クッピー&クリームでいいんじゃないですか?

この一言がわたくしの紅茶ネームの決め手になりました。

彼はわたくしとは真逆の使用人だと感じておりました。
話す機会もありませんでした。

一緒に紅茶の勉強をするまでは。



コミュニケーションを取れる様になってからは、話す事で知る事も沢山ございました。


彼は本当に頭の回転が良く、

一番感嘆した部分は

『要は◯◯だよね』

と、一言で話の核心をつける所でございます。



彼自身が自分の紅茶の事を

『紅茶とは名ばかりのコーヒーでございます』

と言っていて驚いた事を覚えております。


その味がわたくしは本当に好きでして、
お屋敷の中で一番これを飲んでおりました。




彼は人の上に立つ素質も合わせ持っておりました。
人を惹きつける魅力もございました。


その分の何かがあったのでしょうか。

わたくしは何か力になれたのでしょうか?


力になれなかった事が申し訳なくも感じます。




あまり笑ってはくれませんでしたが、



あなたの笑顔、好きでしたよ。

影山


Filed under: 影山 — 22:00