クロテッドクリームアイス4th

影山でございます。
9月後半よりクロテッドクリームアイスをご用意させていただきます。

今年でクロテッドクリームアイスが4年目を迎えました。

ありがたいことです。

クロテッドクリームアイスに温かいチョコレートソースを別に添えた形でご用意いたします。アイスにかけることでチョコレートが固まり、パリパリの食感に仕上がります。

お召し上がり方は主に2つございます。

1、温かいチョコレートソースをかけて外側をパリパリのチョコレートに固まらせ、チョコレートクロテッドクリームアイスとしてお召し上がりいただく。

2、スコーンにアイスをのせてお召し上がりいただく。

共通点として、

スコーン、チョコレートが温かいという所です。

温かさと冷たさをドッキングさせた至高のデザートをどうぞお召し上がり下さいませ!
Filed under: 影山 — 22:00

夏2

影山でございます。

前回夏服ドアマンに触れましたが、
今回は使用人の夏服について語らせていただきます。

夏の期間は燕尾服に紛れて涼しげな姿の白い夏服姿のフットマンが、一人誕生いたします。

今日は誰なのかなと予想しながらティーサロンに向かうのも一つの楽しみではないかと存じます。

わたくしは毎年言い続けてますが、
『桐島の夏服を見たい』

毎年その姿を見るのを楽しみにしています。

先日ドアマンを務めていた際に

ふっとドアを開けた向こう側に、
白い桐島がいた時の衝撃が忘れられません。

お嬢様をいつでも守り抜けるよう鍛えぬかれたあの肉体。

はちきれそうでございます。

お外に出るのも難しい時期ではございますが、

お散歩の際は
是非ティーサロンにお立ち寄り下さいませ。

Filed under: 影山 — 22:00

影山でございます。

今年も暑い夏がやってきそうですね。

さてお屋敷では

ティーサロン史上初

『夏服ドアマン』

が誕生いたしました。


毎年夏がやってきますと

ドアマン同士で
夏のドアマンの暑さを語り合うのが風物詩でございました。

これからドアマンを始める者は
その暑さを知らないと考えますと

何故だか少し寂しい気もいたしますね。

Filed under: 影山 — 22:00

1年は12カ月

先月、エクストラティー

『翠玉の聖杯』を時任執事と共にお届けいたしました。

シェイカーの難しさ、奥深さを体感いたしました。

また時任執事の引き出しの多さを感じました。

尊敬いたします。

そして

今回の経験から一つ思い浮かんだ事がございます。

これをそれぞれの月で出来ないものかと。

何年かかるかはわかりませんが、

時任執事と12色の世界を作り、

お嬢様にお届けしたくなりました。

本当の華麗なるシェイクを目指して
Filed under: 影山 — 22:00

『エメラルドの果てに』後編

影『時任執事、4月にカクテルでエメラルドを作るそうですが、どうしましょう?』

時『こちらはエクストラティーだから気にしなくても大丈夫だと思いますよ』

影『確かにそうですね』

影『エクストラティーのご案内文章はどの様な感じにしましょうか?』

時『影山の華麗なシェイクを見に来て下さいでいいんじゃないですか?』(真面目なトーンで)

影『それだけは絶対書かないで下さい。シェイクした事すらないんですからね、わたし』


それから

暫く月日が過ぎて

HPの5月のエクストラ欄を見てみますと、

一文の中に

『影山の華麗なシェイクで〜』
と書いてありました。

影『時任執事に・・やられた』


エクストラティーならではという事で、

ストレートティータイプ、
ミルクティータイプと2種類ご用意しようと考えております。
(この日誌を書いておりますのは4月下旬でございますので、もしかしたら変更あるかもしれませんが)

是非お召し上がり下さいませ。

Filed under: 影山 — 22:00

『エメラルドの果てに』前編

〜1月下旬頃〜

5月頃にどんなエクストラティーをお作りするか考えていた時、時任執事に出会います。

影『時任執事、エメラルド色はどのようにしたら作れますか?』

時『あぁ、それはね。かくかくしかじか』

影『なるほど。一緒にシェイカーを振ってエメラルド色を作るエクストラティーをしませんか?』

時『いいですよ』


それから月日は流れ
3月上旬

影『そういえば4月のエクストラティーやカクテルは誰がやるのでしょう?』

HP上にて『お願いエメラルド』
カクテル八幡、隈川

影『!!』

『時任執事ー!』

後半へ続きます。
Filed under: 影山 — 22:00

習慣

影山でございます。

ルーティンを身につけたいと思っております。

それは

『姿勢と歩き方』

外側に重心がかからないように、主に親指、人差し指、中指で強く蹴り出す。

着地はかかとを意識してしっかりと。

膝に負担がかからないように、曲げずに歩幅を調整して歩く。


これらを意識して実行しますと

必然的に姿勢が良くなります。
そうしないと歩けないとでも申しましょうか。

わたくしが固い動きでティーサロンを歩いていましたら

まだ『馴染んでいないんだ』

と思っていただけたらと存じます。
Filed under: 影山 — 22:00

7年

影山でございます。
お嬢様にお仕えして6年の月日が流れました。
まもなく7年目を迎えようとしています。

7歳。

ランドセルを背負った気持ちで、より前をむき、
より景色を眺め、
より笑っていられたらと思います。

お嬢様が笑顔でいられるように。
Filed under: 影山 — 22:00

2021

影山でございます。
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、2021年の抱負でございますが、


今年は

『負けること』

でございます。


言葉だけで捉えますと伝わりづらいのですが、
人は誰でも基本負けたくはないものでございますから、年齢を重ねる程その想いゆえにチャレンジしない事も生まれてきます。

そうならない様にチャレンジしつつ、負けてもそれを受けとめる技量と器を磨き続けていきたいものでございます。

影山
Filed under: 影山 — 22:00

影山でございます。

気がつけば2020年も幕を閉じようとしております。

お嬢様にとって今年はどんな年でございましたか?


わたくしは4月5月と

『お嬢様にお会い出来ない、お給仕が出来ない』

という経験を経て、

改めて今この時間、この日々が恵まれている事を実感いたしました。

何気ない幸せというものは

一度その場から離れてみないと気づきにくいものでございます。


幸い今では執事歌劇団で行い始めた画期的な機能により、

お嬢様がご帰宅出来なくても笑顔をお届け出来る様、皆でアイディアを出し合って伝書鳩を飛ばせる様になりました。


来年もお嬢様のお力になれたら嬉しゅうございます。


影山でございました。

よいお年を。
Filed under: 影山 — 22:00