2021年になりました。

お嬢様、お坊ちゃま
あけましておめでとうございます。
2021年も良い年になればと存じます。

新年早々からギフトショップではみかんのシュークリームご用意させて頂きました。
みかんの爽やかさとクリームの甘さがマッチして美味しゅうございますので是非お召上がりくださいませ。

そしてティーサロンの方では王道のいちごショートケーキご用意してございます。
こちらは生クリームたっぷりなフワフワなケーキでございます。
数に限りがあるのが残念でございますがぜひ召し上がっていただきとう存じます。

本年もよろしくお願いいたします。

平山
Filed under: 平山 — 22:00

メッセージカードのご依頼に関しまして

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様、お坊ちゃま。
執事喫茶スワロウテイルの諏訪野でございます。



当家フットマン、高垣へのメッセージカードのご依頼は1月20日20時迄とさせていただきます。

尚、本人からの手渡しが叶わぬ場合もございます。
誠に恐縮ではございますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。



諏訪野
Filed under: 諏訪野 — 22:05

大事なご連絡

お嬢様、突然で申し訳ござませんがお暇を頂きたく存じます…


いつのものようにクアッカワラビーやジュレヌクと言った世界各国の愛らしい小動物たちと戯れる最中、突如南米に住まう知人から応援の要請を受けたのです。


チュパカブラが見つかった と。


日頃、旦那様とお嬢様から賜る恩寵は、なかなか返せるものではないと考えておりましたが誰も飼育していない未知の生物を捕獲し、当家のコレクションのひとつとすることができれば、あるいは
…と考えカルロスの要請に応えることに致しました。


伝承通りであれば、他の動物に害をなす可能性があるので、私が留守の間に大きめの飼育施設を設けて頂けると幸いにございます。


ではまた吉報をお楽しみにお待ちくださいませ。
Filed under: 高垣 — 22:00

Let me express the greetings of the season.

お嬢様、お坊ちゃま。

ご機嫌麗しゅうございます

月城でございます。


新年を迎えていかがお過ごしでしょうか。

寒さ厳しいこの頃でございますが、体調は崩しておりませんか?

お嬢様は我慢してしまうところがあるから、いつも心配です。


何かございましたら無理せずに仰ってくださいませ。


そして心が穏やかになれない時は日向にシークレットガーデンを淹れるようお願いして、私がお持ちいたします。

そのあとは眠れるまで月城がずっとお傍におりますね。


今年もお嬢様が様々な思い出を作り、そのお話を伺えるのを楽しみにしております。


願わくば、その思い出に月城も加えていただければ嬉しゅうございます。


お嬢様、お坊ちゃまにとって素敵な年になりますように!


月城
Filed under: 月城 — 22:00

2021

影山でございます。
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、2021年の抱負でございますが、


今年は

『負けること』

でございます。


言葉だけで捉えますと伝わりづらいのですが、
人は誰でも基本負けたくはないものでございますから、年齢を重ねる程その想いゆえにチャレンジしない事も生まれてきます。

そうならない様にチャレンジしつつ、負けてもそれを受けとめる技量と器を磨き続けていきたいものでございます。

影山
Filed under: 影山 — 22:00

睦月

初春とはいえ厳しい寒さが続いております。

お嬢様いかがお過ごしでしょう、乾でございます。



遅くなりましたが新年のご挨拶をさせていただきます。



あけましておめでとうございます。

幸多き年でありますようお祈り申し上げます。



さて、年末のカウントダウンの配信はお楽しみいただけましたでしょうか



今回はお嬢様方に「四季春」を平山と共にご用意させていただきました。

失礼、ビヴァルディの四季より春を平山のダンスと私の演奏でお届けいたしました。



お楽しみ頂けましたでしょうか.



平山のダンスと共に演奏するのはとても楽しゅうございましたので我々の楽し

気な雰囲気が伝われば良いなと思っております。



そこで今年の私のおすすめ茶は「四季春」にする事といたします。

当家の茶「四季春」をご用命の際は平山のダンスを思い浮かべながら味わっていた
だければ幸いでございます。



また、他にもお嬢様に届けたい楽曲がございますので今年はお嬢様方の前で演奏する
機会があればよいですね。





そうそう、久々に折り紙を致しました。

今年の干支の牛でございます。




今年一年の無事を願ってどこかに飾っておくことにしましょう。



では、お屋敷にてお待ちしております。
Filed under: — 22:00

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
1月の清澄な空気に、身も心も洗われる気分でございます。
いかがお過ごしでしょうか。
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 22:00

笑顔の新年

司馬でございます。



皆様、笑顔で新年をお迎えでございますか?


先月も申し上げましたが、当たり前の日常というものの価値に、去年はあらためて気づかされました。
正直に申せば、時には、わずかに気持ちが沈むこともございました。
そんな、うっすらと黒い霧に覆われたような心を救ってくれたのは、お嬢様方と使用人仲間の素晴らしい笑顔でございます。

ただただ、感謝の一言を心から申し上げます。



不慣れながら、司馬もフォトブックやブロマイドでぎこちない笑顔をご披露いたしましたが、わずかながらでもお慰みになりましたでしょうか?

すこしでも、お嬢様方のお心を楽しませ、お気持ちが軽くなられたのならば、とてもうれしゅうございます。


お嬢様方の華やかな表情には、とうてい及びませんが、これからも笑顔だけは絶やさぬよう、今年も司馬は努めていく所存でございます。
スワロウテイルでの御滞在が、お嬢様方にとって貴重な日常となり、いつまでも笑顔と笑顔がつながっていきますように・・・。



では、お早いご帰宅をお待ちいたしております。

Filed under: 司馬 — 22:00

ご機嫌麗しゅうございます。
そしてあけましておめでとうございます。
お嬢様、お坊ちゃま。
名取でございます。


気がつけば新年でございますね。
あっという間の出来事でございました。
そんな事を考えていると色々な事を思い返してしまうもので……と色々な事を考えていたはずなのですが、気がつくとご飯の事を考えてしまうのです。


今回思い返していたのは先日、的場からいただいた、チーズペッパーパウンドなるもの。
パウンドという事で頭の中に甘い物を思い浮かべながらいただいたのですが、これがなんとしょっぱい!

よくよく冷静に考えてみればそれもそのはず、
なにせチーズペッパーでございますからね。
これはお酒のお供だ!と私の直感が告げつつ
舌は生ハムやサラミを求めておりました。

これとともに梅酒などをいただくのはもしや最高なのでは?……とその時思っていた事をついつい思い返してしまい、しかしどこでお話したらよいか
考えたところ、日誌にしたためるのが良いのではないかという結論に至りました。

ついついお酒へと気持ちが傾いてしまいましたが、想いを文章へ整理していくと…………
紅茶であればミルクティーに合わせて召し上がるのも良いのかもしれませんね。
私の好みですとフリグやクッピーでございましょうか。


1つの食べ物でも色々な組合わせがあって、やっぱり食べる事は好きだなと思うとともに奥深さを感じている名取でございました。
Filed under: 名取 — 22:00

個性的な燕達 破

お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございます。

新年あけましておめでとうございます。

いかがお過ごしでございますか?
櫛方でございます。


いよいよ新年を迎える事となりました。
昨年末の大晦日はカウントダウンもございまして、また使用人の新たな一面が見えたのではないかなと感じております。

私自身も初となるカクテルもございまして、少しでも成長出来るよう尽力して参りたいと存じます。



そんな新年のとある日の事ーーー



新年らしい事を各々がするお屋敷にて、
私と桐島さんは何をしようかと思案しておりました。

隣で名取君は謹賀新年ジグソーパズルを黙々と進めています。


桐島「うーん、餅でもつくかあ!」

彼の放った一言は、使用人を庭に駆り立てました。


やはり冬の寒さは厳しいものがある中、悴む手を擦りながら外に出る我々は、

新年をお祝いすべく…急遽餅つきを行うこととなりました。


〜餅つき大会会場〜

桐「私の餅が食べたいか?欲しければくれてやる。つけ!」

櫛「自分でつくのかつかないのかどっちなんですかそれは」


そんな事を言っている間に着々と準備は進んでいきます。
杵を担ぐ者、そして臼を転がす者もいれば、早くもお皿とお箸を装備した隈川さんの姿もあります。

遠くでは書初めをしていたにも関わらず最終的に羽根つきをし始める者もいれば、お皿に砂糖醤油を垂らし始める隈川さんの姿もあります。


「おや、なんだか面白そうな事をしているじゃあありませんか」

その言葉に振り返る私達。


私達「君は…」

そこには「2021」とデザインされたメガネを装備した月城君がそこに居ました。

(それは見えてるのか?)
(無理矢理にも程があるのでは?)
私達に浮かんだ疑問はそっと心の中に閉まっておく事に致しました。


桐「ではここに炊き上がった餅米があるから、後はつくだけ!水つけて捏ねるのは…そうだね、月城君!任せた!」

月「お任せ下さい、実は私、捏ねるのだけは得意なんです」


よく分からない自信を持つ月城君と桐島さん、そして既に眉を八の字にして不安げな名取君を残して、私はつきあがったお餅につけるきな粉や餡子の支度をすべく1人キッチンに。


櫛「とりあえず…お任せして大丈夫ですよね?」

桐「何が?」

櫛「えっ…うーん、まぁ…はい、じゃあ頼みました」


本当に大丈夫だろうか、と確かに少しばかり不安になりながらも美味しいお餅をつくる為ならばと大豆を挽いていたその時でした。


名「櫛方さぁん!大変です!」バタン

櫛「おっ、これはまた急に…。桐島さんの力が強すぎて臼が埋まった?」

名「それはそうなんですけど、いや…とりあえずちょっと来て頂いていいですか!!」

櫛「えっ…埋まったんだ…まぁ…うん」


嫌な予感というのはよく当たるものです。

急足で戻る私と名取君が見たその餅つき会場の光景は非常に難解なものとなっておりました。


ドスドスドスドス
ウオオ


櫛「ストップストップ、どういう状況なんですかこれ」

月「桐島さんのお餅をつくペースが速すぎるが故に捏ねる隙が無くてですね、無力を悟って天を仰いでいました」

櫛「呼吸を合わせて呼吸を」

桐「張り切っちゃってついね!」フー

月「いやぁ、人はこういう時自身の力の無さを感じますよね」

名「お餅じゃなくて屁理屈を捏ねてましたからね」

月「皆さん、今名取が上手い事を言いましたよ」


冬はこんなにも寒いものだったのかと毎年思ってしまいます。


ちゃんと餅つきを進める事を約束し信頼を預けて、私は再度キッチン戻りとりあえずの下拵えを終えました。

ただ、もうすぐ餅つきも終わるんじゃないかな…と確認しに戻った私は、預けた信頼を返して欲しいなと思ってしまいました。

というのも、


フフフフフ…フフフ…

不敵な笑みを浮かべながら睨み合い、互いに拳を握り合う桐島さんと月城くんがそこに居ました。


櫛「えぇ…いや、なんで腕相撲してるんですか…餅をついて餅を」

桐「ちょっと一旦ね、肘をつけてね、力比べをね」

月「肘はつけてもハンデはつけずに真剣に勝負ですよ」

フフ…フフフフフ…

その姿の周りには心なしかオーラのような何かが見えそうな程、二人とも心が燃え上がっているのが分かりました。
まるで固まりそうなお餅が焦げそうな程。


櫛「えっ…いや、餅は?」

名「うーん、よく分かりませんが勝った方に今年幸運がつくんですって」


勝負は一瞬でございました。

ダァン

月「くっ、負けた…ついてないなあ」

桐「ハハハ、君にはその片膝ついて泥をつけた姿がお似合いだよ!」

ハハハハハハハハ!!!!



櫛「泥とか膝とかじゃなくて、お餅をつこうかお餅を!!!」

名「もう固まってますよ、お餅」



結果的に非常に疲れる事となった新年を祝う餅つき大会は、最終的にただの福男を決める腕相撲トーナメントになったのは…
それはまあ、いいでしょう。




ーーーという夢を見ました。

悪夢にでも取り憑かれたのかもしれませんね。


では今年もまた、是非楽しい年に致しましょう。

このような世の中でございますので、

小さな所に幸せを感じて。

出来るだけ笑いながら。

少しでも力になれるよう、

お嬢様の側でお仕えさせて頂ければ。

願いを込めて、

ハッピー、ニューイヤー。
Filed under: 櫛方 — 22:00