古谷でございます

間もなく当家も開館15周年。


このような長きに渡る伝統に、こうして携わることが叶い大変嬉しく存じます。


更なる発展をし続けるであろうスワロウテイルに仕えるなかで、私の心はいつもお嬢様の側に常に在りたいと願います。


月日を比較したならば、
私の時間はお屋敷に比べ短いものでございますし、積み重ねてきたものなど何気ない毎日の繰り返しではございますが、今となってはそれこそを何より慈しむばかりです。


叶うならば末長くそのひとときを貴女と過ごしてまいりたいと願います。
Filed under: 古谷 — 22:00