ご挨拶

敬愛せしお嬢様へ

当家執事が一員、時任でございます。
お庭の桜も開き始めたこの日、当館はお嬢様、お坊っちゃまがたのお力に支えられ、無事に11周年を迎えることが叶いました。

本日サロンにお立ち寄り下さいました御方には、執事たちより当家を象徴する薔薇の花をお贈りさせて頂きました。
お忙しい御身ゆえ遠くお見守りくださる御方にも、今後お立ち寄り頂けました日々にて、変わらず微力を尽くしてお仕えさせて頂き、薔薇の代わりとさせて頂きたく存じます。

11年。大変長い時間でございます。
小学校3年生が成人式を迎えてしまうまでの時間でございます。
過ぎてしまえばあっという間のようでございますが、一つ一つが大切なものを綿々と積み上げてきた年月でございます。
その間にお屋敷を作り上げて下さった、育ててくださった多くの先人に深く感謝を申し上げます。

私ども使用人は、これから先の幾年月も、拙い足取りながらも、よりお嬢様、お坊っちゃまがたにお寛ぎ頂けるように勤めを重ねてゆきましょう。
それが今の、そして未来のお嬢様、お坊っちゃまの御役に立てることを願い、周年のご挨拶に代えさせて頂きます。




ーーーーーーーーーー



…あぁ、肩が凝った。
私にこう言った堅苦しい御挨拶は向いておりませんね。
まったく、諏訪野執事も椎名執事もどちらに行かれたのやら。

あれ?懐中時計は…ああ、執務机に置いたのでした。
…三時四十一分。あぁ、まだこんな時間ですか。ひとつお茶でも淹れてから御勤めに戻りましょうかね。

ん?

この時計動いてないじゃないですか。
これは大変、早くお嬢様をお迎えに上がらないと!
め、メガネメガネ、メガネはどこだ。あっ、掛けてた。
ああ、呼び鈴が鳴り続けている…はいはいお嬢様、すぐにお迎えに上がりますよ。



…おかえりなさいませ。
今宵も暖かな紅茶とお食事で、あなただけの大切な時間をお過ごしくださいませ。


いつでも。いつまでも。






Filed under: 時任 — 16:15

がんばってBIGになろう!

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌いかがでございましょう、金澤でございます。
春の風を感じる日も多くなってまいりました。しかしまだまだ寒い日も多くございます、風邪などには十分お気をつけ下さいませ。


さて今私はお屋敷での勤めを終え自室で神津島の焼酎 盛若をお湯割りで一杯やりつつ、衝動買いしてしまった車雑誌をペラペラと見ております。
見ている本は外国車専門雑誌、それも超のつく高級車がいっぱい、
一台ン千万円のスーパーカーがズラリ!
使用人の身分では絶対に手の届かない車達です。本の中に少しだけセレブな気分を味わっております。
スーパーカー!憧れますね~運転してみたいな~

華のある車たちにフッと思う…
当家の使用人がもしお坊っちゃまだったらどんな車が似合うかな?
華のあるTactの面々で考えてみた

環さん、 フェラーリ F12ベルリネッタ
(画像を載せたいのですが大人の事情がありますので気になりましたら検索をして下さればと存じます)
ん~思い浮かびます、軽井沢の隠れ家カフェのテラスでカプチーノを飲んでいる姿が、ハッと思いジャケットからモンテグラッパのペンを取り出し、束になっていた紙ナプキンを一枚取り何かを書いています、どうやら素敵な歌詞が産まれた瞬間のようです!
緑の木々の間に佇む赤いフェラーリ いいですな~


百合野さん、 アストンマーチン ヴァンキッシュ
そこは西新宿にそびえ立つ高層高級ホテル、正面玄関の車寄せに到着すると後部座席からギターケースを取り出す、今日は曲の打ち合わせのようだ。
車係にキーを渡し「お願いします」とどんな時も穏やかでジェントルマンな対応が実にスマートだ
シルバーのアストンマーチンが照明の光でキラキラ輝いている


隈川さん、 シボレーコルベット Z06
温厚なイメージな彼だがプライベートではヤンチャな少年の心を持っている
オールバックがビシッとキマッたところでこの日は横浜横須賀道路をぶっ飛ばし南へ!どぶ板通りにあるあの店にオーダーしておいたスカジャンを取りに行くのだ
ブラックのコルベットは矢のように走る!
こらこらスピードおさえて


葵さん、 ランボルギーニ アヴェンタドール
暴れ牛のように荒々しいエンジン音を轟かせながら青山通りを爆走!
表参道のとある店の前に止め、誰に贈るのかな?花束を買って車に戻ると、「写真撮っていいですか?」と声をかけられる、車の前でキメッキメにポージングする葵さん、
声の主の女性「…」「あの~」「じゃあ…」
最初は車を撮るつもりだったのだけど、その後写真を見返しているうちに…恋が芽生えてしまったようだ
もう葵さんったら


他の使用人も考えてみたいですな~いろいろ想像(妄想とも言う)をするのは楽しいです。



桐島くん、 ローバーミニ
大きな体で小さい車に縮こまって運転する姿
環八通りで渋滞に巻き込まれてしまっている
ぼーっとしてたら前が進んでいて後ろの車からクラクションを鳴らされ、慌ててクラッチをつないだらエンスト、またブッブーと鳴らされてしまう。
自ら可愛がられポイントを作ってしまうそんな所が彼の良いところでもある
車が故障したら直してあげますよ

……
あら?
盛若が無くなってしまった
空いたボトルを名残惜しみつつ今日はこのくらいに
明日はお休みなので私は、10万キロ走破のオンボロ国産車で海方面に生しらすでも買いに行きます。


『 Rock'n Rouge 』♪
Filed under: 金澤 — 11:30

春、それは…

少しずつ暖かな日差しが増えてまいりましたね。



暖かな日差し、暖かな日中。私の最も好む適温でございます。



天からの日差しという恵みを受けながらほんの少し横になる。こんな贅沢な事がありますでしょうか。


その後は散歩でございますね。少し涼しげな風を浴びながらの散歩。これもまた贅沢でございます。


こんな贅沢を私と共有する相棒がおります。


眠るときは、私を枕の代わりに


散歩のときは、我先にとリードしてくれる


彼。

また、共に良き時を過ごすと致しましょう。

杉村
Filed under: 杉村 — 20:30

生駒の都会歩き

ご機嫌麗しゅうございます。
最近花粉と格闘している生駒でございます。
この時期になりますと、マスクやティッシュが手放せず、荷物が多くなるのが悩ましい限りでございます。


さて、今回のお散歩コースでございますが、東京駅近辺を歩いてみました。
当日はとても風が強い日でございましたので、とっても酷い目に遭いながらも歯を食いしばりながら歩いておりました。

例のごとく写真多めですのでご容赦を。

まずは東京駅から






丸の内のビルの合間でございます。




新丸の内ビル
雰囲気がとてもオシャレな建物でございました。




大手町のビルでございます。






この日は昼間のうちは暖こうございましたが、やはり陽が落ちますと一気に冷え込み寒うございました…。
まだまだ寒さには気をつけねばと思った、今回のお散歩でした。


ーーーーーーーーキリトリーーーーーーーーー

ようやく春の足音が近づいてまいりましたね。
色々と寂しさが募りますが、切り替えていかなければなりませんね。
心を引き締めてこれからもお仕えさせて頂きたく存じます。


話は変わりますが、季節の変わり目は体調も崩しやすくなりますので、あまり御無理はなさらないでくださいませね。



今日も1日よい日を。
ささやかな願いを込めて、生駒。
Filed under: 生駒 — 14:14

試行錯誤中

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

前回の日誌でご紹介させていただいた糠漬けですが、現在も試行錯誤を続けております。

糠床自体は流石に市販品を使っただけあり、上手に仕上がりました。
漬ける野菜としては、大根や蕪は鉄板でございますね。
大きな失敗もなく、安定した塩味と酸味を得られます。
予想以上だったのが人参。
漬かるまでに時間が掛かるのが難点ですが、漬かってしまえばこちらのもの。
塩味や酸味に、ほどよい甘味も加わり、今のところ一番のお気に入りです。

また、意外だったのがエリンギ。
漬かる時間も早く、食感も楽しめる、糠漬けの新たな一面を見せてくれました。

ズッキーニも試してみたのですが、一風変わった風味ではあるもののリピートするほどではないかな…という印象です。

予想以上に難しいのが胡瓜。
「漬け物は胡瓜に始まり胡瓜に終わる」と言われているとかいないとか。
そんな漬け物の定番であるはずの胡瓜なのに、青臭さが立ってしまい、上手に漬かっていない気がするのです。
ううむ、なかなか難しい…。

このように、様々な野菜を、塩揉みしてから漬けてみたり、干してから漬けてみたり。
糠床を改良するために、唐辛子を入れてみたり、生姜を入れてみたり、昆布を入れてみたり。
試行錯誤しながら、理想の糠漬けを目指して、日々楽しんでおります。
糠床は「育てるもの」だということを実感している毎日です。
Filed under: 吉川 — 13:30

古谷でございます

海の世界で生きる舞姫。



異なりし場所で生きる、地上の彼に心惹かれた彼女はすべてを賭してまで、水のなき晴れた海へと昇ります。



たとえその声奪われようとも、その身を焦がすほどに溢れ出る、彼に抱いた切なく儚いその想い。それでも想いは届かなかった。泡のようにやがて消えゆく、それはあまりに切なく悲しい物語。




儚く立ち上る泡のような気持ち。決して叶わない願い…。






「スプモーニ」と申しますカクテルをご存知でございますか?イタリア語でspumare(泡立てる)という意味の言葉から生まれたこのカクテル。甘みの中に、ほろ苦い余韻が後をひく、泡立つこのグラスを眺めていると、掴めない気持ちすら飲み込んでしまいたい。そんな今にも弾けてしまいそうな、儚き想いが込み上げてくるかもしれません。




「人魚の涙」




アクアマリンのもうひとつの名前。




もしもこの世に涙の色に染められた、そんなスプモーニがあるとしたら、その色はアクアマリンの輝きの如く、きっと儚い色をしているに違いありません。そしてそのお味はあまりにも爽やかで、甘くほろ苦い。海の舞姫、人魚の想いを表すような、そんなお味でないかと存じます。





スワロウテイル開館記念日。当日までまもなくでございます。





何かのおわりが何かのはじまりのために在るのだとしたなら、たとえこのカクテルが儚く消える泡のように、切ないお味をしていたとしても、貴女を前へと進めるような、そんな新たなる門出のグラスになれば幸いでございます。





よろしければお召し上がり下さいませ。11周年記念カクテルとして、当日ご用意致します3月のバースデーカクテル。その名前は、




「Tear–moni」ティアモーニ。




古谷
Filed under: 古谷 — 18:00

にいさんぽ〜川越探訪記・後編

お嬢様、おぼっちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。

最近、ベレー帽をかぶっては他の使用人たちに「漫画家?」と言われるのがお約束、クリスチーネ新山でございます。


さてさて、今日も今日とて川越をばふらふらと。
何だか春の風が吹いた気もいたしますが、気のせいでしょう。だってまだ、川越は秋なのですから。

美味しいうどんに舌鼓、御馳走様でしたとお店を後にした私は、足早に通り過ぎてしまった菓子屋横丁を只今絶賛散策中です。

お土産ついでのお買い物にお煎餅をぽいぽいバスケットへ。
醤油のお煎餅、好きなんですよね。
おかきも良い。豆おかきなら、尚良し。
海苔のお煎餅もぽいっと、3ポイントシュート。

おせんべ手に下げ、キョロキョロと。
ビビっときたのはお漬物屋さん。独特の良い香りです。色々な種類がありますが、ほとんど試食出来るのが嬉しいですね。パリパリ食べながら吟味して、蕪の糠漬けときゅうりの柴漬け、生姜のみそ漬けをちょちょいとチョイス。
この時、年明けにたくあんを大量に持ち帰って来ることを、新山はまだ知らない。

大満足で菓子屋横丁を後にして、再び蔵造りの道へ。
ふわりと風に乗って、どこからか焙じ茶の良い香りが。今はまだお昼を済ませたばかりなので、しばらく歩いたら焙じ茶でほっこり小休憩なんてのも良いですね。

後の楽しみが出来たことで、俄然踏み出す足に力が入ります。
今度は蔵造りの街並みを、車道を挟んで向かいの道から来た方向へ戻ってみましょう。

こっちの道は何だか高級そうなお店が多い気がします。
入るのも勇気の要りそうな陶器の並んだお店を横目に歩いて行くと、見えてきました待ってました。川越と言えばこれでしょう、川越のシンボル時の鐘。

度重なる火災に見舞われても、すぐさま立て直されて現在は何と四代目。どれだけ大切にされているのかが分かりますね。

もっと近くで見ようと鐘つき通りに入って見ると、…おやまあ、これはまるで工事現場の様で…。
と言うか工事現場でした。耐震工事の真っ最中だった様です。これは残念、お色直し中でしたか。
あまり見たくない光景でしたが、時の鐘さん側も逆に長々そんな様を見られたくはないでしょう、これは失敬と通り過ぎるのが賢明ですね。

鐘つき通りを歩いていると、肌寒い中ソフトクリームを召し上がられてるご家族様が。
お子さんの付き合いでしょうね。お父さん、眉間に皺寄ってますよ。

ずんずん進んで行くと、何故でしょう、何も無さそうなのにいやに気になる路地を発見。
これは自分の直感を信じて行くしかないでしょう。

路地を進むとコーヒーの良い香りが。お洒落なコーヒー屋さんを見付けました。が、例によってお洒落過ぎて入れず。気になるんですけどねー、がっくし。

むむ、臭う。この先が臭いますぞ。いやコーヒーではなく。
何かを感じた道の先を曲がると、見えてきたのは「スカラ座」の看板。
これは! 話には聞いていましたがこんな所にあったとは。
明治時代から現在も続く歴史のある映画館。入って良かったこの道に!

是非入りたい…中を見たい…、ですが映画を観ている時間は無い…。そもそも上映時間過ぎてますし…。
上映しているのはCGがドーン!ハリウッドがバーン!スピルバーグだ全米だ!等とは縁も無さそうなミニシアター向けのシブい感じの映画。こういうのがまたそそる。田村正和、好きなんですよね。眠狂四郎とか。これまたがっくし。

肩を落として一人ふらふら川越を彷徨う。そういえばと気付いて大正浪漫通りに向かってみるも、辺りは日が落ち暗くなり始めほとんどの店が店仕舞いを始める時間、心情察するに暗中浪漫。

焙じ茶で一服、とも考えておりましたがこの様子ではそこも開いているかどうか。おまけに小雨が降り出して、もう帰ろうかと蔵造りの通りへ戻ると、一件のお店に暖かい光が。

「紅茶浪漫館 シマ乃」

雨宿りがてらここで一息つこうかと店内に入ってみると、木の温もり感じる穏やかな内装。外の寒さは何処へやら、何だかとても暖かい。

奥のソファー席に座ってメニューを拝見。ほー、紅茶館と言う割に食事が豊富。コーヒーも結構種類があります。

しかし、ここはやっぱり紅茶にいたしましょう。浪漫ブレンドも捨てがたいですが、小手調べにダージリンを注文。

待つこと暫し、やって参りました。
茶漉しがある、と言うことは茶葉入りですな。そして何と、カップがノリタケのハートフォード!
よくお嬢様方にはご用意しますが、まさか自分自身が使う日が来るとは…。

砂時計で3分計って、早速一口。
あぁ、好きなダージリンです。香りがあーだこーだと持ち上げられるダージリンですが、強い香りが苦手な私にはこれくらいが丁度良い。
何よりお店の雰囲気が良いから、尚のこと美味しく感じます。これはどこまでもくつろげる。

ついつい本を開いて長居の態勢。となると、お茶受けも欲しくなってきます。
少し迷って、スコーンの3種盛りと追加でウバをミルクティーで。スコーンは何種類かある中から気まぐれに3つ選んでくれるらしいです。何が来るかお楽しみ、こういうのワクワクしますね。

ちなみに今日の本は畠中恵さんの「アイスクリン強し」。
文明開化の明治時代を舞台に、当時はまだ日本に馴染みの無い西洋菓子職人を目指す主人公と、目まぐるしく変わっていく日本に翻弄される若者たちのキュートな青春物語です。
レトロな雰囲気がより楽しめるので、川越にはぴったりの本でございます。

西洋菓子がたくさん出てくるのでケーキなんかも食べたくなりますが、目の前には美味しそうなスコーンが。

小さめのスコーンが3種類。紅茶とレーズンとチーズのスコーン。クロテッドクリームとハチミツでいただきました。
このチーズのスコーンが美味しいこと。当家でも是非ご用意したい。

それにしても居心地が良い、ここはきっとまた来るでしょうね。


ついつい長居しすぎてしまいまして、店を出るとすっかり暗くなっておりました。

今回の川越散歩はここまでですね。いやはや、良い時間を過ごせました。
雨はまだ降っていて寒くはございますが、なんと晴れやかで暖かいことでしょう。

皆様も良ければ一度、足をお運び下さいませ。川越良いとこ一度はおいで。


今度は何処へ散歩に行きましょうかね。

それでは、また。



…やっぱり、いも恋買ってこよう。まだお店開いてるといいなー。


明日も良い一日でありますように。


新山
Filed under: 新山 — 11:50

アニバーサリー期間のお飲み物につきまして

お嬢様、お坊っちゃま、お帰りなさいませ。
豪徳寺でございます。


少し寒さも和らぐ一日でございました。
お変わりございませんでしょうか。


(more...)
Filed under: 豪徳寺 — 23:55

甘味男子達

お嬢様方、お外は春めいてきましたでしょうか?花粉症持ちなのでこの時期お屋敷の外にあまり出ないようにしている緑川でございます


本日は最近私の周りで起こった甘味に関することをご報告いたしましょう




(1)シベリアに合う紅茶


先日からシベリアにはどんな紅茶が合うか考えておりましたが、やはり紅茶係の意見が参考になりました


彼はオススメはリリスだと申しておりました


やはり日本のものと海外から伝わったもののコラボレイションというやつでございますので、アッサムとほうじ茶のコラボレイションとマッチしているのでしょう


ただ羊羹も古い時代に他国から伝わった物だそうでございますが、この際細かいことは気にせずにまいります


彼には餞別にシベリアを贈っておきましょう!


(2)意外


先日少し早いホワイトデーといたしまして、綾瀬から手作りケーキをいただきました!


どんなケーキかと申しますと…


いただいてすぐに口にしてしまったのであまり覚えておりませぬ…
美味だったことは覚えております!


お味気になる方はぜひ綾瀬に聞いてみて下さいませ


彼にスウィーツ男子ならぬスウィーツ使用人としての素質があったとは…
同じスウィーツ使用人として負ける訳にはゆきませんね


私は食べる専門の方でございますが


(3)チョコの行方


杉村はバレンタインに手作りチョコを配っていたようですね


杉村、私まだもらってないよ?




今回のご報告は以上でございます


お嬢様方、気になるスウィーツや話題のスウィーツなどありましたらぜひぜひ教えて下さいませ


緑川
Filed under: 緑川 — 13:00

浅葱と申します

お嬢様、お坊ちゃま。
お初にお目に掛かります。
私、浅葱(あさぎ)と申します。

この度大旦那様よりお許しを頂き、
フットマンとしてお仕えいたします。

まだまだ未熟者ではございますが、
お嬢様、坊っちゃまに
快適なひと時をお過ごし頂けるように、
立派なフットマンになれるように、
これからもより一層精進致しますので、
よろしくお願いいたします。

当家ティーサロンで
お嬢様、お坊っちゃまを
お迎えする時を心待ちにしております。

浅葱
Filed under: 浅葱 — 10:30