冬に備え その2

年末の目前に控え、ますます冬らしい装いとなって参りましたが、お嬢様は健やかにお過ごしでございますでしょうか?

 

巷ではまた、コロナウィルスの猛威が迫っておりますが、それと合わせてインフルエンザの季節でもございます、

ぜひ予防接種がまだのお嬢様はご自身の健康を守るためにもぜひ、ご無理の無い範囲で受けてくださいませ。

 

さて、先月の日誌でもご紹介させていただきましたが、今年は冬に備え、新たなアウターを準備いたしました。

手頃に手に入るものも多くございましたので、秋冬用の少し薄手のものと、冬本番に備え、暖かそうなダウンジャケットの2つを購入して参りました。

 

使用してみたところ、着心地もとても良く、薄手のものでも場合によっては暑いくらいでございます。

さすがは機能性を重視したメーカーの現場御用達の性能といったところでございましょうか。

 

薄手のものでこれだけ暖かいと言う事は、もう一つのダウンジャケットは、一体どれほどの保温能力を備えているんでしょうか?

それこそ中には、タンクトップ1枚というスタイルも現実味を帯びてきそうでございます。

 

と申しますのも、先日いとまをいただいた際に少し寒い地域へ赴いたのですが、

いつもなら寒さで辟易としそうなものが、全くもって寒くはなくむしろ暑く感じるくらいでございました。

タウンユースでの仕様を考えますと、いささかオーバースペックであったのでは?と不安が頭をよぎった次第でございます。

 

とはいえ、雪が降るような寒さはこれから訪れます。

杞憂に終わり大いに役に立ってくれることに期待することと致しましょう。

 

今回私が調達して参りました働く男たち御用達のショップでございますが、

近年は女性服も多く取り扱っているようです。

オシャレかつ高機能なレインウェアなども一時期大変話題となったのは記憶に新しいですが、

気軽にお出かけする際にはおすすめかもしれませんね。

 

それでは。

半年

お嬢様、お坊ちゃま、
ご機嫌麗しゅうございます。
小瀧でございます。

日に日に日も短くなり、寒さが増して参りましたがいかがお過ごしでしょうか。

やはり時が経つのは早いもので、11月末で私がティーサロンでの給仕を初めてから半年が経ちました。
ティーサロンでの給仕に、ドアマンとしての執務、ぼちぼちカボチョコムース、ハロウィンフェアでは学生服を着ました。さらにはケーキサロン、ティーアドバイザーの研修、カクテル「ブラムストーカー」、ゆずレモンアイス、クリスマスフェア。

この半年間、ここに書出したこと以外にも多くの出来事がございました。と半年前の私に伝えても信じてはくれないでしょうね。私がここにあるのも共に仕える使用人の仲間たち、大旦那様、そしてお嬢様、お坊ちゃまあってこそでございます。

まだまだ未熟な点も多くあるかと存じますが、焦らず少しずつ改善して参ります。
急いては事を仕損じる、急がば回れでございますからね。

お嬢様、お坊ちゃま、乾燥する季節でございますから、喉をお痛めになられませぬよう気をつけてお過ごしくださいませ。またお屋敷でお会い出来る日をお待ちしております。

しないのもいい

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

日々お忙しくお過ごしでしょうか?
年末に向けて世間も慌ただしくなってまいります。
流されるままにおりますと、
あっという間に年が明けてしまいますね。
そんな時、一度立ち止まってみるのもお勧めです。

常に何かをし続けるというのが、
今は難しいことではありません。
選択肢が多いのは素晴らしいこと。
それだけ豊かな生活があるとも言えます。
だからこそたまには、
選択としての「しない」をしてみてもよいのでは。

走り続けていると見えないものもあります。
足下や目先のことも大事ですが、
遠い空に目をやってみるのもよろしゅうございますよ。

無理をせずに、ゆるりと。
それでいて悔いのない年末にいたしましょう。

……そう、自分にも言い聞かせております。
言うは易し、やるは難し。

皆様もどうか楽しくお過ごしくださいませ。

イッツ・マイ・ターン

いかがお過ごしでございますか。桐島でございます。

先日のカクテルご帰宅頂きありがとうございました。

なんとなく古谷に「ゴリラ!」って言ったらまさかちゃんと形にしてくれるとは、、本当にカクテルだけは彼には頭が上がりません。

近くに花染がいたのでなんとなく古谷の印象を聞いてみました。「凄く面倒見がよく尊敬してます!」といっておりました。

本当かな?

まぁさておき皆様は今回のカクテルいかがでございましたか、是非とも感想をお聞かせくださいませ。

晩秋の肉料理

お嬢様、お坊ちゃま。

ご機嫌麗しゅうございます。及川でございます。

 

お肉と言えばお嬢様は一番最初に何肉を思い浮かべるでしょうか?

牛肉、豚肉、鶏肉この辺りがスタンダードだとは思うのですが先日、私は15㎝程の鴨肉のブロックを入手しておりました。

私は鴨肉というと鴨そばに入っている程度の量しか食べた事がなく機会があればある程度まとまった量を一度、食べてみたいと密かに思っていたところ今回、機会があり鴨肉を入手いたしました。

しかし、私は鴨肉を鴨そば以外で見た事がなくまた、それ以外の調理法も知らない為、色々と調べて鴨そばと鴨肉のソテーを完成させる事が出来ました。

調理中の印象としては本当に油が多く食べてる時に少し不安も覚えましたが、実際に食べてみると鴨の油の甘さが口に広がりとても美味しかったのを覚えております!!

また機会があれば鴨肉で何か作ってみようかと思いました。

シャンパンシーズン

11月に入り特に朝になりますとなかなかお布団から出られない季節になりました。

毎朝寒さと勝負しながらも着実に勝利を収め執務に当たっている加藤でございます。

お嬢様は朝の寒さに負けず過ごしていらっしゃいますか?

さて加藤はと申しますと今月行われました能見、的場による山梨ヌーヴォ解禁配信に触発されまして、
先日お酒の勉強のためにワインの飲み比べに行って参りました。

冬の季節を迎える11月は世界中で様々な新酒が解禁される月でもございます。

この機会にせめて品種による味の違いくらいは知っておきたいと思いまして
一つのブドウ品種しか使われていない単一ワインを様々いただきましたが新しい発見が多くございました。

特に土の香りがすると聞いたピノ・ノワールの赤ワインに関しては土の香り以外に例えようがないほどまさに土の香りでございました。

土の香りとは申しましても
葡萄畑に朝霧がかかった土を想起させるような香りだったり
乾いた畑の土の香りなど
土の香りだと一概に言えないような繊細な香りがそれぞれのワインにございました。

同じブドウ品種でも生産地や生産者などの違いによって全く別の顔を見せるワイン
非常に奥の深い飲み物ですね。

12月に入るとスパークリングワインが似合う季節になるなぁ、せっかくだから…
なんて言い訳を考えながら
自室に戻る帰り道につい奮発してシャンパン、
ランソン・ブラン・ド・ブランを手に入れました。

クリスマス辺りにでも開けて飲む予定でございます。

クリスマスまで我慢できますでしょうか
寒さには勝てるのですが…

11月!ゾロ目でございます!令和になりましたから、私は7年後が楽しみで仕方がありません。

ご機嫌麗しゅうございます。
雛森でございます。

今月はなんと!!
ビーフシチューオムライス「キングリア」が、復活いたしました。
じっくり煮込んでやわらかくなった牛ほほ肉をお楽しみいただけます。

先日シェフが、「キングリアの復活を喜んでくださるお嬢様方が予想以上に多かった」と、嬉しそうにお話してくださいました。
まだ召し上がったことのない方は、ぜひ召し上がってみてくださいませ。
私のキングリアのおすすめポイントは、ビーフシチューの中央、皿の底に隠されたマッシュポテトでございます。

今月からのお品として、ギフトショップでは、雛森考案のカヌレもご用意してございます。
黒蜜きなこ味でございます。こっくりあまーいですから、ご一緒にホットのストレートティーがよく合います。ブラックドラゴンはもちろん美味しゅうございますが、和菓子風味に合わせて、静岡県産の煎茶をブレンドしたツイルフォードもおすすめでございますよ。

話は変わりますが、前回の謎解きについてでございます。
なかなか力を入れて作ったためか、未だ正解報告はいただけてございません。ふふふ。
ですが、頑張って解こうとチャレンジしてくださるお声が予想以上に多く、私はとっても嬉しゅうございます。

せっかく最高難易度を目指して作った謎でございますから、すぐ答え合わせではなく、
しばらくはヒント公開で留めさせていただきます。

ヒント1は、既に多くの方にお気付きいただいたポイントですが、
暗号の数字3列のうち、下2つを足すと1になる。
というものです。
こちらは、もちろん意味がありまして、
実は、謎解きの中で、あるものを、こちら2つの比率に分ける手順があるのです。
そして今回は特別にもう1つ、
ヒント2は、1番上の数字は変換する必要がある。
というもの。よく見ていただくと、1番上の数字は0~6のみが使われております。
普段一般的に使う数字は、0~9でございますね。。。

それでは、お嬢様、お坊ちゃま、
お身体には充分にお気をつけくださいませ。