虹色マカロン

このところ、ブルーローズのお留守番やお遣い仕事の多い藤原でございます。
先日もブルーローズでお留守番をしているときの事。棚に並んでいるマカロンの話題に
なりました・・・。

(more...)
Filed under: 藤原 — 15:00

君さらう 色なき風と 終列車

目を傷めるような陽の強さに閉口する毎日でございますが、そんな陽にどことなく赤味が見て取れるようになると、いくらかは涼しい季節へと近づいているのだろうかと
期待せざるをえません。
いかにして暑を避け涼をとるかは、まだまだ当面の課題であるようです。


先日ちらとお話ししたローズヒップのコーディアルもよろしいですが、この季節にお召し上がりいただくならエルダーフラワーの物もおすすめです。あっさりめの紅茶で割っていただくと、また格別でございます。
いかがお過ごしでしょうか、伊織で御座います。

(more...)
Filed under: 伊織 — 08:00

給仕の後…

ここお屋敷に通わせていただいてどれくらいの月日が流れたでしょう。
本日も色々な事を学ばさせていただいております。百合野でございます。

(more...)
Filed under: 百合野 — 19:00

海月と私

有村でございます。
お嬢様、お坊ちゃま、奥様、旦那様は夏バテなどになっていらっしゃいませんでしょうか?

(more...)
Filed under: 有村 — 21:30

行って参りました

椎名でございます。
暑い日が続いておりますが、体調などは崩されておりませんでしょうか?

最近では『ゲリラ豪雨』等と言われています局地的な雨に見舞われる機会が多ございますが、単に日本が熱帯雨林にでもなったのでは?と考えますとなんだか納得をしてしまいます。
(more...)
Filed under: 椎名 — 23:55

太陽に忌まれても

節気すでに立秋をすぎました。
暦は秋だと申しておりますが、信じることがためらわれるような陽気が続いております。
水分の確保が大切なことはわたくしも十分存じておりますが、冷たいものばかり摂って体を冷やされませんように。
ここ数日、自室での水分確保にはローズヒップのコーディアルを贔屓にしている伊織でございます。



残暑という言葉の響きだけをとらえれば、夏の余韻、暑さの名残り、弱まりゆく太陽の光――尻すぼみな暑さを想像させますが、どうも実際の所はこれからが暑さの本番であるようです。
立秋をすぎたつい先日、今夏の最高気温を記録したという知らせが裏付けてくれるようでございます。
そうした知らせを知るほどに、野の花々が世界が白むような陽の下で栄えている姿はまぶしく映り、わたくしはと言えば、日かげに隠れて筆を玩ぶ時間が長くなるのです。


それでも、ふと見上げた窓外に白や紅色のこんぺいとうが宙に舞っているのを見つけたとなれば、この奇妙な光景の所以を確かめようと履物に手を伸ばさざるを得ません。
こんぺいとうが庭に浮いているなんて、遠矢くんの夢でもあるまいし――


もちろん砂糖菓子が宙を舞うはずもなく、近づいて確かめてみますと、こんぺいとうに見えておりましたのは満開の百日紅の花でございました。
強い陽に焼かれてなお白く滑らかな木肌、無邪気さを体現するような小柄で可憐な花弁は、花と知った今でもこんぺいとうを散らしたように可愛らしく見えます。




――案外、百日紅の花は、どんなに酷く暑い夏でも決して溶けることのないこんぺいとう、その物であるのかもしれません。
少しはわたくしも見習いたいものではありますが、しょせん夜蛾は夜蛾。
太陽がわたくしを嫌うのであれば、わたくしから歩み寄ることもないのかもしれません。
さて、日かげに戻ります。
太陽に愛された花を遠目に、相も変わらず筆をなぶって過ごしましょう。
こんぺいとうを相手にやきもちなんて焼けるものですか。
Filed under: 伊織 — 12:22

「お散歩」

七月某日。
某所に集まる二人のフットマン。





辰生『大河内さんお待たせしました!』

大河内『いや、今来たところだから大丈夫だよ。でも、遅刻したからスコーンとダージリン
奢ってね♪』

辰生(鬼だ……この先輩鬼だ……)


(more...)
Filed under: 大河内 — 22:26

Glover

わが敬愛せしお嬢様へ。

番外編ではない日誌をどうしようか思い悩み、日々胃を痛める時任でございます。

本格的な夏の到来と共に、真夏の陽光が輝きを増す日々でございますが、以下がお過ごしでしょうか。

時任は日々、黒焦げにならぬように、物陰を伝うように生きております。



(more...)
Filed under: 時任 — 23:05