宝塚

本日は久し振りに宝塚歌劇のお話でございます。
「バレンシアの熱い花」 宙組公演


大和悠河・陽月華の新主演コンビ、大劇場お披露目公演です。
蘭寿とむ、北翔海莉が役替りとなり、その個性を発揮してくれる楽しい舞台でした。
初演は1976年11月に榛名由梨、瀬戸内美八、順みつき、小松美保が演じました。今から31年前です。
物語は19世紀初頭のスペイン、バレンシアが舞台です。
領主の息子フェルナンドが亡き父の復習を決意して展開される、復習とラブロマンスを多彩に描いた、スケールの大きいミュージカル作品です。
大和悠河がはつらつと格好良い新トップでした。そして陽月華が愛する男を許婚の元に返す複雑な女心を哀愁に満ちた演技で見事に表現していまして泪を誘います。

「宙 FANTASISTA!!」は何度見ても大きな羽をつけて大階段を下りてくるのにはハラハラさせられますが本当に華やかで美しいです。

お嬢様方も再演の機会がございましたら是非ご覧下さいませ。
本日はこれにて失礼させていただきます。

藤堂
Filed under: 藤堂 — 14:30