じめじめと。

じめじめと。しております。
お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

近頃は、曇天の合い間から、
天の子が覗くのを、心待ちにしております。
ただ、恥ずかしがりなのか、
出不精なのかは存じませんが、
とんと姿を見せません。

背を伸ばす、朝顔の如く、
光を求めてうんと背を伸ばすものの、
顔を打つのは、雨粒ばかり。
いっそ、ブタでも降れば面白い
と思うのですが、中々そうもいきません。

とはいえ、悪いことばかりではなく。
雨が降れば、
少しばかり涼しさを感じますし、
しとしとと、屋根打つ雨音も、
風情があるような気も致します。
庭に、耳をすませば、ゲロゲロと、
歌声が聞こえてくることもございます。

カエルでございますよ。
ひんやり冷たい身体なのですが、
お嬢様、お坊ちゃま方には、
少々刺激が、強うございますかね?
五月蝿いような、心地よい様な、
無骨な奴らでございますが、
ゲコゲコという、リズムを聞くと、
不思議と楽しくなってまいりますね。

そのような、
自然の音楽に、耳を傾けながら、
活字に浸るというのも、良いものですよ。
現実と非現実の境界線が、
曖昧になっていく中で、
うつろうままに時を過ごすのも、また一興です。

さて。
強かに、自己主張を続けるあやつらに、
敬意を評して、カエルにちなんだお話を、一つご紹介いたしましょう。
(ここまで前フリでございました......)

【「かえるくん、東京を救う」作:村上春樹
(短編集「神の子どもたちはみな踊る」に収録)】



あらすじを長々と説明するのも
無粋ですので、
簡単にご説明しますと、
主人公が、ある日うちに帰ると、
自宅に巨大な蛙がおります。
そいつは、自分のことを
「かえるくんと呼んでくれ」と言う。

私、春樹フリークという訳でもないのですが、氏の作品の何本かは拝読しておりまして、
どちらかと言うとこの作品は、
「世界の終わりとハードボイルドとワンダーランド」などに、近い印象を受けました。

冒頭から中々シュールではありますが、
そんなかえるくんが言うことには、
みみずくんと呼ばれるものがおり、
そいつが東京に地震をおこして、
壊滅させようとしている。
なので、みみずくんを倒して、
東京を救うのだと。

純文学というのは、得てして、
理解が追いつかないものでございます。
(あくまで、私のイメージですが)
ですが、その分からないものを、
分からないものとして、受け入れ、
世界を俯瞰してみると、
あれよあれよという間に、
作者の持つ何某かに、
飲み込まれてしまうこともしばしば。

「私の思う、私の世界の、私の答えはこうなんだ」

というエネルギーが垣間見える瞬間を、
是非楽しんで頂ければ、嬉しゅうございます。

かえるくんは、終始ユーモラスで、可愛らしゅうございますし、
作品としては、さらっとお読み頂けます。
氏の文体も、読み進めて頂くと、愉快で、語感の良さが、癖になる部分が。
更に、もう一度申しますと、かえるくんは大変可愛らしゅうございます。
オススメでございます。
是非ご一読下さいませ。

と読みふけっておりましたら、
いつしか雨音も落ち着いてまいりまして、
夜の静けさが、響いております。
長々とお付き合い頂き、恐縮でございます。
ご感想などは、またティーサロンで、
お聞かせくださいましたら、嬉しゅうございます。

ささ、明日もお出かけも早うございますから、
そろそろ、お休み下さいませ。
楽しい夢をご覧になれますよう、お祈りしております。
願わくば、その夢よりも楽しい明日でありますように。

私はもう少々、
文章の波間にたゆたうことに致します。
夏至も過ぎて、
日の出も早うございますので、
出迎えぬようお気をつけて。

才木
Filed under: 才木 — 16:00

歩く男

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
隈川でございます。

お嬢様は芸術品はお好きでしょうか。
私は趣味程度にではございますが芸術品の展示会に足を運ぶことを好んでおります。

忙しさに翻弄され、最近ではなかなか機会を作れておりませんでしたが、今気になっている展示会がございます。

ジャコメッティ展。
スイス出身のフランス彫刻家、アルベルトジャコメッティの展示でございます。

学生時代、友人にジャコメッティの彫刻『歩く男』の写真を見せてもらったときのインパクトを鮮明に覚えております。

余計なものを削ぎ落とし、物事の本質を探す。これは簡単なように聞こえますが通常できることではございません。これは是非実物を拝観したいと以前より思っておりました。



お嬢様、もし宜しけれはジャコメッティ展、ご一緒にいかがでしょうか。



え?
歩く男(フットマン)なら毎日見てる…なるほど、確かに仰る通りで。


隈川
Filed under: 隈川 — 13:00

真夏

夏の日差しがどんどんと強くなり、気温も高くなってまいりました。
お嬢様、お坊ちゃま、奥様、旦那様お健やかに過ごせてございますでしょうか?

私は夏の暑さと日差しにやられてしまいそうな平山でございます…
お身体の具合にお気をつけくださいませ。


夏も本番って感じでございますね。
夏は暑くて日差しも強いのであまり好みではありませんが、脳内に何やらイメージが浮かんできます。

涼やかな風が吹き抜け木々のざわめきが聴こえる、上を見るとキラキラ散りばめられた自然の宝石

太陽が海に反射して輝いてるのも綺麗でございますね。


自分自身が幸せな気持ちでいると何事も良く見えるものでございます、
ティーサロンに立ち寄っていただけるだけで嬉しゅうございますので元気な姿をお待ちしております。


今年の夏はすごく暑そうですので、夏バテ・熱中症などお身体お気をつけくださいませ。



平山
Filed under: 平山 — 14:30

胡桃沢でございます

お嬢様
ご機嫌麗しゅうございます。


胡桃沢でございます。



私もお屋敷で
給仕するようになって
7ヶ月経とうとしております。




時間が過ぎるのは
本当に早うございますね。





いつの間にか
後輩使用人も沢山でございまして
身が引き締まる思いでございます。





これから
どんどん暑くなってまいりますし
少しお疲れになりましたら
ティーサロンにお立ち寄り下さいませね。




アイスティーを
ご用意してお待ちしておりますよ。



お嬢様が
ご要望でしたら
私の映画論をお話致しましょう。




寝る間も惜しんで
毎週2本ほど観ておりますので
少しは詳しゅうございますよ。






お帰りを
心よりお待ちしております。
日傘とお帽子を
忘れずに。でございますよ。ふふ


Filed under: 胡桃沢 — 10:00

The Horizon

梅雨も終焉を迎え、夏へとアクセルを踏む季節になりました。
近頃めんそーれな気持ちを味わいたくなる能見でございます。
お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

私が毎年心待ちにしております夏が、今年もやって参りました。
この季節だけは、幼少の頃と変わらぬ感情の波が押し寄せます。
普段とは違う、別世界に迷い込んだようなワクワクする気持ち。
ふとした瞬間に消え行ってしまいそうになる、憂わしい気持ち。

全ての感情を合算して、夏は私に沢山の情緒を運んでくれます。
日本の四季折々の魅力をよくご存知のお嬢様はこう仰るでしょう。
「夏は暑いし、むしむしするし、日焼けもするし、普通に嫌。」
私、想像するだけでとても悲しい気持ちになってしまいました…。

夏のレクリエーションといえば、やはりバカンスが欠かせません。
トロピカルフルーツを存分に使ったカクテルのグラスを傾けながら
水平線に沈みゆく黄昏時の夕陽を、飽きるまでずっと見ていたい。
素敵な夏の思い出を彩る、まるで映画の1シーンでございますね。

さて、お嬢様。ずっとずっと遠くにありそうな水平線の向こう側。
水平線までの距離は、どのくらいかご存知でいらっしゃいますか?
この算計問題を、私からお嬢様への夏休みの宿題と致しましょう。
水平線までの歩き方、この夏にお勉強するのも素敵だと思います。

【 地球の半径は6371 km 】
【 クロトンの哲学者 】

以上の言葉を参考にしていただけますと、よろしいかも知れません。
ちょっぴり大人な至高の、そして思考の夏をお過ごしくださいませ。

能見
Filed under: 能見 — 11:00

ストレッチ

影山でございます。


執事日誌を見てますと


気になる内容のものがございました。




ベターっと開脚出来るストレッチの日誌

タオルを使ったストレッチ方法の日誌


どちらも4週間位で180度開脚出来る様になるそうですね。







んん




言えない







わたくしが既にそのストレッチを

毎日行い既に2ヵ月以上経っていることを!


そしてその結果を‼





………




いや


きっとわたくしの身体は特殊でうまくいかなかっただけでありましょう




それはそれで切ないですが

Filed under: 影山 — 10:00

佐々木でございます

夏!!

の前に、梅雨でございます。

あいにくの天気が続いてございますね…

足元が悪くなってございますので…

お嬢様。お坊っちゃま。

お出掛け、ご帰宅の際は、足元には、お気をつけくださいませ。

と思っておりましたら、明けました!!

夏は

花火!!バーベキュー‼︎海!!キャンプ!!ビアガーデン!!
様々なeventが、ございますね〜〜

お楽しみくださいませ。

佐々木でございました。
Filed under: 佐々木 — 20:50

日誌

さて。先日お話したビオディナミでございますが覚えてらっしゃいますか?

表面的に単語だけおってしまうとややオカルト的な印象すら受けてしまう農法なのですが

有名な生産者でも実は取り入れているというところが多くございますし、完全にビオディナミでなくてもそれに近しいレベルのものまで含めたらその数はさらに増えます。


理論ではなく実際にそれでおいしいワインが作れているということは疑う余地などないのですがやはりどこかで疑念もございました。



そんな中テレビで人間国宝の染色家のドキュメントを放送しておりまして、その内容をみてこの件が一気に納得できました。


伝統的な昔ながらのやり方でさまざまな素材、織りの生地を染色するのですが、その中で「藍」の色を染める際に「月齢をみて染色する」とおっしゃってました。


「気、エネルギーが集まるようなイメージを持てる」
という言葉もありましたし本当に大事なのはそういったイメージをもって仕事に臨むことだと思うのですが、それと共に説明された

月齢にそって作業を進めると同じ時間で作業が進められるという部分を聞いたときに即ビオディナミの話とつながりました。

人間が何百年も経験則で作り上げてきたものを人間が科学で説明しているに過ぎないということなのでしょう。


こういったことが増えてくるとまたワインの味わい方も変わってくるかもしれませんね。
Filed under: 大河内 — 19:30

いいわけ

お嬢様方、いかがお過ごしでしょうか。
伊織でございます。

真夏に鍋を食べる、なんて我慢くらべはお薦めいたしませんが、熱い紅茶を召し上がることは大いにお薦めいたします。

(more...)
Filed under: 伊織 — 12:00

暑さを避けて、劇場へ

司馬でございます。
皆様、お健やかでいらっしゃいますか?


まるで、熱帯の密林の中にいるかのような、じめじめした毎日が続いております。
梅雨明けも間近かと存じますが、それまでは、どうぞ庭園の紫陽花などを眺められて、不快な天気をおしのぎくださいませ。


先日のことでございますが、遅ればせながら実写版の「美女と野獣」を鑑賞してまいりました。
結果から申し上げると、たいへん満足する出来栄えでございました。

アニメーションも傑作でございましたが、どうしてもお子様向けの漫画めいた描写もあり、また、脚本上で、二、三箇所ほど首をかしげるような所も、正直申し上げるとございました。

今回の実写版は、そのようなところが実にうまく修正されていて、胸のつかえがとれるような想いすら感じました。

出演陣の歌唱力、演技力も素晴らしく、また楽曲の見事さは言うまでもございません。
新しく加えられた野獣のソロも、作品の良さを損ねることなく、むしろオリジナル曲に勝るとも劣らない、心に残る名歌でございます。

アニメ版を未見な方も、お好きな方も、きっとお気に召す作品でございます。

大人気作品ですので、まだしばらくは劇場で公開されていることでございましょう。
暑さしのぎにぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか。


今月は、大好きな映画、「カーズ」の続編も公開されます。
予告編では、驚きの展開が登場しておりました。
そんな点も含めまして、とても楽しみでございます。


暑さもきびしくなりますが、どうぞご無理をなさいませんよう。
お嬢さまなりの避暑法を見つけてくださいませ。


では、今回はこの辺りで失礼いたします。
Filed under: 司馬 — 12:00