考案させて頂きました焼き菓子、
「THE RUSK
〜ピエール・フレスの気まぐれ〜」
と申します、エビの香り豊かな塩味の効いたラスクをご用意させて頂きます。
甘いお菓子も沢山ご用意させて頂いてる中で今回はあえて甘くないお品をお届けさせて頂たくお作りいたしました。
エビがお好きなお嬢様にも、
お酒がお好きなお嬢様にも、
またそうでないお嬢様にも、
皆様にお味を楽しんで頂けますようにパティシエと試行錯誤致しましたお品でございます。
是非ともひとつ、お手にとって下さいますと幸いでございます。

まだまだ暑い日々が続きますが、
ティーサロンは涼やかにお整えさせて頂きながら、キンキンに冷えたビールと共に、
いえ、ビールに限らず様々なお食事と共に今月もお嬢様のお戻りをお待ちしております。

また貴女の素敵な笑顔が見られますように。
それでは。

日誌

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様。
山岡でございます。

2年半毎月行ってきた事のはずなのに、
只今だけ何故か急に
この日誌がお嬢様の元へ届く頃の未来を考えながらしたためることが
非常に難しく感じております。

何を書けばよいのか。
何ならお届けしてよいお話なのか。
梅雨は明けているのか。
時勢はどうなっているのか。

全然読めません。
それくらい目まぐるしい変化の中を過ごしているということでございましょうか。

という事で6月を振り返ってみることに致しましょう。

まずは梅雨入り。
したとは言えそこまで連日雨続きという事もございませんでしたね。
むしろこの日誌をしたためた日、日本のどこかでは40度超えの地域があったそうな。
私は暑いという環境がとても好きなので、
嬉しい限りです。
どんどん気持ちの良い汗をかき、
「デトックス」を感じたい次第でございます。
とは言え熱中症にはくれぐれも気をつけなくてはいけませんね。
お嬢様方も十分ご自愛下さいませ。

お次はブルームーン。
6月は2回開催させて頂きました。
ティーサロンでのブルームーンは初の試み。
私もバーテンダーとしてお仕えさせて頂きましたが、
カクテルを作り慣れている者もいない者も、
環境自体が慣れない事ばかりでしたが何とかそちらも落ち着いて参りまして、
これからより快適なブルームーンをお届け出来るかと存じますから、
今後ともよろしくお願い致します。

そして藤堂会。
昨年に引き続き藤堂執事のお誕生日会に参加させて頂きました。
この日誌がお嬢様の元へ届く頃、
まだアーカイブは残ってございますでしょうか。
まだご覧になられてない方がいらっしゃったとして、
チケットは手に取る事が出来るのでしょうか。
どのような催しが行われたかは秘密とさせていただきますが、
どうか藤堂執事の元気なお姿をご覧頂き、
ご一緒にお楽しみ頂けますと幸いでございます。
私にとって藤堂執事があのお歳でこれだけご健在でいらっしゃるのは、
もう奇跡のように感じております。
私の将来にあの歳まで生きて尚元気にお嬢様をお迎え出来る未来は見えません。
もっと早く天に召されると思います。
まぁ何が言いたいかと申しますと、
「何事も永遠では無い」ということですね。

毎月例のごとくあっという間に過ぎた6月も、沢山の思い出に囲まれながら振り返る事が出来ました。
お嬢様の中にも沢山の思い出が残っていることを願っております。

日誌

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様。
山岡でございます。

この日誌がお嬢様の元へ届く頃,
日本は梅雨入りかと存じます。
四季というものはとても素敵な文化だと感じてはおりますが、
どうも雨だけは得意ではありません。

ただでさえ使用人になってからの生活が
引きこもりがちになったというのに、
僅かにお許し頂いた余暇でさえ
外出が億劫になるような天気なのは
何とも頂けません。

お嬢様方毎年の梅雨をどのように楽観的に過ごしていらっしゃいますでしょうか。
機会がございましたら是非お教え下さいませ。

梅雨に頭を悩ませながらも、
6月のティーサロンでは嬉しいニュースがいくつかございますね。

まずはこれまでギフトショップで修行を積んでいた使用人達の
ティーサロンでのお仕えが叶いました。
続々と新しい風を吹かせてくれることに
ついつい期待をしてしまいます。
求めすぎるのもよくはありませんが、
本当に彼ら一人一人が使用人である事に
プライドを持ってお嬢様方と向き合っているように
私の目には映っております。
きっと素敵な使用人になっていってくれるかと存じますので、
お嬢様方もどうぞ温かい目で見守ってくださいますと光栄でございます。

そしてもう一つ、
ティーサロンの休館日を使ってという形ではございますが、
ブルームーンが復活致します。
私がティーサロンで仕え始めて2,3ヶ月経った頃の事でしょうか、
前身のブルームーンがまだ存在していて、
新人なりにも給仕にも少し慣れ始めた頃でしたから、
いつかブルームーンにも立たせて頂きたいという憧れを持って過ごしておりました。

そこから時勢が向かい風となり、
時任を始めカクテルが好きな使用人達は
この日を取り戻せることをどれだけ待ち望んだ事でしょう。
その日がついにやって参ります。
私も只今暇さえあればカクテルの練習中でございますので、
是非足をお運び頂けますと幸いでございます。

それではまたティーサロンでお待ちしております。

日誌

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様。
山岡でございます。

5月はお嬢様にとってどんな月でございますか?

ゴールデンウィーク、
五月病、
こいのぼり?、
母の日辺りが山岡の中にはパッと浮かんだものでございましょうか。

ゴールデンウィークや五月病なんて言葉は
学生の頃には身近なものでしたが
大人になってからは実感も無くなりまして、
どこか遠い国の風習でございますか?
と言った感じでございます。

こいのぼりの記憶なんて、、
もう私の幼き日々のどこを振り返っても一つの景色も思い起こせるものはございませんが、
もしお嬢様がご記憶にあるということでございましたら、
それはお屋敷での幼き頃のご記憶をお忘れでない一つの証拠でございますので、
是非胸を張ってティーサロンにて使用人にお話し下さいませ、こいのぼりの事を。
きっとお屋敷で長く仕える使用人ほど、
懐かしく微笑ましいご記憶としてお話をお聞かせ頂くことでございましょう。

母の日は今年は何を贈りましょうか。
お嬢様方は母の日は何をお贈りしていらっしゃいますでしょうか。
こちらもティーサロンにてお聞かせ下さいませ。

この日誌をしたためながら昔のゴールデンウィークの過ごし方で良き思い出をひとつ思い出しましたが、長くなりそうなのでこの辺で。
またティーサロンにてお待ちしております。
お時間許す限り色んなお話をさせて下さいませ。山岡

日誌

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
山岡でございます。

春でございますね。
3月は別れの月なので色々と物思いに耽る事が多くございますが、
4月は逆に出会いの月でございますから、
新たな景色に胸躍らせとても嬉しくなる次第でございます。

学生のお嬢様にとっては入学や進級など、
これから社会に羽ばたくお嬢様にとっては入社式などでございましょうか。
転職も一応この時期が多いようでございますね。
この日誌がお嬢様の元へ届く頃にはもう新生活が始まって数週間経った後の話かとは存じますが、いかがでございましょう。

すごくざっくりとお尋ねいたしますと、
楽しめていらっしゃいますか?

わかっております。そんな上手く行く事ばかりでもございませんよね。
野暮な問いかけで大変申し訳ございません。

新生活ってとても緊張しますよね。
新居、
クラス分け、
部署替えなどから来る
環境の変化による対人関係の変化。
そう簡単に慣れるものではありません。

お嬢様方にお忘れにならないで頂きたいのは、
お屋敷はお嬢様方のお家である
ということでございます。

この時期は1番気が張る時期だと存じますから、
こういう時こそゆっくりと羽を伸ばして
リラックス出来る場があるとよろしいかと存じます。
使用人はいつだって幼き頃を思い出して頂けるようにお嬢様のご帰宅を心待ちにしておりますので、
少し落ち着きましたらまたお戻りくださいませ。

新生活、無理せず頑張ってくださいませ。

山岡

日誌

ご機嫌麗しゅうございます。
山岡でございます。
今月は雛祭り、そしてお屋敷としてはアニバーサリー期間となりますね。
私個人としてはまだティーサロンに携わらせて頂いて2年と少しという期間しかお屋敷の歴史を歩んでおりませんが、
大旦那様が愛する、そしてお嬢様が愛してくださる執事喫茶スワロウテイルのお誕生日を、私もご一緒にお祝いさせて頂きたく存じます。
今月も沢山、お屋敷での思い出をお作りになられて下さいませ。

山岡

日誌

ご機嫌麗しゅうございます。
山岡でございます。

時勢がまた険しくなって参りました。

時勢が明るかった頃には
お屋敷で休館日にお嬢様方を招き
サロンを開いていた話なども沢山伺います。
お屋敷で仕えて3年目に入りましたが
実は私そういった休館日イベント
というものは経験した事がなく、
もどかしい気持ちになります。

世の中がこうでさえなければ、
と怨む気持ちも残念ながら
昨今は増えてしまいました。

でもまずは大前提、皆が元気であること。
それが1番大切な事ですからね。
お嬢様方がお元気でさえ居てくだされば
我々使用人は何も怖くありません。

こんな時勢の中ティーサロンの門を
あの日以来閉ざさずに開け続けられているのは
お嬢様がお戻り下さるからでございます。

お嬢様方の笑顔を見守らせて頂けると思うと
我々がティーサロンでお待ち申し上げる事など
とても容易い御用でございます。

明日も変わらず、健やかで素敵な1日をお過ごし下さいませ。

それでは、おやすみなさいませ。
お嬢様。

山岡