最近のえりお君

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
隈川でございます。

窓の外の風の香りも変わり、秋の訪れを感じる今日この頃。

部屋で育てている、エリオカクタス(サボテン)のえりお君。
なかなか変化がないと思っておりましたが、昔の写真と見比べてみましたら気付かないうちに2倍くらいのサイズに育っておりました。

私自身も気づかないうちに変わっていたりするのでしょうか。それが成長であることを願います。


ところで私、えりお君にはときたま話しかけているのですが、そろそろ返事をするようになるかもしれません。

隈川
Filed under: 隈川 — 22:00

映画鑑賞

お嬢様、お坊ちゃま。

ご機嫌麗しゅうございます。

及川でございます。







お嬢様は昔の映画は御覧になられますか?

私は昔の映画が好きで以前はよく自室で鑑賞をしておりました。

そして先日、久しぶりに昔の映画を見ようと思い作品を探していたら偶然にも当時とても好きだった「永久に美しく」っという作品を見つけました。




この作品は簡単に内容をお話しいたしますと・・・

2人の女性が1人の男性を取り合い最終的には2人共不老不死になり男性は自害する。

という内容でございますが、勿論この1文だけでは全てが伝わらない様に書いておりますのでもし気になるお嬢様がおりましたら是非ご自身の目で鑑賞してくださいませ。

もう少し詳しい事をお話しいたしますと、この作品はブラックジョークがかなり効いておりますのでそういった内容が苦手ならばオススメは致しません・・・

私がこの作品と出会ったのは幼少期頃で初めて見た時は衝撃的過ぎてそれ以降、今日にいたるまで1度も不老不死に憧れた事はございません

しかし、フィクションとして見るにはとても面白い作品なので苦手でなければ是非1度ご覧くださいませ!!
Filed under: 及川 — 22:00

See Base

秋に入るも夏の残り香が若干ながら寂しさを届けてくる今日この頃。

そろそろ旬を迎えるヒラスズキのお刺身が楽しみな能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



季節の変わり目はどうしても体調の管理が難しゅうございますね。

夏の疲れがどっと押し寄せるような、そんな日もあるかもしれません。

疲労が溜まりますと、やはり執務の馬力と効率が落ちてしまいます。

そうならないために、もしなってしまったときに、どう対処するか。



執務の間で仮眠を取ることが、私の昼間ルーティンでございます。

一日の後半からの執務パフォーマンスを更に向上させるために、

どうすれば良いものか。その方法をずっと考え続けておりました。

そしてこの度、私なりの個人的な解決法を編み出すに至った訳です。



一つ目はなんと言っても身体が資本。プロテインで馬力アップ。

タンパク質を摂り、体の内側から疲れを取るという方法です。

シンプルながらかなり理にかなっているのではないでしょうか。

桐島や雛森が好みそうな手法でございますね。



二つ目は神経・循環器系へのアプローチ。ホットアイマスク作戦。

神経と血流の巡りをよくすることにより、疲労の抜けを感じました。

疲れは眼から。花や果実の香りがよりリラックスを促してくれます。

脚本を頑張る伊織にぜひプレゼントしたい。そう企んでおります。



三つ目は気持ちで解決。とにかく楽しいことを想起しましょう。

今宵の夕飯とワインはどのようなペアリングにしようかな。

そう考えるだけで、疲れが吹き飛ぶような気がいたしませんか。

特に実りの秋、食欲の秋には大切な思考回路なのかもしれません。



この夏から秋にかける季節の変わり目。

どうかお身体をご自愛いただけますと幸いでございます。



能見
Filed under: 能見 — 22:00

良いものを発見しました。

暑さが去ったと思えば、途端に気温が落ち込み、低い日などは10月中下旬の気温と同等の季節感だそうでございます。
寒すぎるのも考えものですが、ウォーキングなど屋外での運動は随分と行いやすそうですね。

さて、先月お出し致しました梅シロップのソーダ割りでございますが沢山お召し上がり下さいまして誠にありがとうございました。
おかげさまでお作りしておりました分、全てお嬢様のお口にお届けできました。心よりお礼申し上げます。

同時期に仕込んだ梅酒も約3ヶ月が経過しました。色も少し琥珀色に染まり梅の香りも増して参りました。
…ちょっとだけ味見を…
いやいや、今はまだ我慢の時期でございます。
お嬢様にお届けできるまで大切に大切に育てて参ります。


話が変わりますが、先日とあるレシピを教わり『ニラ醤油』なるものを作ってみました。
構成は至って簡単で

料理酒(塩分添加なし)
みりん
醤油
刻んだニラ

以上でございます。
お酒のアルコールはもちろん飛ばし、ひと晩冷蔵庫で寝かせて完成です。

これがまた非常に美味でございまして、
そのままご飯にかけてもよし、さらに胡麻油などを加えて蒸し鶏にかけてもよしの万能ダレでございました。
餃子のタレにも良さそうですね。

涼しくなってくると食が美味しくなって参ります。
ついつい食べすぎずに、楽しみたいと思います。

もしご興味ございましたら、お嬢様もぜひお試しくださいませ。
それでは。
Filed under: 椎名 — 22:00

新しい季節が始まりますね。何事もはじまりが肝心でございます。

くり、さつまいも、柿、などなど、そろそろ秋も近づいて来る頃でございますね。
皆さまは、秋の味覚はお好きでしょうか。栗やさつまいもは、スイーツに使われることも多くございますが、柿を使ったスイーツはあまり耳にしないかと存じます。そこで、少々調べてみましたところ、柿を使ったスイーツですと、「柿プリン」があるようでございます。世の中にはまだまだ知らないスイーツがたくさんでございますね。
ということで、世界にも目を向けてみました。

ロシアには、「ハルヴァ」という物があり、ナッツ等の穀物にバターやはちみつを加えて作られております。糖分をたっぷり含んでいるらしく、紅茶にもよく合うそうでございますから、想像しただけでお腹がなってしまいそうでございます。

飢えに耐えながら、他の国々でもなにか変わったスイーツがないかと調べていたところ、私の目に止まった物は、カナダの「スモア」でございます。カナダのスイーツを調べたきっかけとしては、「メープルに関連した甘くておいしいスイーツがあるのでは!?」と思い立ったからでございましたが、そこで現れたのはスモアでございました。スモアの名前や存在自体は、少々記憶にございましたが、改めて調べてみたところ、焼いたマシュマロとチョコレートをグラハムクラッカーで挟んで食べるのが主流ということでございました。グラハムクラッカーというと、やはりその特徴はグラハム粉でございます。芽や胚芽が含まれている分、食感や味わいが複雑な印象がございますから、マシュマロ、チョコレートと合わせるとどうなるのか、、、
こちらもまた、是非食べてみたいお品でございますね。

うらやましく思えるほどに、おいしそうなスイーツが色々とございますが、日本が誇る和菓子も、負けてはございませんね。
たい焼き、まんじゅう、団子、大福、ユニークな物では、人形焼きに飴細工と、
思いつくものはたくさんございますが、世界的に知られている和菓子というのは、何が1番有名なのでしょうね。疑問は尽きません。
と、長々スイーツについて綴りましたが、「雛森、そんなに甘い物好きなの?」そうお思いになった方もいらっしゃるかと存じます。

論より証拠、先月もご紹介いたしました「バラ香るあま〜いサブレ」こちらを召し上がっていただければきっとご納得いただけるかと存じます。スイーツ万歳でございます。
とはいえ、私がはじめて考案した焼き菓子でしたから、お気に召していただけるか不安もございましたが、今となっては、たくさんのお嬢様方から、「美味しい」「気に入った」というお声をいただけて、大変幸せにございます。スイーツ万歳でございます。
こうしてお褒めの言葉をいただけると、早々に新たなお菓子を考案したくなって参りますね。

茶葉を使ったフィナンシェや、動物の形のクッキー、優しく香るミントでチョコを引き立たせるチョコミントのドーナツなど、斬新でよろしいのでは!?
、、、盗作はいけませんね。
Filed under: 雛森 — 22:00

メッセージカードのご依頼につきまして

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様、お坊ちゃま。
執事喫茶スワロウテイルの諏訪野でございます。



当家フットマン、名取へのメッセージカードのご依頼は9月20日20時迄とさせていただきます。

尚、本人からの手渡しが叶わぬ場合もございます。
誠に恐縮ではございますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。



諏訪野
Filed under: 諏訪野 — 22:10

洗濯愛してる会

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

何を隠そう数多ある家事の中でも洗濯を最も好んでいると言っても過言ではない私です。
洗って、干して、畳むという単純かつ満足度の高い行為に愉悦を覚えるからです。
実際に洗うのは洗濯機と洗剤ではあるのですが、それらの能力を信じて任せるという点も人間関係に似てまた一興。
洗濯が苦手という方も多くいらっしゃるようですが、洗濯板の時代ならまだしも、実際に洗っているのは果たして自分だろうかと思い返してみれば、その億劫さも和らぐのではないでしょうか。

さて、世間では「洗濯愛してる会」などという会も発足しているようで、私も準会員くらいにはさせていただけないだろうかと思っているのですが、その洗濯愛してる会が推している洗濯用洗剤が素晴らしい逸品なのです。
洗剤の成分というよりも、その容器、特に注ぎ口が素晴らしい。
シャンプーやアルコールなどのプッシュボトルと霧吹きの構造を足して改良したような、かつて見たことがない、まさに洗剤革命と言えるワンハンド親指プッシュ式レバー。
ワンプッシュで決まった量が出るため、キャップを開けて計量する手間が省けるというのが素晴らしい。
一度使ってみればこれは凄いと頷ける代物。
この令和の世においてまだこんなシンプルかつ実用的な改良の余地があったのかと、開発陣の発想力に脱帽しました。
皆様ももしご別宅で洗濯の機会などがございましたら、この世紀の大発明、是非ともお試しくださいませ。
Filed under: 吉川 — 22:00

Cool Japan SAKEism からだの中から

ご機嫌麗しゅうございます。
当家きき酒師の香川でございます。


暑さの残る日と、上着が欠かせぬ日と。
お身体には負担のかかりやすい陽気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。


美味しいものが増えてくる季節に、食欲がちょっと…ということのないよう、
日頃の生活習慣はしっかりお整え下さいませね。


時節柄お酒のご用意は致しかねますが、
ノンアルコールの麹甘酒は引き続き種類を変えてご用意してございます。


飲む点滴、飲む美容液とも言われる甘酒。
必須アミノ酸も豊富で、なおかつオーガニックな製法は海外でも注目が高まってございます。


過去に例を見ない危機的な状況下ではございますが、


執事喫茶スワロウテイルという池袋の地にてお嬢様方とともに紡ぐ文化と同じく、


この国に伝わる伝統的なお品も、ティーサロンの歩みとともに守り育てて参りたく存じます。


なんでも、今なさっている食生活は、5年からそれ以降の身体の形成にも関係してくるという説もあるそうでございます。


日頃からお身体に良いものをたくさんお摂り下さいませね。


食欲の秋をご存分にお楽しみ下さいませ。
お早いお帰りをお待ちしております。
Filed under: 香川 — 22:00

子象

お嬢様、いかがお過ごしでしょうか。
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 22:00

ギフトショップ

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

9月3日より今年もギフトショップにて、
ペンギンクッキーをご用意出来ることになりました。
変わらずトマトとチーズを使用した
お酒にも合わせられるクッキーでございます。
沢山並べても可愛いと存じますし、
まさに一石二鳥。自信を持ってお勧め出来るお品です。

またそんなペンギンクッキーと共に(?)、
私もギフトショップのヴァンドゥールとして
皆様にお仕えすることになりました。
ティーサロンでのお務めがなくなる訳ではありませんが、
頂きました新しい役目に対しても
誠心誠意あたって参ります。

ギフトショップでも、ティーサロンでも。
皆様にお会い出来ること楽しみにしております。

才木
Filed under: 才木 — 22:00