宝塚歌劇雪組公演「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」

お嬢様、奥様、旦那様、お坊ちゃま。

お元気にお過ごしのことと存じます。新コロナウイルスの為にお屋敷は休館させていただいています。一日も早く新コロナウイルスが収束し、皆様にお目に掛かれるのを楽しみにしています。藤堂でございます。

どこの劇場も公演中止でございましたが、宝塚雪組公演が千秋楽3月22日15時30分に上演されました。藤堂の入手した日は駄目で、千秋楽の映画ライブ中継のチケットも入手しましたが、こちらも中止され、とうとう観られないかと思っていましたところ、宝塚スカイステージで生中継されることになり、幸い宝塚スカイステージは契約しておりましたので、テレビの前でどかっと構えて観ることが出来ました。

小池修一郎さん脚本、演出の一本だての大作です。トップ男役の望海風斗が颯爽と舞台に現れた時は、正直胸が震えました。ファンの方はきっと同じ思いだったと思います。1981年に公開された、セルジオ・レオーネ監督によるギャング映画。主人公の少年期、青年期、初老期という3つの時間軸を交差させる構成、サスペンス要素もあり、多くのファンを生んだ傑作でした。その作品を、数多くのミュージカル作品を生み出した小池修一郎の脚本・演出で、世界で初のミュージカル作品に、望海風斗を中心として雪組で挑みました。

雪組のチームワークもとてもまとまりがあり、女性役トップの真彩希帆、彩風咲奈、彩凪翔、朝美絢も公演日が少なく残念だったと思いますが、望海風斗を助けて素敵に頑張っていました。千秋楽であり、3名の退団者も最後の挨拶で感無量だったと思える姿が印象的でした。カーテンコールでは、望海風斗が涙を浮かべての場面もあり、ファンの皆さんの心に温かい想いを残してくれたことと思います。望海風斗、真彩希帆が今秋退団予定でしたが、少し伸びるとのことで、また素敵な姿を見せてくれるのを期待しております。

今回の公演は香川執事と一緒に観る予定でしたが残念でした。
本日はこのあたりで。また、お屋敷でお会いできるのを楽しみにしています。
藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 19:00

お久しぶりです・・・・・

お嬢様、奥様、旦那様、お坊ちゃま、藤堂でございます。

お久しぶりですがお元気にお過ごしでいらっしゃいますか。
ここのところ、新コロナウイルスで世の中は騒然としており、お屋敷も休館日が続いておりまして、皆様にお目にかかれなくて寂しい限りでございますが世の中が落ち着いて元気なお姿でご帰宅下さいますのを心から願っています。

藤堂も3月末から別宅で趣味の蘭の手入れ草花の植付け手入れに頑張っています。早咲きの牡丹のピンクの花が2輪美しく咲いています。蘭もカトレヤがほとんど終わりましたがブルーの大輪の花が誇らしく見てくれと言うように咲いています。牡丹も10鉢ほどありますから開花が楽しみです。白、赤、黄色と咲きますと見事です。芍薬も昨年からのが芽を出してきましたから楽しみです。草花もパンジーがプランターの中で美しく競って咲いています。蘭の植替えが遅れていますので、別宅に居る間に頑張って植替えます。

皆様も外に出られる機会が制限されたりで退屈な日々を過ごされていられると思いますが、こんな時に趣味を生かしたり、新しい趣味に取組んで下さいませ。

藤堂が良く料理の話を致しますが、料理番組をご覧になりましてご自身の腕をみがいて下さいませ。料理は心です。好きな人に美味しい料理を食べさせてあげようと思いますと工夫しますから腕は上がると思います。
最近藤堂はオムレツ作りをしています。卵を割って作ればいいと思っていられる方もいらっしゃいますが、たしかに割って溶き卵にするのは当然ですが、溶き卵に少量のお酢を入れ、フォークで混ぜ、焼き、それをチキンライス、焼きそば、焼きうどん等にのせて真ん中を少し、フォークで分けると美しく広がり、一層美味しく仕上がります。是非試して下さいませ。

いろいろ話をしましたが、兎に角、安定しますまで外出は自粛頂きまして、健やかなお姿でお目にかかれる日を心よりお待ちいたしております。

ご心配いただいています皆様、藤堂は元気でおりますからご安心下さいませ。


Filed under: 藤堂 — 18:35

あしたの家族

新春にとてもふさわしい希望に溢れた家族の物語、
見終わった後も心が爽やかになるドラマでした。

結婚当日に新郎に逃げられた過去を持つ女性が、新しい恋人からプロポーズをされて、
実家に連れて行ったところ、幼馴染みだった彼が父親と同じ職場で今は父親の上司となっていて、
娘の結婚を祝いたい、そして二世帯住宅で暮らす夢が父親にあり、
その為に二世帯住宅を建てたが、昔部下だった男が今は上司であり、
一緒に暮らすことに抵抗がある、その父親の悩みをどうするか…。

その娘が宮崎あおい、恋人が瑛太、父親が松重豊、母親が松坂慶子。

とてもハラハラ、ドキドキとしてどのように治まっていくのかと期待もあり、
自分だったらどうするだろうかと思い、父親になった気分で見れました。

松重の、娘の幸せ自分の立場と悩む姿が淡々とした演技で父親の心情をよく表現されていて、良い役者さんだなあと思いました。
宮崎も父を想う心情と恋人に対する思いをよく表現していましたし、母親の松坂も娘に対する愛、夫の立場等を理解する演技は抜群でした。

再放送か、何かの機で見られるチャンスがあったら、是非観て下さい。
Filed under: 藤堂 — 22:00

宝塚歌劇「食聖」「エクレール・ブリアン」

星組、紅ゆずるさん・綺咲愛里さんコンビの最後の作品となりました。
上海の総合料理チェーンの看板シェフ「ホン・シンシン(紅)」が築き上げた全てを失い、真の料理人'食聖'として復活を果たすまでを華やかに描き出すアジアンクッキング・コメディーで、屋台を切り盛りする娘アイリーン(綺咲)との出会い・恋と楽しさ満載のミュージカルです。
レビューはエクレール・ブリアンでこちらはベテラン酒井澄夫作・演出です。
宇宙から舞い降りた青年が世界各地を舞台に歌い踊る姿を描いた美しくゴージャスな作品です。大階段そして舞台の中央で星組男役の颯爽たる、特に紅の美しく優しく、スマートな姿は二度と見られなくなりました。
柚希さんの元で3枚目的な演技で目立ち、関西弁は時に面白く和ませてくれました。
新人公演での「メイちゃんの執事」「風と共に去りぬ」「THE CCARLET PIMPERNEL」と、どれをとっても懐かしい作品ばかりです。
藤堂は劇場で見ましたが、もう一度見たいと思いまして千秋楽の舞台を同時中継する劇場に足を運びました。
初めての経験でしたが舞台と同じなので休憩も30分あり、サヨナラショー、お別れの挨拶も見られ、カーテンコールも何回もあり、紅さんとのお別れも満足できました。
次の世界でどのように活躍なさるのか非常に楽しみです。ご活躍を心より祈ります。

本日はこの辺りで失礼致します。

藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 22:00

BODY GUARD (ボデーガード)

海外からのミュージカルが二本同時にやってきました。
ブロードウェイミュージカル「ボデーガード」
本場ロンドンから「ウエストサイドストーリー」です。

(more...)
Filed under: 藤堂 — 22:00

宝塚宙組公園ミュージカル「オーシャンズ11」

「オーシャンズ11」は2011年11月柚木礼音、夢咲ねね、涼紫央、紅ゆずる、星組で初演され、2013年には蘭寿とむ、蘭乃はな、北翔海莉、望海風斗の花組で再演されました。
今回再再演で、ダニーオーシャン真風涼帆、新人公演でもダニーを演じていた。テスは星風まどか、ラスティ―が芹香斗亜、デリー・ベネディクトが桜木みなと。
脚本、演出は小池修一郎。宝塚の対策は小池修一郎の演出が大変多いです。

初演でテリー演じた紅ゆずるは現在星組のトップ男役、再演でテリーを演じたのが、望海風斗。現在雪組のトップ男役を共に悪役を演じた二人がトップになっている。
それだけやりがいのある役でもあります。
映画のようなハイテクは舞台では望めませんが、ラスベガスにあるホテルのゴージャスさは充分出ていると思います。

服役中の詐欺師ダニー・オーシャンが晴れて仮釈放となる日から始まり、妻テスの弁護士が離婚届を手に面会に訪れた。
テスはラスベガスのホテル王テリー・ベネディクトが新たに建設するホテルのショースターに抜擢され、デビューまでに犯罪歴のあるダニと別れる気だという。テスはベネディクトの新しい恋人だとも言われていた。
今でもテスを愛しているダニーは傷つきつつも壮大な計画を思い描く。ベネディクトが経営するホテルの金庫を破ることだった。
いろんな仲間を集め、その道のプロたちがダニーの誘いに乗って集まった並外れた技術を持つ11人が揃った。
ベネディクトが経営するホテルの金庫を破り、1億5000万ドル。果たしてダニーは成功し、愛する妻テスの子ことを取り戻せるのか、遂に決行される……。

映画とはまた違う、面白いミュージカルです。ご覧になれなかった宝塚ファンのお嬢様、2011年の作品が宝塚ステージで7月24日に放映されます。是非ご覧になって「NEVER GIVE UP」や「JUMP」等の曲も楽しんで下さいませ。

本日はこの辺りで。
藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 22:00

宝塚歌劇月組公演「夢現無双」「クルンテープ天使の都」

お嬢様、暑くなって参りましたが、お元気にお過ごしの事と存じます。藤堂でございます。5月から6月にかけての宝塚「夢現無双」と「クルンテープ」です。
「夢現無双」はご存知かと存じますが、吉川英治原作の時代劇で宮本武蔵がヒーローの物語です。昭和の初めに新聞に連載され、武蔵ブームを巻き起こしました。映画でも当時のトップスターたちが演じました。その後、テレビでも役所広司、北大路欣也、上川隆也、市川海老蔵、、木村拓哉などが演じました。どちらかといえば男性向けの物語ですが、その中に愛情、友情、優しさなど、人として大切なものが込められていますが、宝塚としては少し地味な感じもしますが、今回は一番若いトップの珠城りょうが新女性役トップの美園さくらのお通で盛り上げています。ただ淋しいのは、佐々木小次郎演じる、美弥るりかがこの公演をもって、卒業してゆきます。トップになると期待していた美弥るりかの退団はショックですが、また他の世界で活躍してくれるのを期待しています。
「クルンテープ」はタイの首都バンコクの正式名称だそうです。華やかにタイの伝統的な舞踊「ラバム」からタイの世界に導いてくれます。やがてタイ王国最初の王、チャクリ王の登場(珠城りょう)が主題歌「クルンテープ天使の都」を高らかに歌い上げます。最後なので、美弥るりかの見せ場も多くあり、楽しめます。ショーの方は大変豪華で見応えがあり、あぁ宝塚のショーだと気分最高で見終わることが出来ます。最終日には映画館で同時上映があります。是非ご覧下さいませ。
藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 07:30

宝塚花組公演「CASANOVA」

度々映画、舞台で上演されているロココ文化、華やかだった18世紀、世界中の女性たちを虜にしてきた稀代のプレイボーイの物語、カサノヴァ……。
水の都ヴェネツィアを舞台に、花組トップ男役、明日海りお。当然ながらこの世界の恋人、カサノヴァにぴったりのミュージカル。この明日海りおも今季の秋には宝塚を卒業してゆきます。何回も宝塚の舞台ではお目に掛かれないと思うと、しっかり目に焼き付けておかないと、と思い藤堂もしっかり観てきました。
花組トップの娘役として活躍してきた仙名彩世のサヨナラ公演でもありました。明日海りおが横浜アリーナに出演する、恋スルARENAには出演しません。今回が最後です。昨年上演されたポーの一族では、男爵夫人を美しく、悲しく演じましたから、タカラヅカステージでも流れていますから、是非見て下さい。
明日海りおも相手役の女性トップが仙名で、3人目だったと思います。また、新しい娘役トップと新鮮な舞台を見せてくれると思います。
今回のカサノヴァの演出は生田大和。若い人で、大劇場での演出は初めてですが、今後に期待が出来る方です。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 17:00

短い旅

短い三日間の旅「香港・マカオ」に行ってきました。お嬢様方は寒い毎日ですが、お元気でお過ごしでいらっしゃることと存じます。


今回の旅の目的は、若い時から行ってみたいと思っておりました、香港の夜景観賞でした。100万ドルの景色と言われていましたので、すごい期待でした。世界三番目との案内がありました、ヴィクトリアピーク(獅子亭展望台)。


藤堂は観光バスで行きましたが、電車があるようで、大勢の人が並んでいました。


(more...)
Filed under: 藤堂 — 17:00

歌舞伎

お嬢様藤堂でございます。


本日は珍しく歌舞伎のお話でございます。歌舞伎をご覧になられた事はございますか。藤堂も久しぶりですが、坂東玉三郎の踊りが好きで踊られる時には観に参ります。
十二月の歌舞伎の夜の部はAプロ、Bプロと2つに分かれていてBプロで新作舞踊傾城雪の吉原(けいせいゆきのよしわら)で玉三郎が傾城で踊られました。雪乃降りしきる中で幕が開きますと玉三郎の美しい傾城が豪華な衣装を身に着けて佇んでいます。全く美しく立っているだけで絵になる風情で心奪われます。雪が降り恋する人への想いを募らせながら春、夏、秋、冬と四季の風情を物悲しく、又心おどらせながら舞う姿は心奪われます。当代きっての女形の玉三郎の姿に満足した新作舞踊でした。是非是非お嬢様方もご覧になって下さいませ。きっと満足されると思います。


その他は「あんまと泥棒」「阿古屋」で三本でした。


「あんまと泥棒」はラジオの放送で有名になった面白い芝居で市川中車(ドラマなどでは香川照之の名前で出ています。)があんま、泥棒を尾上松緑が演じていますが二人のセリフのやりとりがとても面白い舞台でした。セリフも分かりやすい現代調です。


「阿古屋」は琴、三味線、胡弓を実際舞台で演奏される女形の大役で、Aプロでは坂東玉三郎が演じています。藤堂が観た方では中村中村梅枝が阿古屋を演じていましたが見応えがありました。


本日は歌舞伎のお話でございました。
藤堂
Filed under: 藤堂 — 10:30