ムシキング2ndシーズン

桐島でございます。子供の頃皆様はどんな遊びをなさってましたか?私は主に虫取りでございました。
あの頃の私にとって森や草むらはパラダイスでありデンジャラスでありミステリアスな空間でございました。

最初はダンゴムシにはじまり、芋虫やモンシロチョウ、くも、アゲハチョウやカマキリを捕まえた時はすごく嬉しかったものでございます。

一つだけ心残りがございました、オニヤンマが捕まえられなかったのでございます。

トンボなどの飛ぶ虫ははもともと捕まえるのが難しく、だからこそ挑戦しがいがございました、そのなかでもヤンマはとにかく速く、でかく、かっこよかったのでございます。
それでいてお空の王様だけあって希少性が高くほとんど見かけない虫でございました。

突然目の前を横切った時は狂喜乱舞と申しますか狂ったように追いかけ回しました。しかしながら速い速い、しかも直線的に速いのもありますが3次元的に速く四方八方にキビキビ動くヤンマを捕まえるのはほぼ無理でございました。

しかも遊ばれていたんでしょう、普通すぐに逃げるのがトンボですが1時間近く私の猛追に付き合ってくれました。


あの日の疲労感と悔しさは忘れがたいものがございます。




あれから時が経ちました。

あやつと戦った草むらは今は駐車場になってしまいました。

リベンジの機会がないというのはちょっと悲しいものでございます。まぁもう私も大人でございます、今度はこちらから出向いて、挑戦状を叩きつけようかと存じます。


でわでわそのための走り込みに行ってまいります、夏頃に桐島が真っ黒に日焼けしていたらお察し下さいませ。
Filed under: 桐島 — 10:10