ぎっくり首

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

あれは先月下旬のことでしたか。
ある朝、目が覚めてちょっと寝返りを打つと……。

(ああぁーーーーーーーーっ!?)

声にならない声。
首が取れたのかと思えるほどの激痛と不安感。
身体が…動かせない!?
寝違えなどとはレベルが違います。
恐る恐る動こうとしても、肩口あたりに激痛が走ります。
頭の重さはボーリングの球くらいあるとは聞いていましたが、なるほど確かに重い。
重くて動けない、動かせない。
激痛で首の筋肉が無力化され、頭の重さを支え切れていないような状態です。
そこで手を使って頭を支えながら何とか身体の向きを変え、苦しみながらもスマートフォンをゲット、検索してみます。
この急な痛み、症状の感じ、恐らく「ぎっくり腰」の首バージョンだな……と考えて文字入力してみると、すぐに予測変換が出ました。
「ぎっくり首」、急性頚椎捻挫症 。
あるきっかけで急に起こる症状のようです。
対処法としては「湿布などで冷やして安静にする」とのこと。

湿布か……とりあえず起き上がるしかありませんが、何しろ頭が物理的に重いし、それを支える腕の肩口は痛くて思うように動かせない。
ゴロゴロと転がるように這い出して立ち上がると……あれ?
意外と楽だ。
これなら何とか生活できるかも。
片手で湿布を貼り、とりあえず安静にするかと横になると……痛い!
人間にとって横臥は不自然な姿勢なのだと痛感させられます。
これでは安も静もできません。
では椅子に座っておくかと屈んでみると……これまた痛い!
どうやら立っている姿勢が一番楽なようです。
もし自分に能力が発現したら「首の頸椎を捻挫させる能力」なら相当な強さだな……そんなことを考えながら、しばらくはこの痛みと共存するしかないと観念しました。

3日経ち、首の痛みは100%から70%程度に緩和したものの、今度は寝返りを打てない反動からか、起床時に腰や脚の不調を感じるようになりました。
人間の身体は絶妙なバランスの元に保たれているのですね。

5日ほどでガチガチの肩こりと同程度には回復してきたため、ストレッチを始めてみると、劇的な改善が見られました。
くるっと気軽に振り向けないため、道を歩くときの後方確認が大変ですが、これなら何とか日常生活に戻れそうです。

ぎっくり首の原因として「筋力や体幹の低下」があるようで、免疫力を下げないために筋トレメニューを減らしていたのが命取りとなったようです。
適切な運動、適切なストレッチ、そんなことを改めて考えさせられる日々でした。
Filed under: 吉川 — 22:00