ダンディー&セクシー

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌いかがで御座いましょう、金澤でございます。

まだ街が動き出す前にふらっとパトロールです。
日中は多くの人で賑わう場所も早朝となるとひと気も疎らです。
選び放題のベンチに腰掛け、振り返った顔が印象的な缶コーヒーを飲みながら景色を眺めます。

 

 

 

 

子供の頃に憧れた職業に「刑事」というのがあります。
なりたいわけではないけれど憧れる、そんなヒーロー的な存在なのです。映画やドラマの影響が大きいのでしょうか。
ここ数日、過去の名作ドラマを見返し、再び影響されているところをみると、大人になっても変わらないようです。

『 RUNNING SHOT 』♪

第二十九回ピュアティーの魅力

初夏を感じさせる新緑と日差しの眩しさが感じられる今日この頃。
いかがお過ごしでしょうかお嬢様、お坊ちゃま。
紅茶係の白川でございます。

それでは今月も数多と言えどそのひとつひとつが強烈な個性を放つ紅茶のご紹介。
ピュアティーの魅力の幕開けでございます。

それはあなたにとってどの様な紅茶でございますか?

????「それは他の紅茶とは違う美味しさと香りを兼ね備えた紅茶でございます。」

他とは違う…?
それでは他との違いと魅力をこの方とご紹介。
本日はわたくしと同じ紅茶係の御茶ノ水と〝アンバー〟の魅力に迫ります。

まずアンバーは一般的にルフナと呼ばれる紅茶であり、それはスリランカ南部のルフナ地域で生産された紅茶でございます。
ルフナは今までご紹介させていただきました標高の高い生産地、リオンやラピュータなどのハイグロウンティーとは違い標高の低い地で生産されたローグロウンティーでございます。
その特徴はなんと言いましても、

御茶ノ水「味わいの濃厚さと独特な香りでございます。」
そう、その香りは麦芽やカラメルを思わせる複雑な香り、口に含めば最初、黒糖の蜜を思わせる濃厚さと強い渋みが残る余韻の力強い紅茶でございます。

おすすめの召し上がり方でございますが、
御茶ノ水「ルフナの主な輸出先である中近東ではやはりチャイなどのミルクティーとして楽しまれます。ルフナの濃厚さとミルクがとても相性が良くミルクティーが定番となっておりますがわたくしは同じくらいストレートで楽しむのも好きでございます。
是非、お嬢様にはミルク無しの純粋なルフナの魅力も感じていただきとうございます。」
との事でございます。
また、ルフナの濃厚さはアイスにしても失われる事なく、これからの暑くなる季節にはアイスミルクティーにもぴったりでございます。

最後にアンバーAmberは英語で琥珀という意味でございます。
その琥珀色のアンバーから琥珀の様に閉じ込められた様々な思いを堪能すべく、是非ご帰宅の際にはご用命下さいませ。
御茶ノ水をはじめ紅茶係一同が心を込めてお淹れいたします。

 

次回はどの紅茶にいたしましょう?
それでは次回まで、
ごきげんよう!お嬢様、お坊っちゃま。

豚汁

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

最近は釣りの話ばかりしておりましたが、その間にもう一つ夢中になったものがございます。

それが豚汁です。

野菜スープだけでは摂れない根菜をメインとした料理。

料理といっても切って入れるだけですので意外と簡単に作れてしまいます。

工程としては、

根菜を切る

豚肉と根菜を炒める

調味料と出汁の素を入れる

お水でひたひたにする

野菜を柔らかくなるまで煮る

味噌をとく

以上でございます。

簡単で美味しい。

料理をする上でとても重要でございます。

是非とも一度試してみてくださいませ。

日誌

お嬢様、御坊ちゃま、奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
山岡でございます。

5月もあっという間に過ぎ行きました。
昨年の自分がどのような日誌をしたためていたのか、
気になって見返してみる事に致しました。

「私ひと月でどれくらいお酒を飲んでいるのだろうか」という内容でございました。

思えばこの一年でお酒を飲む量は前年比ではありますが減りました。
代わりに食事の量が増えた気が致します。
ベルトの位置が昨年に比べ変わりました。

燕尾服の性質上お腹周りは結構隠せてしまいますので、お嬢様方からは中々見えないものではございますが、うーむ。

6月から夏服が始まりますので…
スラックスの上にお腹のお肉が乗ってしまわぬようにきちんとせねばという気持ちでございます。

これからどんどん暑くなって参りますからね、
お身体には充分ご自愛くださいませ。

朝食

ご機嫌麗しゅうございます。
小瀧でございます。

日に日に日差しが強くなり、灼熱の季節の近づきを感じる頃ですがいかがお過ごしでございましょうか?

私はと申しますと、最近は朝食にフルーツグラノーラを食べることがマイブームでございます!

目が覚めると、フルーツグラノーラを食べるぞっ!という気持ちと共に動き出します。

まず、紅茶のためにお湯を沸かし始めます。
その間に、適量のフルーツグラノーラを器に入れて適量のミルクを注ぎ。
お湯が湧いたらティーバッグをいれたティーカップにお湯を注ぎ、先程準備したフルーツグラノーラを食べ始めます。

ひんやりとしたフルーツグラノーラとあたたかい紅茶、相性抜群でございます。

このまま継続していけばモーニングルーティーンとして確立できそうですが、たまには他のものも食べたくなりそうでございますね。

お戻りの際にはおすすめの朝食、ルーティーンをお聞かせいただければと存じます。

そういえば、チョコバナナ味のフルーツグラノーラもあるみたいです。

わくわく、、、尽きませんね!

日誌

ご機嫌麗しゅうございます。お嬢様。

葉山でございます。

 

私、少々残念な気持ちでおります。

それは今年も藤の花のトンネルをくぐり心ゆくまで堪能する予定だったのが…行ってみるとすでに終わっており、ひとひらすら見ることができず。
もちろん別の場所へも足を運びましたがそこも終わっておりました。
気のせいでしょうか藤の花のシーズンが年々早まっているような。

しかし時期が過ぎ行く花があれば迎える花もございます。

ここからが今月の葉山散歩。

今まさに見頃を迎えているのはお屋敷にも関係深いバラの花でございます。
一季咲きのバラはまさに美しい季節。
ともなれば少し遠い場所だとしてもバラ園へと赴きめいいっぱい満喫しなくては。

そうしてその園へ足を踏み入れるとそこに広がる一面の美しいバラの花畑。
赤、白、黄色、ピンク、淡い紫、私の持ち合わせている言葉では表現できないさまざまな色の薔薇の花のお出迎え。

 

 

 

 

 

 

一輪一輪、一本一本、ゆっくりと見ていきます。芳醇で優雅なバラの香りを感じつつ、時間を忘れ。

 

よく言われているバラの花を見ると精神的な幸福に良い影響を与えるからか、それはもう心も身体もめいいっぱいリラックスできました。

帰り道、数時間お散歩をして少し日焼けをしたことに気がついた。そんな五月晴れの一日でした。

ペストマスク

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
片倉でございます。

徐々に夏が近づくからか日傘が必要となるような日が増えてまいりましたがご無事ですか?
熱中症など外の世界は危険が沢山ございますので何かございましたら何時でもお申し付けくださいませ。

さて…流行病が収まり始めマスク姿の方々もチラホラと減って参りましたが、流行病の歴史の中で生まれた ペストマスク というマスクをご存知ですか?
昨今ではハロウィンなどで見かける革製の鳥のクチバシのような見た目が特徴のマスクでございます。

様々な説がございますが当時の医学では瘴気論というものがありました。説明すると非常に長くなりますのでシンプルにしますと、
瘴気、つまり悪い空気を取り込むから病になるというものでございます。

そのような中で悪い空気を吸わないために開発されたのがこの ペストマスク クチバシのような部分にハーブ類を詰めていい香りを漂わせ瘴気から身を守ろうとしたという経緯はあるのですが今の時代では全く考えられませんね…

ペストの脅威が去り、現代ではその特徴的な見た目や不気味さに惹かれた者たちがオシャレや芸の衣装として取り入れているようでございますが一時私も作り方など調べて制作してございました。

まだだいぶお早いですがハロウィンの衣装等ご興味ございましたら何時でもお好みのマスクのご用意を致しますので私にお嬢様のお好みを教えてくださいませ。