紫外線

お嬢様、ご機嫌いかがでございますか?

この時期は日差しが大変強く、少し出歩いただけで疲労が溜まってしまいますね。

日差しと言えばこの時期気になるのが紫外線。
「曇りの日の方が晴れの日より紫外線が強い」という話を聞いたことがあるかも知れません。

私気になって調べましたところ、どうやらこのお話は誤りの様でございます。

気象庁によりますと紫外線の量は快晴の時に比べると、うす曇りの場合は約80〜90%、くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%になるとの事です。


しかし、雲の間からお天道様が顔を覗かせている場合にはそうとも限らないらしく、太陽光に加えて雲の散乱光によって快晴の時よりも紫外線が強くなる事がある様です。


雲の合間からお天道様の光が差す光景はなかなかに神秘的で、私は好きだったのですが、こう言った弊害もあるのですね……ひとつ勉強になりました。

お嬢様もお散歩なさる際は日焼け止めや日傘などでしっかりと対策をしてお疲れになりましたらすぐにお屋敷に戻ってお休み下さいませ。


室井
Filed under: 室井 — 22:00

撫で肩

今年の梅雨は、本当に雲が空を隠す日ばかりで、
全然太陽を見た覚えがございませんね、、、

羽瀬でございます。

今年は、たくさんの使用人が
浴衣姿になってこざいました!
大旦那様がそれぞれの使用人に合わせて
浴衣を用意してくださって、
人に服を選ばれるということが久しぶりでしたので、
新鮮な感覚でございました。

お嬢様方、使用人たちの浴衣姿は
いかがでございましょうか?

和風な所へお嬢様が行かれる際、
燕尾服姿の我々が目立つようなら、
浴衣での給仕も視野に入れて頂けるよう、
大旦那様に相談してみましょうか、、、


ところで、浴衣といえば、、、
そう。
撫で肩が真夏の太陽の如く煌めくんですよね!

首の下から少し下へストンと落ちた肩ライン、
その下も柔らかい浴衣のラインで
腹辺りは帯で締め、メリハリを。
そして足元には下駄や雪駄で涼しさを。

うーん、、、びゅーてぃふぉー!でございますね!


普段、かっちりとした
燕尾服では気づかなかったシルエットを
浴衣姿で発見するのもまた、
ひとつ面白いかもしれません。
今年初めて着る使用人も多ございますし!



あ、お嬢様!
ラムネを開ける際は使用人におまかせを!
先日宿舎で金澤が大爆発させておりました故、
お嬢様のお召し物を汚す訳には行きませんから!!

あえて挑戦されるというのなら、
その時は大量のタオルを用意しておきますので、
事前にお伝えくださいませ。


羽瀬
Filed under: 羽瀬 — 22:00

青汁のその先へ


皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

以前に青汁を飲み始めたというお話をさせていただきましたが、ついに最終進化とも言える飲み方にたどり着きました。
甘くない大麦若葉の青汁に、レモン味のBCAAをミックスした、通称「レモン青汁」です。

BCAAとは何かというと、筋トレ民にとってはプロテインと同様にお馴染みの必須アミノ酸で、筋肉の減少を防ぎ披露回復に役立つ魔法の粉末です。
プロテインよりは飲みやすく作られているのですが、いかんせん人口甘味料によって甘すぎることが多く、飲むのに難儀しておりました。
そこで目を付けたのが青汁の自然由来の苦さ、青臭さです。
これが見事にベストマッチ!
映画『貞子vs伽椰子』で「化け物には化け物をぶつけるんだよ!」と言っていたように、甘味と苦味の化け物同士をぶつけてみたら、 化学と自然が相殺しあい、台湾で飲んだ翡翠檸檬茶(レモン緑茶)を彷彿とさせる激ウマドリンクに生まれ変わったのです。

余談ですがこの翡翠檸檬茶、初めて飲んだ時はその鮮烈さに驚き、「これは日本で流行る!」と思ったものですが、その気配はありませんでした。
夜市の屋台で買った台湾シフォンケーキはブームの兆しを見せているのですが……。

ただこのレモン青汁には弱点がありまして、青汁がほとんど水に溶けず沈澱してしまうため、飲むたびにシェイクしなければならないのです。
私は飲み終わった炭酸水の500mlペットボトルの口に漏斗を差し込み、BCAAと青汁と水を入れ、蓋をしてガシャガシャ混ぜながら飲み、飲み終わったらペットボトルを捨てるというサイクルを繰り返しています。
今年の夏はこのオリジナル健康サポート飲料で乗り切ることにいたします。
Filed under: 吉川 — 22:00

影山でございます。

以前よりも自室にいる時間が増えた事もあり、

縦積みだった文庫本をようやく全て読破致しました。



そういえば伊織に

わたくしがカバー買いした本を貸しておりますが、
読み終えたら是非感想を聞きたいものでございます。

わたくしは読む作者が偏ってしまう傾向がございますので、

読んだ事のない作者や

久しぶりのカバー買いもしてみようかなと考えてございます。


お嬢様、

もし何かオススメの本がございましたら、
是非ティーサロンにてお聞かせ下さいませ。
Filed under: 影山 — 22:00

アイス

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
隈川でございます。

お嬢様は「あたたかい」と「つめたい」どちらがお好みでしょうか。

何の話?
と思われたかもしれませんが、特に何というわけでなく感覚的なお話でございます。

暖色と寒色
お鍋と素麺
ホットティーとアイスティー
微笑みと冷笑

私は大体の好みが冷たいものに寄っております。
季節は夏が好きですが、それすらも暑い方がより心地よく冷たさを堪能できるからなのではないかと最近気がつきました。

好みの環境と嗜好は相反するものなのかもしれませんね。

そんな私は今ひんやり冷やしたお部屋でひんやりアイスをいただいております。

…え?言っていることとやっていることが矛盾している?
いや、えー…この涼やかな部屋を心地よく感じるのも、暑い夏のおかげということでございます!

今年の夏も素敵な冷たいものを沢山集めたいと思います。突き詰めたいと思います。つめたいとおもいます。











…タイトルでフットマンアイスのお話かと思わせつつ全然関係のないお話で申し訳ございませんでした。こちらも宜しければ是非召し上がってくださいませ。


隈川
Filed under: 隈川 — 22:00

古谷でございます

熱視線、浴びる如く

日差しの強い一日が続きます

そんな夏本番

如何お過ごしでしょうか?

(more...)
Filed under: 古谷 — 22:00

葉月

耐え難い暑さが続いておりますがお嬢様いかがお過ごしですか、
乾でございます。

毎日のように暑い日が続きますとなにやら頭がうまく働きません。

たまには何かゲームでもして気分転換でもいかがでしょう。

私がお相手いたしますので何がよろしゅうございますか?

はい?「チェス」でございますか、よろしいですね。

では私が先攻(下側の白い駒)、お嬢様が後攻(上側の赤い駒)
で始めることにいたしましょう。

では、私から「ポーンをg4へ」

お嬢様は「ポーンをe5へ」でございますか・・・

ならば私は「ポーンをf3へ」・・・「ん?」



いけません、私やらかしてしまいました・・・

次のお嬢様の一手で勝負がついてしまいますね。

では、ここで問題です。

お嬢様の次の一手が「チェック」となります。

どの駒を何処に置かれますか?

お嬢様ならもうお解かりですね。

次月の執事日誌で正解をお知らせいたしますが、
答えを直接教えてくださればとても嬉しゅうございます。

では、お嬢様のお帰りをお待ちしております。

Filed under: — 22:00

Jump!!

夏真っ盛り!! ギラギラと輝く太陽!! 最高のシーズンの到来ですね。

夏へのモチベーションに周囲とのギャップを感じる能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



スポーツ観戦の熱気にあてられながら、しゅわしゅわをいただきたい。

ナイターの時間がよろしいでしょう。真夏の醍醐味でございますよね。

画面越しに汗水たらして奮闘している選手たちを拝見しておりますと、

幼少期の思い出がふと蘇ってくるのです。あれは蝉時雨の降る真夏日。



生まれた故郷の土地柄、よく甲子園に連れていかれた記憶があります。

この時期は祖父と一緒にアルプススタンドで応援をしておりました。

今年はその雄姿が見ることができず、心の底から残念に思います。

一番悔しいのは本人たちでしょうから、その気持ちには痛み入ります。



私は、取り返すことのできる時間も必ずあると信じております。

来年には様々な催しが復活いたします。今年できなかったことが多い分、

有り余ったみなぎるエネルギーを爆発し、完全燃焼を目指そうかと。

そんな気概を胸に、来年までの活力にしようと考えております。



そうこうしておりますと、夏休みのすぐにおしまいになってしまいます。

お嬢様はどちらへバカンスにお出掛けでいらっしゃいますでしょうか?

使用人がみな心配いたしますので、あまり遠くへ行ってはいけませんよ。

充実したお休み期間になさってくださいませ。



能見
Filed under: 能見 — 22:00

体調管理

夏、日差しも厳しい最中、いかがお過ごしでしょうか?
伊織でございます。

日差しが強い日も少なくはありません。使用人の中にも、日焼け対策に余念のないものが見られます。
とはいえ、身を守らなければならないのは日差しからだけではありません。脱水や熱射病への注意も怠ってはなりませんね。

以前、「水分」を摂ることと「水」を摂ることは違うという話を聞いたことがあります。
純粋に水を飲むということが、水分を摂るとは違った機能を果たすということだそうです。甘味やアルコールが添加された飲み物と水を比べれば、まぁ、納得でございます。
水分補給と一言に申しましても、おとりになる飲み物はお選びくださいませ。
Filed under: 伊織 — 22:00

人の暮らしというものは

敬愛せしお嬢様へ

なかなか来ないくせに、一度来ると今度は居座って帰らない。
梅雨というのは、まるで厄介なお客様のようでございます。

世を脅かす流行り病にも、もちろん重々にお気をつけ頂きとうございますが、湿度や温度差に体調を崩しやすい季節でございますゆえ日常に於きましてもどうかご自愛くださいませ。

さて。
ご自愛ご自愛と私どもよく申し上げますが、
具体的に何をすれば良いのかと仰せかもしれません。

お体を冷やさない、手洗いうがい、バランス良きお食事。もちろん色々とございます。
そして何より、しっかり睡眠をとっていただくこと。これが肝要かと存じます。


降って湧いたような、流行り病による自粛期間。
いつかまたお仕えを再開する日に向けてと、ひたすらにトレーニングと学習に時間を向けておりましたが。
それに加え。我ながら呆れるぐらい寝ておりました。

朝は起きるのです。起こされます。起きて朝食を採り、運動して入浴しないと落ち着きません。
そして力尽きるまで体を鍛え、学問を学び、家事を行い。
短時間で力を使い果たしたあたりで、お布団に誘われ「いいから寝ろ」と寝かしつけられ、パタリと眠ります。

お昼ぐらいに起こされて、昼食を作り、軽く水を浴び、運動して勉強して。そしてまた寝かしつけられます。

空が茜色になる頃。また起こされて。
食材を確認し、必要なら散歩てがら買い物に行き。
夕食はちょっと時間をかけて作り。
食事・読書・運動・入浴と終えるとまた寝かしつけられます。


……一日の2/3ぐらい寝ていた気が致します。
人としてどうなんでしょうか。


さて
「起こされる」「寝かしつけられる」と
第三者によって生活を管理されているかのような記述が多々見られますが、
これは何者かというと、うちの猫たちです。

起こされます。これは今でも朝は起こしに来ます。
下手な目覚ましより正確です。

そして私が疲れていると、布団に行けと訴えます。
ぺしぺし叩かれます。引っ張られます。押されます。あげくに噛まれます。
お布団の上に横になると、頭を抑え込まれて寝られます。
今もやられます。
大変暑いですが、お構いなしのようです。


思えば、あの季節。
人ではなく猫のペースで生活していたのかもしれません。
起きたら、配分など考えず全力で体力を使いきり、
そして寝る。この繰り返し。


お仕えすることが叶わぬことや、何一つ進められないことに対するストレスは多々ございましたが
健康面に関しては、呆れるレベルにまで頑健になりました。

お嬢様。

人の暮らしと猫の暮らし。双方を知る私が申し上げます。

睡眠は大切です。
心身になにがしの故障を感じたときは、何より良く寝るに限ります。
世間には人としての暮らしが戻って参りましたが
もし満足な睡眠を脅かされる生活があるならば、それは我慢なさらず改善すべきです。

高潔な意思や使命のために我慢なさることも多うございましょうが。

それはゆっくりと確実に、ご自身という財産を削っておられることもお考えください。
そして、ご自身という財産が失われたとき、誰が悲しむのかも。


……笑いをとるつもりが、なぜかシリアスなお話になりました。


ところで。
なにかと良く寝て。
そして人をなにかと寝させようとする猫たちですが。

エジプトや北欧などの神話において、猫は「夜の守護者」「眠りの守護者」と位置付けられております。

人の眠りを守り、眠りのなかで人を癒し
悪い夢を近づけず、眠っている間に悪しき者を追い払うのだそうです。


今日も頭に乗ってきて、ゴロゴロ言いながら人を寝させようとする猫と。
足の横に張り付いて、くるんと丸くなって、物言いたげにじっと見てくる猫に。

そうか。今も守ってくれているのかと、感謝を感じなくもありません。


暑いけど。
Filed under: 時任 — 22:00