きのこ

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。室井でございます。

今年もまた食欲の秋がやってまいりましたね。
昨年はかぼちゃについて調べて日誌に認めた記憶がございます。

今年は個人的な興味できのこについて調べてみたいと思います。きのこ、美味しいですよね。舞茸、エリンギ、しめじあたりが私は好きでございます。ポルチーニ茸も美味しゅうございますね。

まずきのこは、古くより「森の恵み」「秋の味覚」として親しまれてきましたが、今では栽培技術の進展・普及にともない、食材として何時でも手に入れることができるようになっております。
また、近年きのこは食材としてだけでなく、生体機能調節効果が大きく取り上げられるようになり、健康食品としても脚光を浴びてきています。
きのこ類の成分は、水分、蛋白質、繊維質、無機質、ビタミン類などから組成されています。美味しい上に健康にも良い。優秀な食材ですね。

日本には、4,000~5,000種類のきのこが存在していると言われていますが、正確な数は分かっていないようです。このうち食用とされているきのこは約100種類、一方、毒きのこは200種類以上が知られていますが、その他の大半のきのこについては、食毒が不明となっているようです。
毎年、秋のきのこ狩りシーズンになると、毒きのこによる中毒が各地で起きています。見分け方については、「縦に裂けるものは食用」「色鮮やかなものは毒」「虫が食べているものは大丈夫」などと言われてきましたが、何ら根拠はありません。野生のきのこについては、食毒を安易に自己判断しないで、きのこアドバイザーや専門機関の判断を仰ぐことが最良の策とのこと。

お屋敷の裏山のきのこたちも軽率に触れては行けないという事ですね。

秋も深まってきてシチューやお鍋など身体を温めてくれるお料理が恋しいこの頃でございますね……

え?ギフトショップでシェフ特製シチューのお取り扱いが始まった?
ハッシュドチキンにはしめじと舞茸が入っている?
的場さん、その話詳しく聞かせてください!

百合野的紅茶の淹れ方その①『抽出時間』

自室で紅茶を淹れる時あまり美味しく淹れられない。
というお声を耳にする時がございます。

伊織が動画で基本的な紅茶の淹れ方をご案内しておりますが、こちらでは百合野個人的な伝え方で紅茶の事をご案内をさせていただこうと思います。

※個人的な見解としての案内でございますので、予めご了承くださいませ。

少し遠回りな案内をさせていただきますが私としては、紅茶の事を知って頂く事で美味しく淹れる事ができるかと思いますのでそちらをご案内させていただきます。

お茶の味は

・茶葉とお湯の量のバランス
・茶葉の鮮度
・お湯の温度
・抽出時間

で決まります。

それでは…
極端な例え話をさせていただきます。

・3分レシピの紅茶を1分で淹れたらどうなるか?

答えは
香りはするものの渋みやコクがほとんどない紅茶が出来上がります。

※補足
逆に…
香りだけ知りたい時はざっと淹れても大丈夫でございます。
あまり強い紅茶が得意でない場合は1分の方が美味しく感じる場合もございます。


・3分レシピの紅茶を5分以上で淹れたらどうなるか?
答えは
紅茶にもよりますが、茶葉が奥底に持っている苦味等、雑味が出てまいります。

※補足
逆に…
茶葉が持つ成分を知るには長時間レシピはありです。(どんなに抽出してもある程度以上味が変わらない茶葉も存在します)
ミルクを入れるとまれに濃いめのミルクティとして秀作が生まれます。


紅茶は
香気→味の深さ(旨味)→苦味やエグ味(雑味)
という順で抽出されます。

この構図を知っていると紅茶を操る事ができるかと存じます。

個人的にはゴールデンルール以外の事も知っておくと色々な状況に対応できるかと思います。

紅茶に関してはついつい長くなってしまいますので

続きはまた次回。

この後の日誌では
・茶葉の鮮度の保ち方
・お湯の温度について
・メーカーのレシピ通りに淹れているけれど美味しく感じない!という場合の対策

等を綴ってまいりたく存じております。

ではまた、ティーサロンでお待ちしております。

Love&peace

ご機嫌麗しゅうございます。山岡でございます。

先日は八幡と共にご用意させて頂きました、「Y&Y」をお手に取って頂きましたお嬢様方、一歩間に合わなかったり、お席のご予約が叶わなかったり、お外の世界が忙しかったり、そんな中でも飲みたいと思し召してくださったお嬢様方、全ての方にありがとうございました。
総じてお嬢様方のお気持ちの上で成り立っている使用人たちからの特別なお品でございます。今回はあまりにお早い時間に尽きてしまいましたので、間に合わなかったお嬢様方を目の前に心苦しい思いも致しました。次回またご用意させて頂く際は、そろそろ本気で大旦那様にもっと沢山ご用意させて頂く事をお許し頂きたく存じますね。

さて今回のY&Yは 実は八幡も知らない山岡なりの葛藤裏話が沢山あるのでございますよ。

まずは今回八幡が私にレシピを任せてくれたので、色んな側面から八幡を感じて頂けるお品を作りたく考えておりました。1番の理想はイチゴ味のモクテルとチョコレート味のモクテル。合わせて飲んでいただくことによってフリグのようなイチゴチョコレートを感じて頂ける一杯?二杯?を作りたく考えておりましたが、私のカクテル知識量ではまだそこまでの域に達せていなかったようでございます。時期も迫っておりましたので途中で断念。

次に八幡は他の使用人によく掲げているキャッチフレーズがあるのでございます。 それが「Love&peace」でございます。 レゲエミュージックが好きな彼らしいキャッチフレーズでございますね。
・・・こんなに八幡の事を勝手に書いて怒られないか少し不安ですが続けましょう。
そんな彼がよく掲げる「Love&peace」から、 私は「カラダにピース」を思い出したのでございます。カルピスを使ったカクテルというものはお外の世界にも存在するようでございますが、そちらをモクテルで表現出来たら面白いなと思ったわけでございます。だがこちらもうまくいかず断念。

他の使用人も納得してくれると思うのですが、 カクテルを考えるよりモクテルを考える方が 万倍難しゅうございますね。

そうして辿り着いたのがあちらの二品でございました。「フリグショコラータ」と 「ストロベリーマルガリータ」 どちらもお味の自信はございましたから、お手に取って頂けましたお嬢様方を 後悔させるような事は無かったかと存じますが、実はこのような紆余曲折の末完成した品だったのでございます。ですので私の中には今野心が満ち溢れております。必ずやリベンジを果たして、カルピスを使った美味しいモクテルも、イチゴのモクテルとチョコレートのモクテルを 足してフリグなモクテルも、どちらも腕を磨いて必ず完成させてみせます。そちらが出来上がりました暁には また八幡と共にご用意させて頂く日となる事を楽しみにお待ち頂けますと光栄です。

今回も本当にありがとうございました。
それではまたお屋敷でお待ちしております。 おやすみなさいませ。

日誌

お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございます。重光でございます。

早くも夏が過ぎ、秋が始まろうとしてございますがいかがお過ごしでしょう。
今年の夏は突然の寒さがやってきたり、かと思えば厳しい暑さが続きやや天候が不安定でございましたが、体調を崩してございませんか?

もう今年の夏は終わりでございますが、数年前までは毎年避暑地に出掛けてございました。
私どうも暑いのは苦手でございまして山に行き涼みながら日を過ごしておりました。
少し探検しているとどうにもレトロな雰囲気の橋が・・・。
日が傾きつつある風景を眺めつつ、これからの紅葉に思いを馳せるのもまた一興でございます。

お嬢様、お坊ちゃまも秋の到来を探してみてくださいませ。
それではまたお屋敷でお待ちしておりますので、元気なお姿をお目にかかる事を祈っております。

「見かけによらず」とかいう内容ほど、他人はどうでもいいかもしれない、寂しい初秋

この頃小出しにしているのです、スポーツ少年だったということを。
つい先日までスポーツの祭典に日本も大盛り上がりでございました!
幼き日の私は、祭典出場をめざしておりましたね。

しかし、今日では、酒好き裏山山小屋引き篭りニーt…おっほん。失礼。
日夜、地下室にて酒類の研究に勤しんでいる使用人。
陽の光とは無縁だと(勝手に私自身は)思っているのですが、それは大人になってからの話なのです!

幼少の頃よりサッカーを9年、バスケットボールと駅伝を並行し3年、登山にウォールクライミングを3年。

……

どうしてこうなってしまったんですかねぇ?

その経験を活かすところと言えば裏山でのキャンプくらいでございましょうか。
登山では、本格的にテント張りから飯盒炊爨、地形図や天気の読み方などを学びましたから、裏山での秋の味覚を使ったキャンプ会には使用人はもちろん、お嬢様方も興味あれば是非いらしてくださいませ!

秋の味覚にお酒が飲めれば美味しいものを準備しておきましょう。

昔昇った山の写真を添えて。

あれ、スポーツの話をしてたつもりなのに。
結局またこの流れですか。
私は今に生きるので精一杯のようでございます笑

ところで私の寝袋持ってったの誰ですか?
そろそろ寒いので出番なのですが。

怒らないからこっそり山小屋に置いておいてくださいね、
できればお酒と一緒に。

羽瀬

黒糖プリンクレープ

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

この度『黒糖プリンクレープ』というお品をギフトショップにてご用意させていただきました。
  

こちらの商品は以前、お屋敷でフットマンスイーツとしてご用意していたプリンぜんざいというスイーツをクレープで再現した一品でございます。

私自身、プリンが好きでいつも食しているのですが、たまに和のスイーツも食べたくなる時があります。

その時に食べるのがクリームぜんざい。

クリームと粒あんを一緒に食べた時の、口の中に広がる至福はプリンにも引けを取りません。

そんな二つのスイーツを合わせたらどんな相乗効果が生まれるのか、パティシエに無理を承知でお願いしてみたのがプリンぜんざいでございました。

そのスイーツのクレープバージョン。

通常のプリンを使うのではなく、黒糖プリンを使うことであんことの相性も良くなり、和洋折衷のマリアージュをお楽しみいただけるかと存じます。

試行錯誤の末に生まれた新しいクレープを、どうぞご賞味くださいませ。

古谷でございます

残暑冷めやらぬといったところでしょうか。

暑い日が続くと思えば急に寒くなりと、体調を崩しやすい時期でもございます。お嬢様もどうかお身体にご自愛なさってお過ごしくださいませ。

もうすこし経ちましたなら私にとって最も過ごしやすく、身体も調子も個人的に一年の中で最も良い秋深い頃合いが訪れます。秋の訪れ。非常に楽しみでございます