加藤ベーカリー開店準備

『ピクニックに最適な場所を探してくれないか』

ご機嫌麗しゅうございます。
加藤でございます。

主にティーサロンで仕える使用人とはいえ
お嬢様がご別宅にお戻りになっている間には
様々な執務があるわけでございますが、
ある日、大旦那様からピクニックに行く場所を探してくれとの御命令を仰せつかりました。

ピクニックに最適な場所…
突然の御命令に少々戸惑ってしまいましたが
大旦那様のご要望であれば全力を尽くして
お応えするのが使用人でございます。

「うーん(夏も近づいていますし少し涼しげなところの方がよろしいでしょうかその上お嬢様も行かれるのであれば虫はあまり好まれないでしょうから虫達が少ないところ…やはり日陰はあったほうがいいですよね川の近くも涼しげで良いのかもしれませんし夏らしいといえば少しピクニックのイメージとは離れますが海辺も一つ案として良さそうですね。あとせっかくのピクニックですからゆっくりとお休みできるよう街の喧騒を離れ少しだけ遠出してみてもいいかもしれません。しかしそうなると徒歩では難しいですからピクニックらしくなくなりそうですし、あれ?そもそもピクニックって歩いて行かないといけないものでしたっけ?ピクニックとは?)」

熟考を重ね苦節数時間。
私なりの答えを出し、
少し遠出をして下見に行って参りました。

思い返せば道中様々な困難がございましたが
それは別の機会に。

着きました。

高原でございます。

 

ちょうどたんぽぽの綿毛が散り
ふわふわと飛んでいる様子が幻想的で
夏の到来を祝福するかのようにも見えました。

人1人おらず、涼しげな心地よい風が吹いており
景色も素晴らしい。
まさにピクニックに最適な場所でございます。

ということで場所も見つかったことですし一件落着。

早速お屋敷に戻り大旦那様にご報告致しましたが…

『ちょうど梅雨入りしたからピクニックはまた今度にしよう』

とのことでした。

私のこれまでの頑張りが水の泡に────

とは思いませんでした。

大旦那様のことですから
もちろん梅雨に近々入ることはご存知だったはずです。
きっとティーサロンに仕えてから
根を詰める私を見かねて気をお遣いになりお暇をくださったのでしょう。
実際の所、街を離れ、道中自然にふれることで
英気を養うことができました。

とはいえ景色も良く素敵な場所ですから
お嬢様、また季節が巡った頃にピクニックはいかがでしょうか。

その際にお召し上がりになりたいサンドウィッチやパン、ケーキ等ございましたらお早めにお申し付けくださいませ。

加藤が小麦からお作り致します。

日誌

お嬢様、お坊ちゃま、
ご機嫌麗しゅうございます。
加藤でございます。

一目惚れ

という言葉を使うには大げさでしょうか。
私がティーサロンでお給仕を始めてからとあるティーカップに目を惹かれました。
ニッコー「アンブロシア」でございます。

一目で分かるなめらかな質感と透光性、白と青の組み合わせに可愛らしい葡萄のデザイン。
そして少しだけ楕円形のソーサー。

私にとってのアンブロシアは例えるのであれば
野球で言えばホームラン
ディナーで言えばメインディッシュ
遊具で言うところのブランコでございます。

分かりやすく気に入ったわけでございますが、実はこのアンブロシア、廃盤品でございます。
自室に用意したいところではございますが古今東西探せどやはり廃盤品ということで中々見つからず……

本当に残念ではございますが当面の間は諦めることにして、代わりに新しいティーカップを手に入れることに致しました。

新しく手に入れたティーカップはノリタケの「アルマンド」でございます。

とはいってもアンブロシアを諦めたわけではございませんからまた次の休暇にでも出かけることに致します。

記念すべきアルマンドでの最初の一杯。
先日偶然お屋敷で居合わせた蓮見から日本の紅茶、和紅茶を頂きましたので、早速淹れまして記念に写真を撮りました。

和紅茶の感想につきましても直接お話しできれば幸いでございます。

ちなみにの話ではございますがお屋敷にいた使用人に「遊具といえばなんでしょうか」と手当たり次第聞いたところ、すべり台、ブランコ、ジャングルジムの3派閥にわかれたことも併せてご報告致します。

蒲公英

昨夜お屋敷での執務を終え自室に戻るまでの小道に

風に飛ばされそうなたんぽぽの綿毛を見つけました。

私もこの綿毛同様この春ギフトショップからティーサロンへ的場から飛ばされただけに親近感が湧いてしま───────

とそろそろ叱られてしまいそうですから冗談はこの辺りにして。

ご挨拶が遅れました。

大旦那様の御下命により、この度ティーサロンにてお給仕させていただくこととなりました。

名前を加藤と申します。

未熟者ではございますが、お嬢様のお側に仕える身として恥じることのないよう精一杯精進して参ります。

それではまたお屋敷で、温かい紅茶とお食事をご用意してお帰りをお待ちしておりますね。