宝塚歌劇月組公演「夢現無双」「クルンテープ天使の都」

お嬢様、暑くなって参りましたが、お元気にお過ごしの事と存じます。藤堂でございます。5月から6月にかけての宝塚「夢現無双」と「クルンテープ」です。
「夢現無双」はご存知かと存じますが、吉川英治原作の時代劇で宮本武蔵がヒーローの物語です。昭和の初めに新聞に連載され、武蔵ブームを巻き起こしました。映画でも当時のトップスターたちが演じました。その後、テレビでも役所広司、北大路欣也、上川隆也、市川海老蔵、、木村拓哉などが演じました。どちらかといえば男性向けの物語ですが、その中に愛情、友情、優しさなど、人として大切なものが込められていますが、宝塚としては少し地味な感じもしますが、今回は一番若いトップの珠城りょうが新女性役トップの美園さくらのお通で盛り上げています。ただ淋しいのは、佐々木小次郎演じる、美弥るりかがこの公演をもって、卒業してゆきます。トップになると期待していた美弥るりかの退団はショックですが、また他の世界で活躍してくれるのを期待しています。
「クルンテープ」はタイの首都バンコクの正式名称だそうです。華やかにタイの伝統的な舞踊「ラバム」からタイの世界に導いてくれます。やがてタイ王国最初の王、チャクリ王の登場(珠城りょう)が主題歌「クルンテープ天使の都」を高らかに歌い上げます。最後なので、美弥るりかの見せ場も多くあり、楽しめます。ショーの方は大変豪華で見応えがあり、あぁ宝塚のショーだと気分最高で見終わることが出来ます。最終日には映画館で同時上映があります。是非ご覧下さいませ。
藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 07:30

宝塚花組公演「CASANOVA」

度々映画、舞台で上演されているロココ文化、華やかだった18世紀、世界中の女性たちを虜にしてきた稀代のプレイボーイの物語、カサノヴァ……。
水の都ヴェネツィアを舞台に、花組トップ男役、明日海りお。当然ながらこの世界の恋人、カサノヴァにぴったりのミュージカル。この明日海りおも今季の秋には宝塚を卒業してゆきます。何回も宝塚の舞台ではお目に掛かれないと思うと、しっかり目に焼き付けておかないと、と思い藤堂もしっかり観てきました。
花組トップの娘役として活躍してきた仙名彩世のサヨナラ公演でもありました。明日海りおが横浜アリーナに出演する、恋スルARENAには出演しません。今回が最後です。昨年上演されたポーの一族では、男爵夫人を美しく、悲しく演じましたから、タカラヅカステージでも流れていますから、是非見て下さい。
明日海りおも相手役の女性トップが仙名で、3人目だったと思います。また、新しい娘役トップと新鮮な舞台を見せてくれると思います。
今回のカサノヴァの演出は生田大和。若い人で、大劇場での演出は初めてですが、今後に期待が出来る方です。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 17:00

短い旅

短い三日間の旅「香港・マカオ」に行ってきました。お嬢様方は寒い毎日ですが、お元気でお過ごしでいらっしゃることと存じます。


今回の旅の目的は、若い時から行ってみたいと思っておりました、香港の夜景観賞でした。100万ドルの景色と言われていましたので、すごい期待でした。世界三番目との案内がありました、ヴィクトリアピーク(獅子亭展望台)。


藤堂は観光バスで行きましたが、電車があるようで、大勢の人が並んでいました。


(more...)
Filed under: 藤堂 — 17:00

歌舞伎

お嬢様藤堂でございます。


本日は珍しく歌舞伎のお話でございます。歌舞伎をご覧になられた事はございますか。藤堂も久しぶりですが、坂東玉三郎の踊りが好きで踊られる時には観に参ります。
十二月の歌舞伎の夜の部はAプロ、Bプロと2つに分かれていてBプロで新作舞踊傾城雪の吉原(けいせいゆきのよしわら)で玉三郎が傾城で踊られました。雪乃降りしきる中で幕が開きますと玉三郎の美しい傾城が豪華な衣装を身に着けて佇んでいます。全く美しく立っているだけで絵になる風情で心奪われます。雪が降り恋する人への想いを募らせながら春、夏、秋、冬と四季の風情を物悲しく、又心おどらせながら舞う姿は心奪われます。当代きっての女形の玉三郎の姿に満足した新作舞踊でした。是非是非お嬢様方もご覧になって下さいませ。きっと満足されると思います。


その他は「あんまと泥棒」「阿古屋」で三本でした。


「あんまと泥棒」はラジオの放送で有名になった面白い芝居で市川中車(ドラマなどでは香川照之の名前で出ています。)があんま、泥棒を尾上松緑が演じていますが二人のセリフのやりとりがとても面白い舞台でした。セリフも分かりやすい現代調です。


「阿古屋」は琴、三味線、胡弓を実際舞台で演奏される女形の大役で、Aプロでは坂東玉三郎が演じています。藤堂が観た方では中村中村梅枝が阿古屋を演じていましたが見応えがありました。


本日は歌舞伎のお話でございました。
藤堂
Filed under: 藤堂 — 10:30

村のピザ屋カンパーニャ

お嬢様、奥様、お坊ちゃま、旦那様少し寒くなって参りましたが、お元気でお過ごしでしょうか。
紅葉の便りが聞かれる頃となって参りました。『村のピザ屋』の話ご存知ですか。藤堂は先日友人5人で千葉県鴨川にある大場蘭園(蘭屋さん)の催事に参加してまいりました。その折昼食を摂るのに友人のひとりが『村のピザ屋』を知っているので行こうという事になり、『村のピザ屋』なんて美味しいのかなと不安がありましたが行ってみました。

君津の森の中にポツンとあり、こんなところにピザ屋?民家を改装したお店で何とも言えないムードがあり、オープンテラスもありお洒落な空間が楽しめます。本格ナポリピザの専門店です。地元千葉県産の食材をメインに使用し本格ピザ窯で400度前後の温度で一気に焼き上げるナポリピザのもちもち生地を楽しめます。

ひとりずつ注文しますと冷めてしまいますから5人でまず2種類を注文し分け合って食べました。窯が大きいので時間が掛かりませんから食べ終わる少し前に注文しますと丁度冷たくならずに頂けます。その日は先ずボロネーゼ、ビアンカハーブ。これに載っている生ベーコンは自家製で少し辛いですがとても美味でした。ミニトマトが載っているピザ、貝が載っているピザととてもバラエティに富んでいて楽しめます。

少し遠いので車で行くのが一番いい方法だと思います。時間がありましたら是非行ってみて下さいませ。値段も高くなく、良心的です。藤堂も機会がありましたらもう一度行ってみたいと思います。

ではこの辺で失礼します。次回は宝塚です。
Filed under: 藤堂 — 20:00

旅ノ最終章

イタリアの旅6日目はオプションでナポリ、ポンペイに行きました。

ナポリはローマから200km離れた都で世界3大美港の一つでとても美しい所でした。バスから降りて港での短い時間でしたが白い船が浮かび魅惑のの港でした。もう一度行ってみたいと思いました。

ポンペイはヴェスヴィオ火山の麓、サルノ川河口にあり古代には交易が盛んな港でした。紀元79年のヴェスヴィオ火山の噴火によって町は一夜にして埋没。その後の発掘で裕福な商人の家、浴場、円形劇場、建造物、美術品が出て参りました。メインストリートを歩き当時は賑やかな町だったのではと思いを走らせました。






見学が終わって遺跡から出てきますと果物が豊富に売られていました。イタリア旅行をされましたら是非行っていただきたい街です。




最後はイタリアの首都ローマに参りました。旅に出る前にオードリー=ヘップバーン、グレゴリー=ペックの映画「ローマの休日」を観ました。何回見ても心温まる楽しい物語です。オードリー=ヘップバーンの若く美しく可愛さは今でも目を閉じるとタイムスリップしたように感じられます。グレゴリー=ペックの新聞記者の心温まる演技も懐かしいです。日本の舞台で大地真央がアン王女をオードリーそっくりに演じたのも楽しかったです。スペイン広場、アン王女がジェラートを口にした場所ですが今は飲食が禁止になっています。トレヴィの泉、泉に背を向けてコインを投げ入れると再びローマを訪れることが出来ると云われています。コロンナ宮殿「ローマの休日」のラストシーン、記者会見が行われてアン王女と新聞記者が別れる。なんとも寂しい映画の場面です。ローマに行かれる機会がありましたら是非映画「ローマの休日」をご覧になってお出掛け下さいませ。一層印象深い旅が楽しめると思います。







長々とありがとうございました。また『旅』をしたいと思います。藤堂でございました。
Filed under: 藤堂 — 10:25

宝塚歌劇『凱旋門』『Gato Bonito!!』

シャンソンの曲が淋しいというか暗いというか郷愁をそそるひびきで静かに幕が開く。2000年に雪組で初演され主演の轟悠が文化庁芸術祭賞を受賞し、18年ぶりの再演です。轟悠は1985年が初舞台ですから長期に亘って第一線で活躍されています。18年振りですからきっと神経を使っての再演だと思います。少し頬が窪んでいるように思い努力のあとを感じます。

物語は1938年第二次世界大戦前夜ののヨーロッパ、戦火を逃れる者や各国からの亡命者たちがパリの街に集まり始めていた。ドイツから亡命してきた外科医ラヴィック(轟悠)もその一人である。亡命者たちの唯一の救いの場所である「オテル アンテル ナショナル」に身を置き、もぐりの医者として生きていた。ある雨の日の夜更け、セーヌ川に架かるアルマ橋の上で今にも身を投げそうな女と出会う。ジョアン・マヅー(真彩希帆)連れ合いの男がホテルで死んでしまい錯乱している。ドアマンをしている友人ボリス・モロゾフ(望海風斗)に彼女の世話を頼む。未来のない亡命者だという現実が彼女を愛する事に不安を感じさせる。3週間後再会するとジョアンは生きる希望を与えてくれたラヴィックに愛を感じ、二人は激しく愛し合うようになる。しかし別離が近付いている事も現実でした「パリ最後の日」のような状況を「凱旋門」がしっとりとみつめている。ラヴィックがパリと共に消えて行く。青年医師の人生と人間である事を大きく訴えて舞台は終わります。「雨の凱旋門」「たそがれのパリ」「金色の雨」等の曲が胸にしみ哀愁をかき立てる素敵なミュージカルでした。

雪組大劇場公演二作目は「Gato Bonito!!」藤井大輔(作・演出)です。トップスター望海風斗を中心にした美しい猫をイメージしたショーです。猫の世界で雪組船員が暑さを吹っ飛ばして活躍するのを楽しみました。

宝塚ファンのお嬢様、関心がおありのお嬢様「凱旋門」は是非ご覧下さいませ。きっと満足して頂けると思います。暑い日が続いていますがお元気でお過ごし下さいませ。

藤堂でした。

Filed under: 藤堂 — 11:00

宝塚歌劇 落語ミュージカル「ANOTHER WORLD」

落語で死後の世界を舞台にした作品でございます。星組メンバーが繰り広げる純愛冒険物語で「あの世」もこんなに楽しいのかなと錯覚を起こす抱腹絶倒の落語ミュージカルです。演出は谷正純です。
(more...)
Filed under: 藤堂 — 09:50

雨に唄えば

久々に宝塚歌劇のお話です。
1952年に映画が制作されてジーン・ケリー、ドナルド・オコナ―、デビー・レイノルズの出演で大ヒットしたミュージカル映画で藤堂はまだ17、8才の頃で日本で上演されたのは数年後だったと重み増す。ジーン・ケリーが雨の舗道を雨傘さして踊りながら歩くシーンは今でも忘れられない素敵な場面でした。
(more...)
Filed under: 藤堂 — 11:40

ゲキxシネ

お嬢様奥様旦那様お坊ちゃま、今年は5月より暑い日が続き、6月は真夏日の連続ですが如何お過ごしでしょうか。藤堂です。

以前、劇団新感線を「IHIステージアラウンド東京」で感激してとても面白かったとお話させていただきました。是非新感線の他の舞台を見たいと思っていましたところ、過去の新感線作品4作が「ゲキxシネ」として上映されました。最新のデジタルシネマ技術で収録、映像化し映画館で楽しむことが出来、舞台では見ることが出来ない部分、汗や涙もクローズアップされてみることが出来る画期的な作品になっています。

今回は作:中島かずき、演出:いのうえひでのりの4作品「阿修羅城の瞳2003」「薔薇とサムライ」「髑髏城の7人~ワカドクロ」「髑髏城の7人~アカドクロ」で残念ながら全作品を観る事が出来ませんでしたが頑張って東銀座の東劇まで3日間通いましたが、先ず面白いです。「阿修羅城の瞳」は中島かずきが描いた人と鬼との凄い恋物語で市川染五郎と天海祐希が美しくラブシーンもアップで見せてくれます。見たうちで一番のおすすめです。「薔薇とサムライ」はロックからバラードまで音楽も楽しめます。大変長い作品で途中15分の休憩が入りますが、19時から始まって終わったのが22時30分でした。天海祐希の海賊が、宝塚の男役トップだっただけに素晴らしいです。歌ありダンスあり、アクションありの超大作でした。「髑髏城の7人~ワカドクロ」は小栗旬、森山未來、早乙女太一ら出演で新感線の代表作を若い人達で見せてくれました。どの作品もそれぞれに楽しさがありました。天海祐希のおにが美しかったです。

次回新感線のメタルマクベスは期待大でございます。では本日はこの辺りで失礼します。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 12:30