有望株

憎らしい春がやって参りました。
伊織でございます。





お嬢様方もきっと気になっていらっしゃることでしょう。
紅茶研究部部長のわたくしが、今もっとも紅茶研究部にスカウトしたい使用人――仙場。


元フランス外人部隊に所属していたというだけあって、鍛え上げられた身体から繰り出される漢注ぎ(おとこつぎ)は、あの伽地ですら一目置いているほどでございます。


さっそく紅茶研究部正式部員ではありませんが、4月12日に行われますティーパーティー「春天的賞櫻台湾茶会」でもお茶を淹れてもらおうと考えております。
なにぶん、狙撃手としてならした仙場のこと、人前に姿を現すのが苦手だという点は、お嬢様にもどうかご理解いただくとして、彼の淹れるお茶をお楽しみいただけたらうれしゅうございます。


「春天的賞櫻台湾茶会」


読み方は決してフットマンに尋ねないでください。
もちろんわたくしにご質問いただいても、きっと正確にはお答えできません。
心の中で「春のお花見ティーパーティー2014」と読み替えてくださいませ。


普段のお屋敷ではご用意のない青茶などをご用意する予定でございます。
シェフもちょっと中華よりなお食事をお作りしたいと気合い十分でございます。
参加メンバーは随時お伝えいたしますので、お楽しみお待ちくださいませ。
Filed under: 伊織 — 23:00