朝露

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。隈川でございます。

気がつくと一年も三分の一を過ぎ、暑さの増す中期へと差し掛かっております。
日毎めくるめく気候の変化に体調を崩してはいらっしゃいませんか。どうぞお疲れが溜まっている時には無理をなさらずご自愛下さいませ。

ところでもうじき梅雨も訪れますが、お嬢様は雨の日をどのようにお過ごしですか。

私はだいたい外に出るのが億劫になってしまい、室内で過ごすことが多ございます。

時期としては少し早いですが朝食に素麺なんかをすすりながらお部屋でのんびり。至高の時間でございます。

梅雨に輝く朝露を眺めながら頂く麺つゆの味は爽やかで夏が恋しくなりますね。

よし、今日はお暇を頂いておりますし、このまま何もせずに過ごしましょう。

無理に予定を入れず何もしない日を作るのは難しくも大切なことでございますね。


隈川
Filed under: 隈川 — 18:00

椎名でございます。

先日、冬物のコートをクローゼットにしまいました。
気づけば少し動くだけでも汗ばむようになり、あぁ、いつの間にか夏も視界に届くぐらいに近づいてきたのだと実感いたしました。

お屋敷の厨房に目をやりますと当家のシェフが夏に向けたパスタの開発に腕を振るっており、
また紅茶係の恰好をした使用人たちがお嬢様にお出しするアイスティーの入れ方について意見交換をしている姿が目に留まります。


すっと、深呼吸。


少し広がった視界の中にはいくつもの時間の流れが飛び込んできます。



執事としてティーサロンにつく傍ら、執事歌劇団として活動しておりますが、特にここ数か月は怒涛のスケジュールでございました。
これからもそのリズムは変わることはありませんが、肩の力は入れすぎず、空を眺める程度の余裕は何事にでも必要なのでございましょう。


そういえば、最近猫を探しに街に出ておりません事に気づきました。
温かくなってきたことでございますし、次の余暇の際にはふらりと街に出てみたいと思います。



5月になり、新生活を迎えた方々もひと段落したところでございましょうか。
巷では新生活に戸惑い、なかなか適応できず「五月病」という気の病に悩む人々の事も耳にいたします。
お嬢様は大丈夫でしょうか。

一般では内気で几帳面な性格や、完璧主義の理想の高い方が患いやすい傾向にあると言われております。
しかしながら近年はストレス社会とも言われ精神的疲弊は切っても切り離せないものとなってまいりました。
そういう意味では、この5月のタイミングのみならずいつでも、誰でもなり得ると考えてたほうが良いのでしょう。

この手の病には決定的な対処法や事前対策は極めて困難なのでしょうが、是非肩の力を入れすぎず、趣味などの好きなことに没頭してきてくださいませ。
きっと心身とも良い効果がございます。

ティーサロンでの落ちついた時間。
シェフ自慢のお食事。

そして、適度な運動。

・・・なんだか説教がましくなってまいりましたが、お嬢様の健康を案じてのことでございますのでお許しいただけますと幸いです。

ちなみに、睡眠もお休みの時には極端に長くとりすぎず、平日との差を短くすることで休日特有の倦怠感が軽減できるそうです。


私共使用人はいつでもお嬢様のお傍におります。

何かございましたらば何なりとお申し付けくださいませ。


それでは。
Filed under: 椎名 — 10:30

佐々木でございます

いつの間にか

葉桜の季節となってしまいましたね

佐々木でございます

春の陽射しが

心地よい毎日でございますが

昼と夜の温度差が、はげしゅうございますので

お嬢様、おぼっちゃま

体調を崩されないよう

お気をつけくださいませ。

佐々木
Filed under: 佐々木 — 09:40

猫のおはなし

敬愛せしお嬢様へ。

季節は一足とびに夏の香りを含んで参りましたが、お嬢様におかれましてはご健勝であられましょうか。
当家執事が一員、時任でございます。
今宵は筆漂うままに、お屋敷の隣人のお話をさせて頂こう存じます。

かの者たちは猫にございます。

お屋敷本館の裏手に縄張りを持つ、猫たちの一団。
近隣の住民たちに愛され、ときには食料を、時には寝床を与えられて共存している、いわゆる『街猫』という存在しょうか。

身体の大きな茶虎猫をリーダーとし、錆柄や黒、灰色など数匹で共存する彼らは、暖かな日には近隣の商店の前で我が物顔に日向ぼっこを、雨の日には軒下に寄り添って、肌寒い日には通りがかりの猫好きなお方の膝を拝借してぬくぬくと、猫らしく自由奔放に過ごしているようでございます。


時任めがお屋敷裏手の別館にて『ブルームーン』を催させて頂きました頃は、その界隈を通ることも多うございましたので、彼らも事あるごとに大荷物を抱えて通過していく黒い生き物に興味を示したものか、別館の入り口から様子を伺っていることも良くございました。

その頃はまだ子猫の群れでございましたので、車の事故に遭ったり飢えたりしないよう、私もついつい世話を焼いてしまったものでございます。
・・・おかげで近隣の商店でお買い物をしたときに、よく鶏肉を巻き上げられたものでございます。

鶏肉やお魚を仕入れたときに限って、商店のすぐ前でじっと待っているので。まったくもって、子猫の頃から逞しい子達でございました。


今日ではすっかり大きく育ちましたリーダーの茶虎などは近隣の方々の愛情でふっくらと育ち、縄張りとなっている運送屋さんの手押し車の上でよくお昼寝しております。

数匹見掛けなくなり心配しておりましたが、一番身体の小さかった錆び柄の子は、運送屋さんの室内に居場所を移していたようで、暖かくなりました頃からは茶虎と並んで日向ぼっこに出てくることもあるようです。

灰色はすっかり見なくなっておりましたが、先日僅かに外れた本屋さんの辺りで見かけました。活発な子でしたから、冒険心の赴くままにお引っ越ししたのでしょうか。
この子は一度、私がドアマンを勤めておりました折に当家の階段を降りてきたことがございます。
ご予約はなかったようなのでお引き取頂きましたが、もしかするとあれはお引っ越しの挨拶だったのでしょうか。

彼らには彼らの世界があり、たくましく生きているのだなぁと。

我が膝元にてすっかり野生を忘れて溶けたように眠る駄猫を眺めながら、物思いに耽った次第でございます。
Filed under: 時任 — 21:10

異世界転生

桐島でございます


もし生まれ変わったら、お嬢様はどんな自分になりとうございますか?


そんな事をふと考えてしまいました。


私はと申しますと全く逆の人間になって見とうございます、背は低く、細っそりしてそれで聡明な人間。

下々の世界には仮想の空間で様々な経験をする装置がございます、その中でもう1人の自分を作り皆と冒険をする物もございます。

物は試し、やって見ました。

小さい種族で職業は魔法使いで作ってみました、最初は魔法使いらしく後ろから的確に攻撃をしていましたが、
だんだんとじれったくなり気づいたら前で攻撃しておりました、えぇ・・・死にました・・・えぇ、他の方にこっ酷く怒られました…・・・元の桐島と違いとても柔らかいのでございます・・・。

直そうにもなんだか気づいたら前に出てしまうのでございます。


感じたのが・・・魂と申しましょうか性分と申しましょうか、私は生まれ変わっても私なのかなぁ・・・と。



という事で私はなんとなく考えるのをやめました。

お嬢様方はどんな自分になりたいですか?ぜひぜひ桐島にお聞かせくださいませ。
Filed under: 桐島 — 21:30

きゅうりの魅力について

環でございます。


本日は私が最近はまっている食べ物を紹介いたします。


もうタイトルでお分かりですね。


そう、きゅうりでございます。





昔からそのほとんどが水分で出来ていて栄養素も低いとあまり良い評判を聞かない食べ物でございますが、とんでもございません。



一時期、顔面にパックすれば美容にも良いと囁かれたほど彼は栄養素以外にも様々な魅力を隠し持っているのです。






その中からほんの少しだけ。




先ほどお話しした美容。




きゅうりの約90%は水分でございますが、普通に水を飲むよりも胃や腸に留まり質の良い水分を補給出来ます。



さらにカリウムやケイ素、マンガンなどのミネラルも豊富で新陳代謝やアンチエイジングに適しております。





まぁ、つらつらと話しましたが自身の肌に合う食べ物が一番でございます。


今の私ときゅうりの相性はなかなか良いみたいです。


夏も近づき、暑がりの私にはぴったりの食べ物のように感じます。



お嬢様もご自身にぴったりな食べ物を見つけて見てはいかがでございますか?



もしございましたら教えてくださいませ。



シェフに頼んでその食べ物でフルコースでも作ってもらいましょう。




それでは。
Filed under: — 09:30

星のブランコ~西へ3~

影山でございます。




西へ進みます。

愛知県関ヶ原に辿り着きました。


竹やぶが

不思議と神秘的に見えてきます。

家の立地が妙に縦長なのが気になります。

瞳を閉じると旗が見えてきそうです。



関ヶ原を離れ、更に西へ進みます。




京都~大阪と進み


いよいよわたくしが行きたかった場所へ辿り着きました。





「星のブランコ」  



喧騒とは無縁とも思える場所。人っ子一人いません。

川のせせらぎや小鳥のさえずりと耳鳴りが聞こえそうな位の静けさ。

来てよかったとしみじみ思います。



1時間弱歩いた所で

星のブランコに辿り着きました。



人が誰もいません。


暫し佇みます。



星のブランコという名の釣り橋ですので

もし向かう途中で足元のまな板が割れたりでもしたらどうなるのだろう



いや無粋。進みましょう。




いざ進んでみますと思ったより怖くありません。




星のブランコを半分程進んだ所で

後ろを振り返ってみます。






おや、


後ろから家族連れの方達が来たようです。


何だか嫌な予感がします。



嫌な予感が的中しました。



子どもが後ろから勢いよく走ってきます。


当然揺れます。





あぁ
Filed under: 影山 — 10:00

日誌

大河内でございます。

さて、先月お話したしましたテキサスホールデムでございますが先日AIが人間のプロプレイヤーを打ち負かしたというニュースを目にいたしました

囲碁、将棋、チェス、あらゆる分野で起きている現象ですし、確率をベースにチップを使うテキサスホールデムはよりAI向きなのかもしれませんが今回驚いたのはAIが「ブラフ」を用いたという点でございます。

ブラフとは弱いハンドだったり、役が成立していないにも関わらず、強いプレイを行い相手を降ろすプレイで、人間の特権だと思っていたので特に驚いたのですが……
よく考えてみますと人間であっても、対戦相手のこれまでのプレイの傾向や、どの程度チップを吊り上げればどれだけのリターンがあるかなどをなんとなく計算しながらブラフをしております。そのことを考えますとAIが多くの経験則からそれを行うのは難しいことではないのかもしれません。

悲観的な思考をするならターミネーターのような世界を想像してしまいます
(若いお嬢様方には伝わりづらい比喩でもうしわけございません・・・)
ですが、ことカードゲームにおきましてはコミュニケーションツールという側面のほうが大きゅうございます、科学技術の発展はすばらしゅうございますが、それとは別でこればかりは人間同士で行うからこそ意味もあるというものでございましょう。
心理戦のないポーカーほど味気ないものもございません。
私もロボットには当然及びませんが、ロボットにはできない給仕をしたいものでございます。
Filed under: 大河内 — 18:30